トライアルの開始

効率化を進め、コストを軽減し

人間がもっとに意欲的に働くために

「オートメーションファースト」で考える

「オートメーション」は新しい仕事のかたち

 

すべての人がロボットを使用すると、どれほど多くのことを達成できるか?

 

「オートメーションファースト」思考を採用することは、企業がデジタルトランス フォーメーションを実現するための最初のステップになります。オートメーションファーストで考えることにより、企業は一層俊敏に、そして効果的に前進することができます。カスタマー サービスの向上にも貢献し、より効率的な運用が実現します。さらに、従業員は単調な繰り返し作業から解放され、問題の解決と価値の創造に注力することが可能になります。

オートメーションファースト アプローチ 3つの

  • ロボット・フォー・エブリパーソン

    かつてビル・ゲイツ(Bill Gates)が、すべてのデスク上に1台のPCが置いてある世界を思い描いたように、UiPathはすべての人に1台のロボットが寄り添う世界を構想しています。すべての従業員が日常的な業務を支援するロボットを所有していれば、よりレベルの高い仕事に時間を割くことが可能になります。さらに過度なストレスから解放され、生産性の向上に伴う満足感を得ることができます。

  • オープンで自由なコラボレーション

    業務において、協力と競争は相互に深い関わりがあります。テクノロジー同士が連携することも、テクノロジーが人間と協力して働くことも可能なのです。アイディアを交換しあうことで、素晴らしい成果を出すことができます。こういったつながりを、コミュニティやパートナーを通して提供することで、UiPathは人間が「オートメーションファースト」で考え、より多くのことを達成するための環境を実現します。

  • スキルを習得するロボット

    UiPathのロボットは、AI技術を活用することで、新たなスキルを習得できるようになります。ロボットは人間を助けるために、指示どおりに動くだけでなく、考えて行動することが必要になります。AIと機械学習の技術で、ロボットは、ルールベースのアクションをこなすだけでなく、判断が必要な高度な業務ができるようになります。

01 02 03

UiPathのオートメーションファーストのビジョン

UiPathは、業務目標達成や作業プロセス改善に向けて従業員を支援する必要が生じた場合には、「オートメーション ファースト」を念頭に置いた仕事の世界を思い描くことにしています。したがって、最初の疑問は、すべて手作業でやろうとするのではなく「この業務を自動化して効率や効果を改善するにはどうすればよいか?」ということです。

オートメーション ファースト思考を活用している企業は、競合他社より遥かに優位に立つことができます。なぜなら、彼らのほうが俊敏で、効率的で、適応性に優れているからです。そして、より多くの人的資源の潜在能力を解き放つことで、組織を革新し競合他社に先んずることができるのです。従業員は生産性が向上するだけでなく、より幸せなビジネスライフを送ることができます。幸せな従業員こそが会社の収益性を高めるのです。

“この思考は、単に会社組織にとってのゲーム チェンジャーではなく、社会全体にとってのゲーム チェンジャーになるでしょう。”

UiPath 共同創立者兼CEO ダニエル・ディネス

今すぐ無料トライアルを始める