2018年9月25日

UiPath、調達部門での膨大な事務作業効率化の実現を目指すNTTコミュニケーションズにRPA(Robotic Process Automation)ソフトウェアを提供~全開発プロジェクト完了後には、年間約6万時間の業務時間削減を見込む

2018年9月25日

UiPath、調達部門での膨大な事務作業効率化の実現を目指すNTTコミュニケーションズにRPA(Robotic Process Automation)ソフトウェアを提供~全開発プロジェクト完了後には、年間約6万時間の業務時間削減を見込む

東京 20189月25 ロボティック・プロセス・オートメーション(Robotic Process Automation 以下、RPA)ソフトウェア企業UiPath(ユーアイパス)社(本社:米国)の日本法人であるUiPath株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役CEO 長谷川康一、以下「UiPath」)は、NTTコミュニケーションズ株式会社(以下「NTT Com」)が、UiPathのRPAソフトウェアを導入したことを発表しました。NTT Comでは、全開発プロジェクト完了後には、調達部門において年間約6万時間の業務時間削減を見込んでいます。

 

NTT Comプロキュアメント部では、これまでもBPR(ビジネスプロセスリエンジニアリング)に取組み、業務の効率化を図ってきました。しかし、グループ会社の従業員約100名で年間数十万におよぶ業務件数を処理しており、人手で対応するにはいよいよ限界が来ていました。

 

そこで同社が注目したのがRPAによる業務のデジタライゼーションによる効率化推進です。RPAツールの選定は、シナリオの作りやすさ、ロボットの維持管理のしやすさを特に重視して進められました。2017年1月から約半年をかけて様々な製品のPoC(概念実証)を行い、機能面、コスト、サポート体制、シナリオ作成の容易さなどのポイントを評価した結果、2017年8月にUiPathのRPAソフトウェアの導入を決定しました。なかでも最も評価が高かったのが、学習コストでした。NTT Comの調達業務のように、少量多品種にわたる業務を自動化するためには、現場のエンジニアが短期間で使いこなせるツールであることが求められますが、UiPathのRPAソフトウェアは、多少のSE経験があれば、1週間ほどのオンライントレーニングを受講するだけで、だれでも使えるようになるものでした。

 

導入決定後、紙ベースでの対応が必要なものや、人の判断が絡むものを除いた13の業務プロセスについて開発に取り組み、2017年12月より運用を開始しました。運用開始当初は、リスクを回避するため、対象業務全体を人とロボットで半々に振り分け、問題のないことを確認したうえで100%適用に移行するというステップを踏みました。この業務の振り分けは、人とロボットの生産性の違いも確認する機会ともなり、ロボットの生産性は人の3倍にもなることが確認できました。

 

現在、対象13業務中6業務が開発済みで、残り7業務の開発が進行中です。すべての対象業務の開発が完了すれば、調達業務全体で約30%の業務効率化が見込まれ、年間の総稼働時間のうちの約6万時間が削減できる見込みです。

 

今後、NTT Comでは、UiPath Orchestratorを使った遠隔制御のほか、OCRやAIの活用も積極的に検討しています。

 

NTTコミュニケーションズ プロキュアメント部長 山下 克典 氏は、次のように述べています。
「UiPathに期待しているのは、業務作業の効率化だけではありません。社内外にある様々なデータを集めてAIなどと連携して自動的に分析し、新しいアイデアを創出するなど、アナリティクス領域における価値をも生み出せるのではないかと期待しています」


こちらの事例の詳細は、下記をご参照ください。
https://hubs.ly/H0dRZ5N0
以上

 

UiPath社について

UiPath社は、お客様の業務プロセスを効率的に自動化するためのソフトウェアプラットフォームを提供する、世界のトップRPAベンダーです。米国を本社とするUiPath社は、日本、英国、ルーマニア、フランス、ドイツ、インド、シンガポール、香港、オーストラリア等に拠点を持ち、約1,800社のRPAによる自動化実績を有しています。

 

日本法人は20172月に設立されました。すでに500社(20188月末現在)のお客様でご利用頂いております。

より詳細な情報は同社のウェブサイトをご参照ください。(https://www.uipath.com/ja/

 

以上

 

本件にかかるお問い合わせ:

UiPath株式会社

矢頭(やとう) E-mail: marketing.japan@uipath.com

電話番号: 03-5219-1346

 

共同ピーアール株式会社(広報代行)

担当:児玉、古川、白武 E-mail: uipath-pr@kyodo-pr.co.jp

電話番号: 03-3571-5176

 


TOPICS: Region: Japan