UiPathアカデミー

プライバシー規則と利用規約

はじめに

UiPathが手掛けるロボティクス プロセス オートメーションのためのプラットフォーム(「UiPath RPAプラットフォーム、)、ウェブサイト、アプリ、その他製品およびサービス(「サービス」)は、米国デラウェア州を拠点とするUiPath Inc.と、EU加盟国のルーマニアを拠点とするUiPath SRL(「UiPath」)が提供しています。サービスの一部には、コンピュータ、携帯電話、その他デバイスにダウンロード可能なソフトウェアが含まれており、ユーザーはUiPathがこのソフトウェアを自動でアップデートすることに同意するものとします。またサービスの利用にあたり、弊社プライバシーポリシーなどの参考文書を含む本規約(「規約」)を受諾するものとします。サービス内容を不服とする場合は、打開措置としてその使用を直ちに停止するようお願いいたします。

この規約を詳しくお読みになり、ご不明な点はlegal@uipath.comまでお問い合わせください。

UiPathアカデミー

UiPathアカデミーは、UiPathが計画および実施するプログラムで、UiPath RPAプラットフォームに対する理解を深め、使用可能なプロフェッショナルの人員を増やすとともに、導入数全般を向上させることを目的としています。UiPathアカデミーの主な要素は、 UiPath RPAプラットフォームと関連サービス、UiPathが提供するオンライントレーニングプラットフォーム(「UiPathアカデミープラットフォーム」)、およびUiPathアカデミーのユーザーです。

アカウント

サービスに関連するUiPathアカデミーの認定を取得するにはアカウントを作成し、UiPathのトレーニングページ および認定ページ に記載のサービス要件を満たしたうえで認定試験に合格し、トレーニングによっては他の要件にも準拠しなければなりません。有料サービスの場合は別途費用が必要となります。

UiPathアカデミープラットフォームのユーザーは、サービスの登録および利用に必要な一切の取り決めが、規約および適用法に準拠するよう常に留意する必要があります。UiPathは RPAプラットフォームのコースおよびトレーニングに登録しサービスを利用するための、非独占的、譲渡不可、取り消し可能なライセンスを条件付きで提供します。アカウントの作成またはあらゆる機能の使用にあたり、ユーザーはUiPathに正確かつ完全な情報を提示する必要があります。サービスの利用によりサービス内の知的財産権またはアクセス可能なコンテンツの所有権を与えられることはありません。またアカウントへのアクセス権およびアクセス情報を第三者と共有することはできません。(a)アカウントの不正使用やセキュリティ侵害に遭った場合は直ちにUiPathに通知し、(b)各セッション終了時には必ずアカウントからログアウトするようご注意ください。

サービスの適正利用

UiPathはすべてのUiPathアカデミーユーザーが安全かつ快適にサービスを利用できるよう努めています。ユーザーの皆様が提供するコンテンツに関し、UiPathは定期的な検査および監視を行っていないため、下記のガイドラインに従っていただけますようお願いいたします。不適切なコンテンツやアクティビティが報告された場合は、UiPathがこれを削除または編集し、ユーザーによるすべてまたは一部のサービスへのアクセスを一時停止、無効、解除とすることがあります。

サービス利用に際し、以下のような内容のコンテンツは共有できませんのでご注意ください。

  • 違法コンテンツを含む、または違法行為を促進。
  • 他者を攻撃(迷惑メッセージを含む)、脅迫が含まれる、暴力行為の実施を計画。
  • 知的財産、プライバシー、その他権利を侵害。また、権利を有しないコンテンツの共有、自身が作成したものではないコンテンツの所有権要求、他者の知的財産またはその他権利の侵害および悪用を固く禁じます。使用または引用されるコンテンツは、常に著作権者に帰属するものとします。
  • 法律に違反、または契約上の義務を侵害。
  • パスワードの共有、第三者によるアカウントへのアクセス、またはアカウントを危険にさらす
  • 他者のアカウントへのアクセス試行
  • 弊社サービスコンテンツの複製、譲渡、販売、再販売、その他の不正利用
  • 弊社システム内の非公開領域へのアクセス、改ざん、利用
  • 認証またはセキュリティ手段の破壊または回避、システムまたはネットワークの脆弱性をテスト
  • サービスのリバースエンジニアリング
  • ウィルス送信、多重定義、スパム攻撃、メールボム攻撃などによる、他のユーザー、ホスト、ネットワークの妨害、またはマルウェア拡散のためのサービス利用
  • 他の個人または組織への成りすまし、またはその関係性を偽装
  • その他規約違反
  • 上記一覧の行為すべてについて他者に推奨またはそれを支援

コースごとに規則および要件が別途設けられている場合がありますのでご注意ください。

UiPath RPAプラットフォームのトライアル利用につきましては、トライアルに関する一般規約(または代替ウェブサイト)に記載の規約が適用されます。

コンテンツ

サービスでは、フォーラムで送信または投稿したホームワーク、試験、プロジェクト、その他アサインメントなどのコンテンツ(「ユーザー生成コンテンツ」)を、UiPath、インストラクター、他のユーザーと共有することが可能です。ユーザーはUiPathの機密情報または知的財産権を除く、ユーザー生成コンテンツに対する一切の知的財産権を有します。また、ユーザー生成コンテンツの共有または使用に関する責任を負うものとします。投稿されたユーザー情報は一切機密情報とは見なされません。ユーザー生成コンテンツを提供する限りにおいて、ユーザーはUiPathがユーザー生成コンテンツを複製、配布、修正、二次著作物の作成、公的に実行、表示、または使用するための、譲渡可能、著作権使用料無料、無期限、サブライセンス可能、非独占的な国際ライセンスを付与するものとします。UiPathはコンテンツが本規約に違反すると判断した場合を含み、理由の如何に関わらずユーザー生成コンテンツを削除または修正する権利を有します。サービスを通じてユーザーは、インストラクター、他のユーザーまたは第三者、サードパーティーが管理するウェブサイトやリンクから得たコンテンツを使用することができます。UiPathはサービスの範囲内外に関わらず、サードパーティーコンテンツが不適切または不正な情報や、ユーザーのコンピュータ、モバイル機器、保存ファイルなどに損害を与えるマルウェアおよびウィルスを含まないことを保証しません。UiPathはユーザーによるサードパーティーコンテンツの使用に関わる一切の責任または義務を負いません。ユーザーが送信した提案、アイデア、コメント、その他サービスに関するフィードバック(「フィードバック」)は、ユーザーに対する一切の制限や補償なく使用される場合があります。

コース

UiPathアカデミープラットフォームを通じて提供されるコースを含むUiPathのサービスは、 オンラインでアクセス可能です。一部のコースはUiPathによってオンサイトで提供され、コースは無料または有料の場合があります。現在受講可能なUiPath アカデミープログラムのコースは主に、(1)基礎トレーニングモジュール、(2)インストラクターの指導によるロボティクス プロセス オートメーション(RPA)のトレーニングモジュールおよび個別モジュールの2種類で構成されています。またUiPathは、認定資格を伴わないコースも提供しています。認定または非認定のコース詳細については、定期的に規約とFAQを参照ください。

  1. 基礎トレーニングモジュールはオンラインにて受講可能で、自己学習クラスの費用は無料です。一部のコースでは、コースを無事終了するとディプロマが授与されます。
  2. インストラクターの指導によるトレーニングは有料です。登録を希望する場合は所属企業のスポンサーに問い合わせてください(企業は従業員、プリンシパル、代理店または受託業者など、契約形態に応じてサービスを保持します)。
  3. UiPathは公開中の各種トレーニングを対象とする、認定の種類を継続的に拡大しています。認定試験への登録には通常、各種前提条件を伴います。詳細は認定およびFAQのページをご参照ください。

技術的要素の有無など、コースの特性に応じて参加者数に制限がありますので、トレーニングおよびFAQのページにて、コースごとの参加者数の下限または上限をご確認ください。

UiPathはコースのキャンセル、一時停止、日程変更のほか、コース内容および評価点や、アサインメント、クイズ、関連要件の評価メカニズム修正を行う権利を有します。提供されるコースは免責条項、限定的保証、責任制限の項に従うものとします。

支払い方法

有料サービス(インストラクター指導のRPAトレーニングなど)はすべて、特に記載のない限り米ドル建てで支払われます。インストラクターの指導による有料コースの場合は、所属企業のスポンサーが一切の費用および税を、当該サービスの支払い方法に従って、適切な時期に支払う責任を負うものとします。スポンサーが支払い手順を怠った場合は、別の手段にて費用を回収いたします。費用は所属企業の所在地や、コースの賛助組織などの要素によって異なります。UiPathは費用の一切を独自の裁量で変更する権利を有します。いかなる変更、更新、修正も、関連サービスを通した掲示をもって有効とします。

インストラクターの指導によるトレーニングコースの費用はすべて、トレーニングへの登録人数によって適用される、UiPathアカデミーの価格表に従うものとします。認定試験の費用はスポンサーとの商的取り決めに従い、有資格者のユーザーによって支払われます。トレーニングセッション開始予定日の7営業日前までに支払いが確認できない場合、UiPathはインストラクター指導のトレーニングモジュールをキャンセルすることができます。インストラクター指導トレーニングモジュール(オンラインまたはオンサイト)にかかる一切の費用は、請求書の受領から30日以内に支払われるものとします。

払い戻し

有料サービスのコース開始前にスポンサーが登録をキャンセルした場合は、料金の払い戻しを受けることができます。支払いから15日以内であれば、UiPathはスポンサーに対し全額を払い戻します。コース開始後にスポンサーが参加をキャンセルした場合は、未消化分のコース料金を、コース終了15日以内に払い戻します。UiPathによって生じた経費は払い戻しに含まれません。登録に際し特に指定がない限り、コース修了までの期間は購入後3か月とします。本文書に記載、またはサービス申し込み時に明示される場合や、スポンサーとの特別な商的取り決めによるものを除き、UiPathはその他サービスに対する払い戻しまたはクーポン提供の義務を負いません。

守秘義務

スポンサーに開示される商談や技術的情報、また認定試験の詳細は機密情報(「機密情報」)であり、UiPathが所有権を有します。認定試験の詳細には問題および解答、ワークシート、図面、図表、試験時間や区分または問題数、その他の試験およびUiPathアカデミーとサービスに関する一切の内容を含みますが、これに限定されるものではありません。本規約に従いユーザーおよびスポンサーに提供される機密情報は、コースモジュールの履修および当該認定試験の準備にのみ用いてください。機密情報はすべて「現状のまま」の状態で提供され、UiPathはユーザー(またはスポンサー)による機密情報の使用または依拠に対し一切の義務を負いません。ユーザーは機密情報を(i)極秘に取り扱い保護手段を講じるとともに、(ii)トレーニング中またはその後のいかなる時点においても、規約に定めのない目的のために使用せず、(iii)口頭、書面、電子、またはその他の方法を含む、またこれに限定されない一切の方法で開示、公開、複製、第三者に譲渡しないことに同意するものとします。UiPathは極秘情報に含まれるすべての情報、コンテンツ、データに対する一切の権利、権原、利益と、サービスを通してUiPathが提供する一切の著作権、特許権、商標権、その他財産権を保持します。

セキュリティ

UiPathはユーザーアカウントおよび関連情報のセキュリティ保護に努めます。ただしUiPathは、無許可のサードパーティーがUiPathまたはサプライヤーのセキュリティ対策を回避しないことを保証することはできません。アカウントへの不正アクセスや不正使用に遭った場合は、直ちにsecurity@uipath.comまでメールでお知らせください。

システム停止

UiPathまたはサプライヤーは、サービスのメンテナンスまたはその他目的のために、システムの定期的なダウンタイムを計画します。また計画外のシステム停止が発生する場合もあります。ユーザーはUiPathおよびサプライヤーが(a)サービスの利用不能、(b)システム停止による資料、データ、取引、またはその他情報の消失、(c)システム停止によるデータ、取引、またはその他情報の遅延、誤配信、未着、(d)サービスをホスティングする企業やサーバー、インターネットサービスプロバイダー、サードパーティー、インターネット設備およびネットワークを含む、またこれに限定されないサードパーティーによって生じるシステム停止に対する一切の責任を負わないことに同意するものとします。

限定的保証

UiPathおよびその提携先、ライセンサー、サプライヤーも、またその執行役員、取締役、従業員、株主、代理店または代表者(UiPath関係者)も、ユーザー、スポンサー、その他の個人または組織に対して、本規約のサービスに関する明示または黙示の表明および保証を口頭、書面、明示、暗示、法的のいずれにおいても行いません。上記を制限することなく、一切の暗示的保証、条件、商品性や、暗示的保証または目的への適合性、および商取引および商慣習によって生じる暗示的保証については、明確に除外され免責されるものとします。サービスの利用に際し障害および動作の中断が発生しないこと、サービスの障害または不具合が修正されること、またサービス機能がユーザーの要件を満たすことは一切保証されません。

有限責任

UiPath関係者は、ユーザー、スポンサー、その他の個人または組織に対し、本質的な目的が達成できなかった場合を含み、本規約に関連する、またはサービス利用および利用不可、不履行により生じる、間接、特別、偶発的、懲罰的、結果的損害、または営業権の損失について、ユーザーが発生の可能性または見込みについて通知されていたとしても、 その義務が契約、不法行為、過失、厳格責任、製造物責任、その他に基づいているかに関わらず一切の責任を負いません。また適用法で容認される限りにおいて、UiPath関係者はユーザーによる規約順守違反、またはアカウントが不正アクセスを受けたことをUiPathに通知する前に、第三者がパスワードを使用した場合を含む、知識の有無に関わらないアカウント使用で生じる損失または損害について責任を負いません。

補償

ユーザーは、(a)規約違反にあたるサービス利用またはその企て、(b)ユーザーによる法律違反またはサードパーティー権限の侵害、(c)知的財産権またはその他所有権の侵害および悪用を含む、またこれに限定されないユーザー生成コンテンツに関するクレームにより生じる、またはこれに関連する一切の損失、損害、罰金、費用(弁護士費用および経費を含む)について、UiPath関係者を補償、保護し、免責するものとします。

解除

UiPathは下記の通り、UiPathアカデミーが実施するコース、またはユーザーによるUiPathアカデミーへのアクセスを解除、一時停止、修正、削除する権利を有します。

  • ユーザーによる規約違反が生じた場合、UiPathは事前の通達なく速やかに措置を講じることができます。UiPathは本項に従って措置を講じるにあたり、トレーニング(支払い済みのものを含む)およびアカウントに関わるその他UiPathアカデミーの利用について、ユーザーに対し一切の責任を負いません。疑義を回避するために付記すると、ユーザーは購入済みのトレーニングを含む、またこれに限定されないUiPathアカデミーへのアクセス喪失について、いかなる状況においても補償または払い戻しを受けることはできません。
  • UiPathは事前に通達することで、トレーニングまたはユーザーによるUiPathアカデミーへのアクセスを理由なく解除することができます。この場合UiPathは、未消化のトレーニングに対する支払い済みの費用を払い戻します。
  • ユーザーまたはスポンサーは、UiPathアカデミーの利用をいつでも解除することができます。UiPathは適用法が定める期間を超えてユーザーのアカウントデータを保存する義務を負いません。解除に際し、ユーザーは一切のアカウント利用を停止しなければなりません。

譲渡

ユーザーまたはスポンサーは、書面によるUiPathの同意がない限り、本規約に基づき権利や義務を譲渡、委託、または委譲することはできません。

準拠法の選択

ユーザーは法規定に関する対立を除き、本規約に関する紛争がカリフォルニア州法に準拠することに同意するものとします。また紛争の法的管轄であるカリフォルニア州サンタクララ郡の連邦および州裁判所の人的管轄権および専属管轄に同意するものとします。総額が10,000USドル($10,000.00 USD)を下回るサービスに対する差し止めまたは平衡法上の救済請求を除き、ユーザーまたはUiPathはいつでも法的拘束力を持つ当事者不在の仲裁を通じて紛争を解決できます。紛争はその後ユーザーおよびUiPathの双方が同意し定めた裁判外紛争解決手続き(「ADR」)を用いて解決されます。関係者および選ばれたADRプロバイダーは、関係者同士で合意されない限り、関係者または証人の出廷を必要としません。仲裁は救済を求める関係者の選択により、オンライン、電話、または書面の提出のみで実施されます。仲裁人によって言い渡された判断は、管轄権を有する裁判所に登録されます。

提訴期限

サービスまたは規約の利用によって生じる、またはこれに関連する訴訟原因については、発生から1年以内に提訴されなければなりません。この期間を過ぎた訴訟原因に対しては、今後一切の提訴が認められません。

改訂

UiPathは本規約をいつでも修正または解除する権利を有します。規約に関する一切の改訂は、UiPathによる掲示をもって有効とします。規約に重大な変更が加えられる場合は、適切な措置を経てユーザーの皆様に通知いたします。いかなる場合も、変更後にユーザーが継続してサービスを利用すると、通知の有無に関わらず改訂後の規約に同意したものと見なされます。

制限

プラットフォームを通じて利用可能なサービスは随時、米国およびEUの輸出規制に従うものとします。サービスまたはすべてのコンポーネントは、(i)イラク、キューバ、リビア、北朝鮮、イラン、シリア、または米国とEUが通商を禁じている国(およびその居住者)(ii)米財務省特別指定者リスト、または米商務省の取引禁止命令表に掲載されている者へのダウンロードおよび輸出はできません。サービスのダウンロードまたは利用にあたり、ユーザーは上記の国またはリストに属せず、これらの支配も受けず、また国籍や居住権を有しないことを保証する必要があります。サービスは世界的にアクセス可能ですが、サービス上の資料が米国以外での使用、およびコンテンツが違法または禁止されている地域からのアクセスにとって、適切かつ対応可能であることを表明するものではありません。

著作権侵害通知

1998年に制定されたデジタルミレニアム著作権法(「DMCA」)では、インターネット上の素材が自身の権利を侵害すると判断する著作権者は、米国著作権法に基づき償還請求を行うことができます。DMCAの参照を希望する方は、米国著作権局のウェブサイトhttp://www.copyright.gov/legislation/dmca.pdfをご覧ください。

サービス内の資料が自身の著作権を侵害するとお考えの方は、DCMAの定めにより当該資料の削除またはアクセス停止を求める通知を、自身(または代理人)から弊社に送付することができます。通知は以下の情報を含む必要があります。

 

  1. 侵害されたとする占有権の所有者に代わって行動する権限を有する代理人の直筆または電子署名
  2. 侵害されたと主張する著作権物の特定(複数の著作権物が対象となる場合は代表的な一覧)
  3. 侵害する、または侵害行動の原因となる資料を、サービス上で特定するために十分な情報
  4. 異議申立者の氏名、住所、電話番号、メールアドレス(可能であれば)
  5. 異議申立ての対象となる資料の使用方法が、著作権者、その代理人、または法律で権限を与えられていないことを示す、異議申立者の正当な根拠を述べた陳述書
  6. 通知の情報が正確で、偽りの場合は偽証罪の対象となることを承知しており、異議申立者が侵害されたとする占有権の所有者に代わって行動する権限を与えられていることを示す陳述書

通知はその時点で最新のDMCAによる法的要件を満たさなければなりません。サービスに関する通知および抗弁通知はlegal@uipath.comまでメールにて送信してください。

通知を提出する前に顧問弁護士にご相談くださいますようお願いします。虚偽の申し立てはDMCAに従って罰せられることがありますのでご注意ください。誤解を招き他者の商標権を侵害するコンテンツを含むアカウントについては、UiPathが独自の裁量により更新、一時停止、無効、解除とする場合があります。サービス上において自身の商標権が侵害されている恐れのあるユーザーは、legal@uipath.comまでメールにてお知らせいただければ弊社にて申立て内容を精査いたします。適切と判断された場合は問題となるコンテンツを削除し、投稿者を警告するか、そのアカウントを一時または永久停止、あるいは無効とします。