2018年9月11日

UiPath、全社レベルでサーバー型RPA(Robotic Process Automation)を展開することで少量多品種業務の生産性と品質向上を図る三井住友信託銀行にRPAソフトウェアを提供

2018年9月11日

UiPath、全社レベルでサーバー型RPA(Robotic Process Automation)を展開することで少量多品種業務の生産性と品質向上を図る三井住友信託銀行にRPAソフトウェアを提供

東京 2018911 ―ロボティック・プロセス・オートメーション(Robotic Process Automation 以下、RPA)ソフトウェア企業UiPath(ユーアイパス)社(本社 米国)の日本法人であるUiPath株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役CEO 長谷川康一、以下「UiPath」)は、三井住友信託銀行株式会社(本社:東京都千代田区 取締役社長 橋本 勝、 以下「三井住友信託銀行」)にRPAソフトウェアを提供し、同社のRPA導入プロジェクトを支援していきます。

 

三井住友信託銀行は三井住友トラスト・グループの中核企業として、専業信託銀行として高度な専門性と総合力を駆使し、銀行・信託・不動産等の幅広い商品ラインアップで、お客さまのニーズにお応えしています。その少量多品種の商品・サービスで高い品質を保ちながら、いかにして生産性を上げていくことができるか、これまでも積極的にデジタル化を推進することで常にこの大命題に立ち向かっています。

 

その三井住友信託銀行が、ここ数年注目してきたのがRPAです。当初クライアント型RPAでの単純作業の時間削減を目的にその利用を検討し始めた同行でしたが、RPAが業務の可視化や標準化を推進する強力なツールとなりうること、またアジャイル型のシステム開発領域を広げる可能性のあるツールであることに気づき、RPAのポテンシャルを最大限に活用するために仮想デスクトップとロボットを組み合わせたサーバー型RPAの運用実現をゴールに設定しました。

 

こうしてサーバー型RPAへと舵を切り、全ての業務効率化案件を本部が集中的に管理し、RPAの利用実態を把握する仕組み、そしてリスクを防ぎ安定した運用実現する仕組みを本格導入の前に整備することでRPAの全体的な底上げを実現しています。

 

三井住友信託銀行デジタル企画部長の米山学朋氏は、「ここがRPAを成功させる1つの試金石です。管理することで全体最適化を図り、結果として生産性を高めていくのが狙いです」と、ガバナンス強化の重要性、そしてサーバー型RPAのメリットについて述べています。

 

UiPathでは引き続き、三井住友信託銀行の「全社での最適化を狙ったサーバー型RPAの展開」の取り組みをご支援してまいります。

 

三井住友信託銀行について

三井住友信託銀行は、信託の受託者精神に立脚し、高度な専門性と総合力を駆使して、銀行事業、資産運用・管理事業、不動産事業を融合した独自のビジネスモデルにより、お客様にとってトータルなソリューションを迅速に提供しています。

 

UiPath社について

UiPath社は、お客様の業務プロセスを効率的に自動化するためのソフトウェアプラットフォームを提供する、世界のトップRPAベンダーです。米国を本社とするUiPath社は、日本、英国、ルーマニア、フランス、ドイツ、インド、シンガポール、香港、オーストラリア等に拠点を持ち、約1,750社のRPAによる自動化実績を有しています。

 

日本法人は20172月に設立されました。すでに500社(20188月末現在)のお客様でご利用頂いております。

より詳細な情報は同社のウェブサイトをご参照ください。(https://www.uipath.com/ja/

 

以上

本件にかかるお問い合わせ:

UiPath株式会社

矢頭(やとう) E-mail: marketing.japan@uipath.com

電話番号: 03-5219-1346

 

共同ピーアール株式会社(広報代行)

担当:児玉、古川、白武 E-mail: uipath-pr@kyodo-pr.co.jp

電話番号: 03-3571-5176

 


TOPICS: Region: Japan