導入事例:株式会社カネカ
業種:製造

全体最適とスピード改革を主眼に
製造現場の自主開発を支えるRPAで
ワークカルチャー変革とDXを推進

ワークカルチャーの変革を進めるカネカでは、従来の仕事のやり方を根本から見直し、より高度な付加価値を生み出す仕事のスタイルを追求。あわせてDX(デジタルトランスフォーメーション)も進めていく上で、UiPathを活用した業務改革に取り組んでいる。すでにオフィスや製造現場の100以上の業務に対しRPAを適用し、プロセスの自動化を軸に大幅な工数の削減を実現したほか、大量の繰り返し作業に伴う精神的、身体的負担から従業員を解放する。ノーコードでのワークフロー開発が可能なツールの採用で、製造現場の自発的な改善を支える環境も整いつつある。

The Results

  • 抜本改革抜本的な業務改革に寄与し現場の大量繰り返し作業を解放
  • 現場主導UiPath StudioとUiPath StudioXを使い分け自発的なRPA活用を実現
  • スピード感ワークフロー開発の内製化で業務改善の即効性を強化
  •  

INDEX

CHALLENGEより広い視野からの改革へ 壁を突破する強力な武器が必要

SOLUTIONIT部門は基幹システムとの連携に 製造現場では定常業務の改善に

BENEFIT年間2万709時間の工数削減を実現 繰り返し業務の精神的負担も大幅軽減

NEXT様々なシステムとの連携ニーズに 俊敏に対応する手段としても期待


カネカの事例記事の続きはこちらから

UiPath導入事例:株式会社カネカ