メインフレームのシームレスな自動化

メインフレームで最新APIとクラウドが利用可能に

メインフレーム: 長年の頼れる存在

メインフレームは、現在でも引き続き多くの組織のITロジックにおいて戦略的に用いられています。複雑な処理における効率的なデータストアや、高信頼性処理システムとして機能しています。しかし、それと同時に現在のビジネス環境では、
新しいアプリケーションやアーキテクチャとメインフレームの統合が求められています。課題となるのは、新たな需要に向けて、既存のメインフレーム内に格納されているデータを外部からも利用可能にすることです。この全てをシステムの再構築なしに実現できる方法があります。
Shape 8.png
メインフレームの統合自動化

UI Automationを用いて、T3700、グリーンスクリーン、Java、あるいはレガシーアプリケーションなど、あらゆるメインフレームの環境を統合します。メインフレーム上のデータ入力の自動化と100%正確なスクリーンスクレイピングをお客様の業務フローに統合できます。

Shape 9.png
APIの有効化

共用できる柔軟なインフラを通して、メインフレームとクラウド間で相互に作用するダイアログを作成します。

Shape 11.png
迅速な流動化

APIを持たないアプリケーションをはじめ、あらゆる既存のアプリケーションやプロセスもリアルタイムで統合します。これにより、情報が企業全体に円滑に行きわたるようになります。

Shape 12.png
メインフレームのデータ移行

完全なシステムアップグレードはもちろん、レガシーアプリケーションと新しいアプリケーション間を完全にブリッジングできます。

Shape 13.png
監視と追跡

実行中のデータのトレース監視は常時利用可能で、オペレータはリアルタイムで分析し、イベントに対処できます。

RPA-Business-Analyst.png
幅広い対応

スケールアップやスケールダウンは簡単で、企業の急な要件に合わせて柔軟に拡張することができます。

レガシーアプリケーションの課題

立派に機能しているとしても、旧式なグリーンスクリーンは会社にとって大きな障壁となることがあります。
Shape 8.png
経費の増加

メインフレームは通常、旧式のシステムやハードウェア上でのみ稼働します。これらのシステムは、経年劣化により維持経費が急激に増加します。

Shape 9.png
専門知識の減少

システムが旧式化していくにつれ、維持・継続のための適切なスキルセットを持つ人材の確保がますます難しくなります。そのため、新たなスタッフを長時間訓練する必要が出てきます。

Shape 11.png
セキュリティの低下

メインフレームアプリケーションは、時間とともに希少化します。現代の脅威に対処するセキュリティ製品やソリューションは、市場ではもう入手できないかもしれません。つまり、システム全体のセキュリティを危険にさらすことになります。

Shape 12.png
データの取得

必要な時に必要なデータを取得するのは、特に組織が広範囲にわたる場合に非常に困難となる恐れがあります。

Shape 13.png
統合

レガシーアプリケーションを利用する組織が直面する最も大きな課題は統合です。他の組織とデータを共有すること、また入手可能な新しいシステムと技術を利用することはできません。合併と買収の場合、最後に残るのは互換性のない二つのメインフレーム、あるいはレガシーシステムです。では、企業はどうすればメインフレームシステムを時代の流れに乗せることができるのでしょうか

周到な準備は、成功への近道だ


お問い合せ

UiPath: 簡単にシームレスな統合を実現

UiPathは社内に点在するシステムを一気に素早くつなぐことができます。メインフレームの機能をそのままに、システム間で素早く直感的にデータを移行し、ウェブの先進機能の利用を可能にします。Windows、Java、Oracleアプリケーションといったあらゆるテクノロジーと連携し、またCitrix内で自動化することも可能です。
お客様のメインフレームを最新のエンドポイントにつなげることで、市場における新たな機会に対応することができるように、そして競争の激しい舞台において注目を集めることができるようなります。今すぐ針路を統合に定め、ビジネスを促進させましょう。

Need more info?

We're always here to help you on your RPA journey, in any way we can.

Contact Sales