<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=607511617010495&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

なぜ、いま日本でRPAが注目されているのか?

業務改革・働き方改革の旗手として注目されるRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)。コンピューター上の作業を自動化する技術で、すでに日本国内の多くの企業で導入が進んでいます。日本において特にRPAが注目されている背景には、日本が直面している様々な社会課題があります。生産年齢人口の減少や労働生産性の低迷、DXの需要の高まりなど、日本の抱える社会課題を解決するソリューションとして、RPAの導入を進める企業が増えています。

そもそもRPAで何ができるのか?
人間がおこなうコンピューター上の操作を模倣し正確・高速に処理

RPAのロボットは、コンピューターの画面上で人間が行う操作を代替し、正確に・高速に処理することを得意とし、ウェブサイト、社内システム、Microsoft Excelやメールなど、PCの画面上でおこなうあらゆる操作を自動で実行することができます。RPAを使うことにより、プログラミング言語によるシステム開発よりも迅速に導入でき、現場の業務に即した自動化が実現できます。

RPAで自動化できる業務の例や、失敗しないRPAツールの選び方とは?

本資料では、RPAロボットが特に得意とする作業や、RPA導入にあたり失敗しないツールの選び方をご紹介しています。
ぜひ本ページのフォームから資料をダウンロードください。

いまさら聞けない「RPA」とは?

[目次]
・働き方改革とDXを実現するRPA
・いま日本でRPAが注目されている背景とは?
・RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)とは?
・RPAロボットにはどんなことができる?
・たとえば、こんな業務がRPAのロボットで自動化できます
・失敗しないRPAツールの選び方とは?
・UiPathのRPAをご利用いただく5つのメリット
 - 選べる2つの開発スタイル
 - 拡張が容易な製品構成
 - 他のツールやシステムとの高い親和性
 - 選べる開発環境
 - 安全・堅牢な管理機能
・UiPathで業務自動化のライフサイクルがすべて一つに
・充実したオンラインコミュニティや学習サービス