紙からデジタルにスムーズに移行するには?

多くの企業では、未だに業務において紙ベースの書類を扱う作業が存在しており、データ入力や確認作業などで人手を使って対応していることが多いのが実情です。注文書、請求書、FAX、伝票など紙帳票を目視で確認し、情報をシステムに入力してデジタル化する作業や、そこから生まれる人為的ミスの修正対応で業務がひっ迫していることは少なくありません。

AI-OCRを使えば、書類に含まれている情報のデータ化が自動でおこなえるので、書類のデジタル化や、種類の違う書類の仕分けなどを自動でおこなうことができ、書類業務のデジタル化が格段に進みます。

しかし、AI-OCRを導入するだけでは、その後のシステム入力やデータの照合、ファイル保存など、前後の作業を人手で補う必要があり、思ったように効果が出ないことがあります。そこで、RPAを使って前後の作業を自動化することで、紙帳票を扱う書類業務の全体を自動化することが可能になります。書類のデータ化だけではなく、システムへの入力やデータ照合など関連する前後の作業も自動化できるUiPath Document UnderstandingDocument Understandingは、書類業務の全体を自動化するための、オール・イン・ワン・ソリューションです。
AI-OCRとRPAを別々に導入する必要がなく、一気通貫で利用できるのがDocument Understandingの強みです。

fully-automate-your-paperwork-with-ai-ocr-and-rpa_image

本資料では、UiPath Document Understandingの導入によって、書類業務全体の自動化を実現する方法を、事例とともにご紹介しています。

本ページのフォームから資料を無料でダウンロードいただくことができます。ぜひご覧ください。