ナレッジベース

Orchestrator環境におけるネットワーク要件およびファイアウォール要件


本記事ではOrchestratorを使用するのに必要なネットワーク要件およびファイアウォール要件について説明します。


・ネットワーク要件

 

Orchestratorが稼働するネットワーク環境について、ロボット端末からOrchestratorへの通信は常に一方向のため、ロボット端末側でポートをオープンする必要はありません。
またNATなどのアドレス変換が行われる環境でも使用することができます。たとえばロボット端末はオンプレミス、Orchestratorはクラウドに配置することも可能です。

 

・プロキシ設定

ロボット端末をプロキシ経由でOrchestratorに接続するには、管理者権限にて次の2つの設定ファイルをそれぞれ変更します。

 

1.UiRobot.exe.config への設定

  • 32ビット: C:\Program Files\UiPath\Studio\UiRobot.exe.config
  • 64ビット: C:\Program Files (x86)\UiPath\Studio\UiRobot.exe.config

 

UiRobot.exe.config

<!--Proxy configuration-->
 <system.net>
  <defaultProxy>
   <proxy
    usesystemdefault="true"
    proxyaddress="http://proxy_server:proxy_port"
    bypassonlocal="true"
   />
  </defaultProxy>
 </system.net>

 

2.NuGet.Config への設定

  • 32ビット: C:\Windows\System32\config\systemprofile\AppData\Roaming\NuGet\NuGet.Config
  • 64ビット: C:\Windows\SysWOW64\config\systemprofile\AppData\Roaming\NuGet\NuGet.Config

 

NuGet.Config

<configuration>

 <config>

  <add key="http_proxy" value="http://proxy_server:proxy_port" />         </config>

</configuration>

 

※詳細な手順は次のガイドをご参照ください。
https://robot.uipath.com/docs/redirecting-robots-through-a-proxy-server

 

・ファイアウォール要件

 

image-5

 
・Orchestrator
  • ロボット端末および管理コンソールを開くユーザーからTCP 443インバウンドアクセス

 

・SQL Server

  • OrchestratorからのTCP/UDP 1433インバウンドアクセス

 

・(使用している場合) Elasticsearch

  • OrchestratorおよびKibanaからのTCP 9200インバウンドアクセス
  • ポートを既定値(9200)から変更している場合は、そのポートへのインバウンドアクセス

 

・(使用している場合) Kibana

  • KibanaユーザーからのTCP 5601インバウンドアクセス

ポートを既定値(5601)から変更している場合は、そのポートへのインバウンドアクセス