使えるシステムが少ない、開発が難しい…
RPAが思ったよりうまくいかないとお困りではないでしょうか?

RPAを導入してみたものの、開発が難しくてなかなか自動化が進まなかったり、ロボットが使える業務システムが限られていたりと思ったようにいかず、「RPAは思っていたより使えない」「期待外れだ」といった声が上がっていないでしょうか。本資料は、そうした「導入済RPAのよくある不満の声」に対して、具体的な解決策をご紹介します。

「こんなハズじゃなかった…」
サーバー型RPAへのよくある不満


サーバー型RPAを導入した方がよくつまずく点として、下記の7つがあげられます。

• 現場ユーザーが開発できず、業務効率化が加速しない
• ロボットがすぐ止まる。エラーが頻発して対応に追われる
• 自動化できる範囲が狭い
• シンクライアント環境で使えず、テレワーク対応ができない
• 思ったより処理が遅く、ほとんど人手と変わらない
• さまざまなシステムを使う業務の自動化開発が大変
• アップデートやサポートが不安

本ページの資料では、このような不満に対する具体的な解決策をご紹介します。
ぜひ本ページのフォームから資料をダウンロードください。