<img src="//trc.taboola.com/1222697/log/3/unip?en=page_view" width="0" height="0" style="display:none">

2019年5月20日

【イベントレポート】Japan IT Week【春】後期~AI・業務自動化展~

2019年5月20日

【イベントレポート】Japan IT Week【春】後期~AI・業務自動化展~

Presentation

 

 2019年5月8日(水)~10日(金)の3日間、東京ビッグサイト青海展示場にて 日本最大のITイベント『Japan IT Week【春】後期~AI・業務自動化展~』(主催:リード エグジビション ジャパン株式会社)が開催されました。

 

 10日(金)Japan IT Week内で開催された特別講演「RPA×ビジネス変革」に弊社代表取締役CEOの長谷川 康一が登壇致しました。

 

 『RPAとAIそして人のベストミックス~最高水準の業務自動化への道を拓くには~』と題し、 UiPathのグローバル戦略や、UiPathの提唱する「人財がど真ん中のデジタルトランスフォーメーション」、や UiPathのRPAとAIの連携による自動化の新たな可能性など、UiPathのビジョンをご紹介しました。

 

UiPathのグローバル戦略-日本発のRPAを世界へ

 

UiPathのグローバル戦略は、日本仕様のRPAを世界標準にすることです。

おもてなしの心と高い品質にこだわりのある日本企業の現場では、一般的にRPAで自動化の対象となる「単純で多量な」業務ではなく、「複雑で少量で多様な」業務の自動化を実現することが求められています。そのような日本企業独自のニーズにお応えするため、UiPathは製品を改良させてきました。

日本の「複雑で少量で多様な」業務の自動化に対応できるRPAを実現すれば、UiPathは世界のどこでも通用する―それがUiPathのグローバル戦略です。

 

日本を元気にするための「人財がど真ん中のデジタルトランスフォーメーション」

 

企業の人財をルーティンワークから解放し、彼らに創造性のある仕事に任せることにより顧客サービスの向上を図り、その結果会社も成長する、それを目的にRPAは導入されています。

UiPathは、現場の業務に精通する人財を中心に据えたデジタルトランスフォーメーションを行うことが必要だと考えています。つまり業務に精通する人材が旗手となり活躍するデジタルトランスフォーメーションの実現を目指します。

この「人財がど真ん中のデジタルトランスフォーメーション」のビジョンは、次の2つの考え方を柱とします。

 

オープンなデジタルプラットフォームーAIとの連携も可能なUiPathのエコシステム

UiPathは、オープンなデジタルプラットフォームとして、業界や製品がお互いに連携するエコシステムの考え方をとっています。

200社以上のパートナー様とアライアンスを組み、既存のITシステムや、AIを含む最新のテクノロジーとUiPathRPAを連携させることで、より広範囲の業務の自動化を実現します。

 

「ロボットフォーエブリワン」-すべての人がロボットを使いこなす時代

Microsoft Officeの登場により、ホワイトカラーの働き方は劇的な変革を遂げました。現在多くの企業の現場では、ほとんどのホワイトカラー人財が、業務においてWordExcelなどのOffice製品を使いこなしています。

UiPathのビジョン「ロボットフォーエブリワン」は、すべての人がOffice製品を使いこなすのと同様にロボットを利用する未来を目指しています。

 

UiPath のRPA x AI -AIとの連携で自動化の可能性を広げる

 

UiPathのエコシステムでは、すでにAI-OCRやチャットボットといった実用的なAIテクノロジーと連携した自動化が可能です。また、今後実用化のすすむ最先端のAIのテクノロジーとUiPathRPAが連携することで、自動化の範囲は大きく広がります。

 

UiPathは、様々なテクノロジーとの連携を通じてRPAによる自動化の可能性を広げることで、単なる「生産性向上」だけではなく、「新しいビジネスモデルを創造するチャンス」が得られると考えます。

 

Hasegawa_01

 

 

会場は満席で、サテライト会場もご用意いただきました。

ご来場いただきました皆様、誠にありがとうございました。


by Naoyuki Nakazono

TOPICS: events, Region: Japan

Show sidebar