<img src="//trc.taboola.com/1222697/log/3/unip?en=page_view" width="0" height="0" style="display:none">

リリースノート

リリースノート

2019 年 8 月 5 日

※現在 Cloud Platform の日本語化を進めております。理解を容易にするため、インターフェイスの表記は日本語も併記しております。

更新内容

Templateless Invoice Extraction および Templateless Receipt Extraction のライセンス

今回のリリースからは、[マシン ラーニング抽出子 (Machine Learning Extractor)] アクティビティを Studio で使用するためのライセンスを Cloud Platform アカウントで生成できます。これに関連して、[Templateless Invoice Extraction (テンプレートレスな請求書抽出)] および [Templateless Receipt Extraction (テンプレートレスな領収書抽出)] の、2 つのセクションが追加されました。必要な API キーをコピーするか、既存キーが漏洩した場合は新しいキーを生成して、Studio で使用できます。ただし、Community プランではマシン ラーニング サーバーの利用に制限が課されます。この新機能について詳しくは、こちらをご覧ください。

改良点

Cloud Platform アカウントの取得にかかる時間を短縮し、パフォーマンスを高めるため、サイト URL の形式をさらに調整しました。英語の小文字を 15 文字まで使用できますが、スペースおよび特殊文字は含められません。

今回のバージョンから、[Licenses (ライセンス)] ページへのアクセスに Account Administrator (アカウント管理者) のロールが不要になりました。したがって、User (ユーザー) ロールだけで、ライセンスの詳細および Studio で利用できるいくつかのアクティビティの API キーを確認できます。ただし、User (ユーザー) ロールでは情報を参照できるだけで、ライセンスをリクエストしたり、新しいキーを生成したりはできないことにご注意ください。

既知の問題

  • 同一のブラウザーで複数のサービスに対するセッションを実行した場合、1 つのサービスに対するセッションの有効期限が切れると、使用状況にかかわらずすべてのセッションの有効期限が切れるという問題があります。

  • Internet Explorer で Cloud Platform アカウントのアクティブなセッションを新しいタブに複製した場合、一方のタブからログアウトしても他方のタブのセッションの状態が変化しないという問題があります。ブラウザーの各タブを更新して同期してください。この問題は、Internet Explorer の制限事項が原因で発生します。詳しくは、こちらをご覧ください。

バグ修正

  • ネットワーク カードに IPv6 と IPv4 の両方が構成されている場合、Cloud Platform アカウントからサービスにアクセスできないという問題が解決されました。その結果、ネットワーク カードで IPv6 を無効にする必要はなくなりました。

  • 今回のバージョンから、パスワードをリセットするためのリンクは、基本認証を使用して登録した場合に限りメールで送信されるようになりました。ソーシャル ログインを使用して登録した場合は、登録に使用したサードパーティ アカウントでのログインを求めるメッセージが表示されます。

  • 同一のブラウザーで 2 つの異なるアカウントにアクセスしようとしても、エラーが発生しないようになりました。その代わりに、別のアカウントにログインすると既にログイン済みのアカウントからログアウトされます。

  • サービスの Administrator (管理者) ロールを割り当てられているユーザーが、誤って自身および他の Administrator (管理者) アカウントを削除できないようになりました。

  • サービスに再ログインするときに、エラーが表示されないようになりました。