RPAで日本を、
     再び元気にしたい」

UiPathは、日本オフィス開設以来
この志を胸に
1,000社のお客様に支えられながら
ここまで歩んでくることができました。

この度の機会に、皆様より温かい応援メッセージを賜りました。
心より、感謝し、ここにご紹介させていただきます。
これからもよろしくお願いいたします。

 

以下、御会社名50音順にて掲載させていただきます。

 

SMBCバリュークリエーション株式会社
代表取締役社長
山本 慶 様

このたびは、1,000社を超えるお客様からの支持と信頼を獲得されたということで、心よりお祝い申し上げます。

日本法人設立(2017年)から2年強、グローバルCEODaniel、日本法人の長谷川CEOを始めUiPathの皆様とは、グローバルマーケットの最重要拠点である日本の、社会全体の生産性向上の実現にむけて、共に知恵を出し、多くの課題を乗り越えてきた、いわば同志であり、この喜びは感慨一入です。

この短期間での飛躍的な成長は、ひとり一人の業務改善から始まり、36524時間、大規模に安定稼働できる御社の高機能製品群、実効性の高いソリューション力によるものだと思っております。今後は、この1,000社を超えるお客さまにとってより使いやすく、そして、効果を継続して享受できるサポート体制の拡充を期待するとともに、より多くの皆さんが新たなお客さまとなり、日本全体の生産性向上を着実に推進していけるよう、弊社も微力ながらパートナーとして取り組んで参ります。

株式会社電通
ビジネスプロセスマネジメント局 CoE推進室 GM
岩井 隆宜 様

RPAは、UiPathであり。UiPath は、人である。」と思うのは、製品以上に、長谷川CEOをはじめとするUiPath のみなさまの人柄と自動化に対する熱い想いに支えられ、RPAによる業務効率化を前へ進めることができたからです。

私たちが、デジタルトランスフォーメーションを促す組織を考える上で、RPAは欠かせない基盤であり、AIとの連携強化による守備範囲の拡大が期待できます。

日本法人設立直前の長谷川CEOのことを昨日のように思い出します。当時は海外メンバーを合わせて社員が10名程度でしたが、今は200名を超える社員数になっていると伺い、その成長スピードに驚いております。

これからも「日本の自動化を、前へ。」推進する「エンジン」として、UiPath様の益々のご発展をお祈り申し上げます。この度は、1000社達成おめでとうございます。

 

日本アイ・ビー・エム株式会社
専務執行役員 グローバル・ビジネス・サービス事業本部 本部長
加藤 洋 様

ついに1000社達成おめでとうございます!

日本法人ができる前から注目していましたが、設立後の急成長・急拡大には大変驚いています。

社員の皆様の喜びもひとしおのことと思います。心よりお喜び申し上げます。

シーズー犬のような笑顔の奥にある日本を変えようという長谷川社長の熱い想いが、この原動力になっていると確信しています。

私たち日本IBMも新たなリーダーシップ体制で、お客様の成功へ貢献できるように全力をつくしてまいります。

これからもよきビジネスパートナーとして、プロダクトとエンジニアで協力関係を築き、「日本の自動化を、前へ!」という同じ目的にむかって心を合わせて邁進していきましょう!

 

日本電気株式会社
取締役 執行役員常務 兼 CHRO(チーフヒューマンリソーシズオフィサー)
松倉 肇 様

2017年2月に日本法人を設立し、約2年でお客様の1,000社達成おめでとうございます。長谷川CEOの「RPAで日本を元気にする、日本を前に!」という強い情熱が、多くの日本のお客様経営層の心に響き、設立後の急成長・急拡大に繋がっていると感じております。また、社員の皆様の喜びもひとしおのことと思います。心よりお喜び申し上げます。

NECはビジネスパートナーであるUiPath社と一緒に、RPAAI/IoTなどのデジタル技術を活用し、日本のお客様が直面している様々な課題解決や社会価値創造により貢献し、「日本を元気に」して参りたいと考えております。

 

日本マイクロソフト株式会社
執行役員 常務 パートナー事業本部長
高橋 美波 様

この度のRPAソフトウェア「UiPath」を導入する日本国内企業が破竹の勢いで1,000社を突破されましたこと、心よりお祝い申し上げます。 グローバルでの強固なアライアンスの元、日本においてもUiPath社との取り組みを加速しております。

「UiPath Orchestrator (WebApp with SQL)」により「UiPath Orchestrator」の構築作業の効率化を実現し、RPAがもたらす業務効率化をより多くの企業様へ迅速にご提供可能となりました。更なる効率化の取り組みとして、Windows Virtual Desktopなどの仮想デスクトップ上にUiPathロボットを構築することにより、クライアント管理を効率化しお客様へ更なるTCO削減を提案してまいります。

Microsoft Azure上で提供される各種AIを活用した高度自動化など、日本マイクロソフトはUiPath社と共に、RPAとクラウドを活用したお客様のデジタルトランスフォーメーションの推進に貢献してまいります。

「Microsoft、Azureは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標 または商標です。」

 

富士通株式会社
テクノロジーソリューション部門 シニアフェロー
宮田 一雄 様

お客様の1,000社突破を心よりお祝い申し上げます。

長谷川CEOの「RPAで日本を元気にする、日本を前に!」という強い情熱が、多くのお客様トップの心に響き、この急成長に繋がったと確信しております。

また社員の皆様のお客様への丁寧なサポートが信頼を得ていると感じております。

短期間での圧倒的な成功を心よりお慶び申し上げます。

富士通の強みであるフィールド・イノベーションは、お客様トップの将来ビジョンや改革の目標を共有することから始まります。

富士通が持つAIZinrai」を始めとした様々な技術とUiPathを組み合わせたサービスで、それぞれのお客様に最適なご支援ができることが富士通の最大の強みです。

富士通は、ビジネスパートナーであるUiPathと共に、「日本を元気に」、そして便利で快適な新しい時代の創造を目指して参ります。

 

富士フイルムホールディングス株式会社
経営企画部IT企画グループ長
増本 道憲 様

国内1,000社突破おめでとうございます。

2年前、弊社において最初のUiPathを導入して以来、年を追うごとに活用範囲が拡大しております。

今後も社内業務プロセスのデジタル変革を加速する重要な要素と位置づけ、更に活用の幅を広げていきたいと考えています。

UiPathはそれ自体の優秀さもさることながら、ユーザ視点に立ち、常に進化を続ける御社の企業姿勢も1,000社突破の原動力になっていると感じます。

次は10,000社を目指していただき、ますます企業を元気にしていかれることを期待しております。

最後に、御社の益々のご発展とご活躍を祈念いたします。

 

株式会社みずほ銀行
グローバルコーポレート業務部 執行役員部長
阿久津 哲也 様

この度は導入企業1,000社の突破おめでとうございます。 弊行では2017年より貴社RPA製品を利用した海外拠点のオペレーション効率化を推進しており、おかげさまで2019年6月時点、身の回りの業務効率化からプロセスを変える業務への適用まで様々な分野で導入が進み、海外部門のみで70を越すロボットが稼動しております。

貴社RPA製品導入による効果は内外で高く評価されており、アジアを中心とする金融専用メディアである「The Asian Banker」で「Best Asian International Transaction Bank in Asia Pacific」を受賞するなどしています。今後も弊行では、テクノロジーを活用した効率化施策の目玉の一つとして貴社RPA製品を活用したオペレーショナルエクセレンス実現を加速させていきます。

UiPath株式会社
代表取締役CEO

長谷川康一

上記応援メッセージを頂きました各社様をはじめ、UiPathをご利用されている皆様には誠に感謝いたしております。
2017年2月の日本オフィス設立時から、「日本を再び元気にするためにRPAで貢献したい」との思いを持ち続けて、取り組んでまいりました。その間、社員数は僅か数名から300人近くへと拡大することができました。
また、お客様よりの、厳しくも暖かいご指導を通じて、少量・多品種・多様な日本での自動化ニーズをグローバル標準として製品に反映させることにより、UiPathは世界のRPA業界の中で高い評価を受け、傑出した成長を続けることができました。

今、UiPath1,000社およそ2万人の皆様にご利用いただいています。私たちは今後、100万人を超える皆様にRPAを活用いただける社会になればと思っております。そして、日本が世界に誇るデジタル産業としてRPAが発展していくことを期待しております。

ロボットフォーエブリワン、全ての人々が当たり前の様にRPAを使いこなす社会を目指してUiPathはこれからも皆様と共に、RPAの発展に邁進して参ります。