世界経済に対するUiPath RPAの貢献度を検証したIDC社の本リサーチでは、「UiPathユーザーがRPAソフトウェアの活用により期待できる経済効果は、2021年の70億ドルから2025年の550億ドルへと非常に速いスピードで増加する」と述べられています。

雇用の創出と人材開発に貢献

このような成長の一部となっているのが、UiPathが創出する新たな雇用で、UiPath RPAを使用することで2025年までに73,000の新たな雇用が創出されるとIDC社は予測しています。

自動化は全く新しい仕事を産み出す
すべての新しいテクノロジーがそうであるように、自動化も、組織にとっては恐れる存在となる可能性があります。ソフトウェアロボットに職を奪われるのではないか?自動化によって失業者が増えるのでは?将来はどうなるのか?確かにRPAは、人による作業を自動化しますが、その一方で、数々の新しい市場の経済成長により、新しい仕事が創出されます。

IDC社の予想では、RPAによって不要になる仕事1件につき、新しい仕事が2件創出されます。この割合は、今後のRPAの進化に基づいて時間とともに変化し、RPAによって不要になる仕事1件につき、創出される新しい仕事は4件に増加する可能性もあります。

自動化はキャリアアップの機会への道を拓く
企業が、デジタルトランスフォーメーション(DX)へ優先的に取り組む中、自動化が実現する生産性とイノベーションの可能性を最大限に引き出すために、各社は従業員のスキルアップを急ピッチで進めています。

UiPathパートナーエコシステムが、世界中で成長を後押し
世界4,700社以上のパートナーで構成されているUiPathのエコシステムも、この貢献の一翼を担っています。IDC社は、UiPathおよびUiPath社のパートナーエコシステムを活用することで、今年は50億ドル、2025年末までに164億ドルが創出されると予測しています。また、UiPathおよびパートナーエコシステムは、2025年末までに40,000人以上を雇用し、2021~2015年の間に521億ドルの収益を生み出すと予測しています。

本レポートの全文は、本ページのフォームから無料でダウンロードいただけます。

economic-impact-of-uipath-rpa-image-of-a-book

[目次]
• エグゼクティブサマリー
- 調査概要
• ロボティックプロセスオートメーションの経済効果
- 労働者に対するロボティックプロセスオートメーションの影響
- ロボティックプロセスオートメーションによるスキル向上
- 提供システム:UiPathエコシステム
- ロボティックプロセスオートメーションと専門サービス
- ロボティックプロセスオートメーションのソフトウェア市場のトレンド
- 主要課題
• 調査方法
- UiPathロボティックプロセスオートメーションの経済効果のモデリングへのインプット
- UiPathのエコシステムモデル
- UiPathの調査
• 結論
• 補遺
- ロボティックプロセスオートメーションの到達可能範囲
• アナリストについて