<img src="//trc.taboola.com/1222697/log/3/unip?en=page_view" width="0" height="0" style="display:none">

デジタルトランスフォーメーションが、ここ数年で本格的な潮流となり、企業や社会を席巻してきた。デジタル技術の発展に伴い、顧客のニーズもより多様なものに変化し、デジタル化の波は、保険業界の業務に大きな変革をもたらしている。

保険業界では、大企業を中心に、デジタルトランスフォーメーションが本格化の兆しを見せている。デジタル革命の技術は近年目覚ましいスピードで進化を遂げており、先行企業は自動化ソリューションの実装をスタートしている。さらに、AI とコグニティブツールの進化を背景に、 RPA 連携によるインテリジェントオートメーションが実現しようとしている。テクノロジーの高度化と急速に変化するビジネス環境の変化に直面している保険会社は、デジタル化の取り組みを最重要の経営課題と認識している。デジタル化により新たな競争優位を確立することは、保険会社にとってもはや待ったなしであり、そのためにRPA という列車に乗り遅れてはならない時代がきている。

wp_insurance-1

本稿では、ロボティックプロセスオートメーション (RPA) が保険業界にもたらすメリットや、RPA がいかに保険業界が抱える課題へのソリューションとなるのかを考察し、実際の導入事例を紹介するとともに、RPA を構築する上でのガイドラインを提示する。

資料ダウンロードはこちらから: