製造分野における5つの課題

既存事業の効率化から、新たな事業・サービスの創出へ

この資料はこんな方におすすめ:

  • ローコードツールにおける自動化を検討の方

  • 製造業分野における作業効率化を考えている方

  • 自動化における導入メリットやポイント、事例を参考にしたい方

See How

生産、調達、販売において、様々な変化が求められ、グローバル化の波を進み続けてきた製造業。ユーザーニーズの個性化、多様化により市場変化が早く、製品やサービスのリリースサイクルが短縮されています。また近年では社会情勢の変化により、安定供給にも支障が出ています。

このような状況下の中、売上・利益の拡大を実現するためには既存事業の効率化や新規サービスの創出が求められ、ローコードツールによる自動化が求められています。

「自動化をするとなると小難しい機械の操作を一から覚えて操作なんて考えられない…」「日々の作業をさらに圧迫してしまうのではないか…?」と心配になる方もいるかと思います。実際にUiPathの「Studio X」というノーコードツールを活用して年間で3万時間の工数を削減した事例や、実験業務をRPAで自動化し、人の稼働時間を96%カットできた事例などを本資料で紹介しています。

この資料での3つのポイント

  1. 製造業における課題と解決策

  2. ロボットに任せられる定型業務一覧

  3. 実際の製造業での5つの事例

本記事では、製造業において自動化を導入することで得られる効果やメリット、導入時のポイントなど、実際の事例を交えながらご紹介していきます。上記3つのポイントを抑えることにより、どのような業務が自動化でき、効率的に業務が進められるかがわかるようになります。まずはどのような作業がロボットに任せられるようになるのか、資料内の表を見て確認してみましょう。

本ページのフォームから資料を無料でダウンロードいただくことができます。ぜひご覧ください。