ナレッジベース

UiPath Developer Community第2回ワークショップ

Dbn9vSUVAAA30Xd

 プロダクトマネージャ カンタン・ブランドン

 

2018年4月25日に UiPath 株式会社主催の UiPath Developer Community
第2回ワークショップが開催されました。
ご参加いただいた皆様、どうもありがとうございました。また、残念ながらご参加できなかった皆様、こちらが本イベントのハイライトになります。

 

1.  イベントについて

まず、今回のイベントでの発表者として、これだけ多くの皆様が UiPath や RPA に興味をお持ちであることに驚きを隠せませんでした。
本イベントの醍醐味は UiPath 技術情報の提供で、運用のコツや事例、さらには UiPath 社員でないとわからないような知識などを皆様にシェアできる場を持てることにとてもワクワクしていました。
また、我々UiPath 社員が実際の UiPath ユーザの皆様と直接やりとりできる絶好の機会で、皆様との交流を通して RPA開発者たちが UiPath 製品対して期待していることなどを再認識させていただくことができました。

どんなイベントでもそうですが、腹が減っては戦ができぬということで、今回はピザやビールをご用意させていただきました。

 

ご参考までに、第1回目の開催時は、10-15名の皆様を招待しての会でしたが、第2回目の今回は120名を超える皆様をご招待させていただきました!
皆様から数多くの質問をいただき、それに対する弊社側の回答がぜひ皆さまの為になってほしいと思っています。


5月下旬に予定している第3回目への参加も(お申し込みはこちら)心待ちにしています。

 

2.イベントのコンテンツ

今回は、次の2つのトピックについて紹介しました。

  • ・便利な Activity の紹介
  • ・UiPath Orchestrator デプロイメントの概要

このうち、私が発表させていただいた2つ目についてアウトラインをご紹介します。

UiPath Orchestrator とは?

UiPath Robot 、ワークフロー、アクティビティ パッケージ、アセット、
キューなどの集中管理システムです。

次のリンクからコミュニティ テナントを作成すれば、UiPath Orchestrator をクラウドベースで容易に試用することができます。
https://platform.uipath.com

 

バックエンドのコンポーネント

  1. UiPath Orchestrator (IIS/ASP.Net WebServer)

  2. SQL Server (データベース)

  3. Elasticsearch/Kibana (ログ アグリゲーション<オプショナル>)

 

保守での考慮事項

  1. バックアップ

  2. データベースのメンテナンスプラン

  3. 古いデータ(ログ、パッケージ)の廃止(除去)

 

UiPath Orchestrator 向け REST API

UiPath Studio 内で UiPath Orchestrator 向けのアクティビティを利用するのが一番簡単ですが、UiPath Orchestrator 向け REST API を直接使用するのもおすすめです。

https://orchestrator.uipath.com/reference
https://platform.uipath.com/swagger
https://github.com/UiPath/orchestrator-nodejs

 

サードパーティツールとの統合例

RPA 対応 チャットボットのライブデモを行いました。

 

3.参加者について

 

今回ご参加いただいた皆様は、コンサルファームから RPA 開発の様々な企業規模の方々で、代表者から我々のようなエンジニアまで幅広い方々がいらっしゃいました。
集中している方もいれば、ほろ酔いの方も(笑)
このような、和やかな雰囲気の中で、UiPath/RPA に対する熱烈な興味を持った皆さんと接したり、直接質問を受けるのは、とっても有意義でした。
一方で、同じようなオープンなコミュニケーションが 日本版 UiPath Community フォーラム でも必要だと思いますので、皆さんと共によりアクティブにしていきたいです。

https://forum.uipath.com/c/japan

 

最後に、今回ご参加いただいた皆様、どうもありがとうございました。
このイベントは、コミュニティイベントですので、今後は、開発者やパートナーの皆様からの発表なども盛り込みたいなと思っています。
コミュニティで共有したいことがありましたら、お気軽に UiPath までご連絡ください。

 

【英文】 

On April 25th 2018, the UiPath Developer Community gathering organized by UiPath Tokyo took place for the second time.
Thank you so much to the many of you who could attend, and for those who could not, here is a glance of what took place.

UiPath Product Manager, Quentin Brandon

 

I. The event

 

Well, as a presenter, let me just state that it is really incredible to see so much interest in UiPath and RPA in general.
The main focus of the event is on the tech, and we are super excited to share all the cool tips, experience, and the occasional insider knowledge we get to access as UiPath members.
This is also, for us, the opportunity to interact directly with the actual users of our tools, and so far, it has been an eye-opener and really helped put in perspective what RPA developers expect of our products.
Of course, any event requires a solid (food) base: we got beers and pizzas, so there were really no way for this to go wrong.
To put things in perspective, we hosted between 10 and 15 guests for the first event, while we welcomed more than 120 guests for the second one(!)
We received many questions and hope our answers were useful, and we are very much looking forward to the 3rd event to take place at the end of May (official announcement to come).

 

II. The content


The 2 presentations covered the following topics:

- Review of some useful activities
- Overview of Orchestrator deployment

Since I got to present the second topic, here is an outline:

What is Orchestrator
Response: a centralized {Robot, Workflow, Activity packages, Asset, Queue, etc...} management system
And it's easy to try it out, just create your own community tenancy here: https://platform.uipath.com

 

The backend components
1. Orchestrator (IIS/ASP.Net WebServer)
2. SQL Server (DB)
3. Elasticsearch/Kibana (Optional log aggregation)

Maintenance considerations (for on-premise deployments)
1. Backups
2. DB maintenance plans
3. Retiring old data (logs, packages)

 

The REST API
Easiest way is using the dedicated Orchestrator activities in Studio.
The cool way is using the Orchestrator REST API directly:
https://orchestrator.uipath.com/reference
https://platform.uipath.com/swagger
https://github.com/UiPath/orchestrator-nodejs

Example of integration
Participants got to see a live demo of RPA-enabled chatbot.

 

III. The participants

 

We had all kinds of developers, from members of consulting firms to RPA development companies, large and small, representatives or engineers like us, focused or tipsy :)
It was great to see so much interest, and also address questions directly, in a relaxed environment.
On a side-note, I really hope we get the Japanese forum more active because I could really feel the need for this kind of open communication channel:
https://forum.uipath.com/c/japan

 

Again, thanks to everyone for coming and talk.
Because this is a community event, we will try to include presentations from developers and partners, so if you have something to share, please do not hesitate to contact us.