ナレッジベース

オンラインアクティベーションをするためのプロキシ設定について (Studio / ロボット)

Studio / ロボットのプロキシ設定について

Orchestrator なしの Studio / Robotを、オンラインアクティベーションをするためのプロキシ設定について

UiPath Platformをインストール後、UiPath Studioを起動するとアクティベーション用の画面が表示されますが、あらかじめ以下の設定を行うとプロキシサーバー経由でアクティベーションを行いライセンスを有効にすることができます。プロキシサーバー経由でインターネットに接続する環境においてStudio / Robot(Orchestratorなし)をアクティベートする場合はこの手順をご利用ください。オフラインアクティベーションの手順に比べて簡単です。
 
1.  %PROGRAMFILES% (または %PROGRAMFILES(X86)% ) フォルダの ¥UiPath¥Studio¥UiPath¥license.config ファイルを開きます。
 
2.  ご利用の環境のプロキシサーバー設定に従い以下の行を追加します。
<ProxyIP> IPアドレスまたはホスト名 </ProxyIP>
<ProxyPort> ポート番号 </ProxyPort>
<ProxyUsername> プロキシユーザー名 </ProxyUsername>
<ProxyPassword> プロキシパスワード </ProxyPassword>
 
3.  あとはStudioガイドの以下の手順に従い、通常のオンラインアクティベーションを行ってください。
proxy-settings-online-activation-image1
 
注意:
Custom license.config ファイルを使用し Regutil.exe を使用してライセンスを有効にする場合は、/config_file コマンドを使用することもできます。 詳細は、Regutil コマンドをご確認ください。

 

閉じられたネットワークにロボットがある場合、
または Orchestrator が使用するネットワークとは
別のネットワークにロボットがある場合のプロキシ設定