RPAで製造業界を加速

製造業で導入が進むRPA

製造業界ではすでに、製品の組み立て、試験、梱包といった物理的な作業に産業ロボットを導入し、効果を上げている一方で、バックオフィスや作業工程管理の効率化には苦戦を強いられています。顧客とのコミュニケーションや、調達、在庫管理、支払処理といった作業には人手も工数もかかります。
それと同時に経費削減と革新的なビジネス展開が求められており、内在する課題を解決するために、多くのメーカーではRPAを導入し始めています。俊敏性を高め、バリューチェーン全体の効率化を図ることで、様々な場面で最大20%のコスト削減といった成果を出しています。
RPAの効果

RPAが製造業界の課題を解決

RPAによるバックオフィス作業の効率化

製造業におけるRPAの役割を理解するために、ここで北米の従業員150,000人規模の大手自動車会社の事例を紹介します。この企業では、製造組立ラインに機械のロボットを使用していますが、バックオフィスに課題を抱えていました。新しい規制への対応、高スキル労働者の不足、そして在庫管理の問題がありました。これらが足かせとなり、経費削減、顧客への高度なサービスとイノベーションの提供、サプライヤーとの効率的なコミュニケーション、といった会社における各機能がうまく回らなくなっていました。

 

自動車メーカーでは、製造業界におけるその他の多くの企業と同様に、規制の変更、財務/健康/安全分野におけるコンプライアンス対策、そして廃棄物管理といった数多くの規制を守る必要があります。このメーカーは、世界各地に顧客とサプライヤーを抱えるため、国ごとに異なる規制に従うことが特に難題でした。さらに、これらの規制準拠にかかるコストが、会社の年間経費の 11%以上を占めるに至っていました。

 

メーカーは重大なスキルギャップにも直面しました。多くのスキルの高い従業員、特にベビーブーム時代の従業員が定年を迎えはじめ、その割合が急速に増え始めました。定年退職する社員を補うために雇用を増やした結果、会社は7年前に比べて280%もの雇用増加に直面しました。雇用拡大で増えた作業(採用、履歴書の評価、面接の日程調整、事務処理など)の経費は、人事部門の負担となりました。

 

手作業による在庫管理は、労働力を要するもう一つの大きな課題でした。特に、サプライヤーの納期と顧客の需要の間の予測がうまく調整できないことにより、在庫を効率的に回転させられず、顧客の需要に対する完成車の供給が追い付かない事態がしばしば発生しました。

 

RPAの導入により、この会社のビジネス推進のスピードが上がりました。効率化にとって致命的だったバックオフィス処理を自動化できるようになり、さらに、処理を進める中で不備を特定し、改善できるようになりました。従来は紙ベースだった事務処理のデジタル化をはじめ、Eメールや調達手順の自動化によって在庫管理が改善され、最適なスキルの雇用を確保できるようになりました。顧客の需要、生産能力、在庫レベルをリアルタイムで監視することで、バリューチェーン全体での無駄のない効率的な作業、経費削減が実現し、サプライヤーと顧客両者との関係強化という効果が表れました。

RPAがもたらすメリット

UiPathプラットフォームは、直感的に操作できるユーザーインタフェースを備え、容易に実装できるため、製造業界における複雑な管理業務を解消し、俊敏に対応できるバックオフィスを構築できます。当社の比類ないカスタマーサポートとユーザーエクスペリエンスにより、世界規模で複合型オートメーション機能をシームレスにご活用いただくことができます。
RPA-Business-Analyst.png
規制コンプライアンスの強化

ソフトウェアのプロセスに関連するいかなるデータも、Uipath Robot上には保持されません。つまり自動化の中で、全ての顧客、サプライヤー、企業情報は安全に保護されます。ソフトウェアロボットのアクションは中央ログに保存され、Elasticsearchを通して監視・レビューできるため、メーカーのサプライチェーンとオペレーションの間を可視化することができます。ロボットの作業記録にはあとで容易にアクセスできるため、監査への対応も可能となります。また、法規制やルールの変更にも素早く対応できます。

RPA-Business-Analyst.png
リアルタイムのプロセス監視と分析

ロボットの活動の全般的な解析もできますが、特定の処理に対する詳細な解析も可能なUiPathは、幅広く深い分析を行うため、既存データそのままを抽出するツールで、抽出されるプロセスそれぞれに特定の分析が付加されます。ソフトウェアロボットが提供する即時レポートにより、メーカーでは前回のニーズに基づいた最適の在庫水準を決定し、また顧客の需要パターンに基づいて現在の業務を修正することができます。UiPathはインテリジェントなスケジューリング機能を備えており、ソフトウェアロボットは常に最重要タスクを実行できます。

RPA-Business-Analyst.png
紙とデジタルの橋渡し

コンピュータビジョン技術を搭載しているUiPathプラットフォームはユーザーの眼となり、プレゼンテーション層にアクセスすることができます。UiPathは独立したプロセスとして動作し、対象となるソフトウェアプラットフォームの種類に依存しません。Web、デスクトップ、CRM、ERP、ヘルプデスク、そしてCitrixといった環境で動く既存のプログラムを変更することなく、シームレスに導入することができます。

RPA-Business-Analyst.png
デジタル化されたコミュニケーション

UiPathはGoogle、Microsoft、IBMそしてABBYY OCRの技術を採用しています。これにより、コミュニケーションの自動化で重要な機能である、言語検出、固有表現抽出、そしてセンチメント分析をプラットフォームで利用できます。Eメールやチャットベースのコミュニケーションに適用された場合は、UiPathのオートメーション機能が、メーカーに代わり、お客様やサプライヤーのリクエストにタイミングよく効率的に対応します。

顧客導入事例

28か国に及ぶシステムの正確なデータ検証で、製造業のグローバル企業に完全な効率化を提供。

事例を見る

顧客導入事例

28か国に及ぶシステムの正確なデータ検証で、製造業のグローバル企業に完全な効率化を提供。

事例を見る

Need more info?

We're always here to help you on your RPA journey, in any way we can.

Contact Sales