アジャイル開発の浸透などでいまソフトウェアテストは課題が山積みに

アジャイル開発の浸透によるデグレの増加や回帰テストの工数肥大化、テスト現場の人材不足、なくならない"Flakey"なテストの対策など、ソフトウェアテストはいま多くの課題に直面しています。品質とスピードを両立するにはまた、ビジネスのスピードが加速する中で、品質とスピードの両立が追いつかず、ソフトウェアテストのひとつの理想形とされる「テストピラミッド」モデルに従ってテストをおこなう余裕がなくなり、リリースに間に合わせるために大量のテストを手動のE2Eテスト(End to Endテスト、UIテスト)でまかなうという、いわゆる「アイスクリームコーン」モデルに陥ってしまうというケースが増え、結果的にテスト全体の負荷を上げてしまっています。

ひとつの理想形とされる「テストピラミッド」と、陥りがちな「アイスクリームコーン」

テスト自動化ソリューション UiPath Test Suiteを使う5つの理由このような課題は、テスト全般のプロセスを自動化することで防ぐことができます。本資料では、テストの自動化によって実現したいゴールを明確にし、テスト自動化の方法を選定するシーンにおいて、UiPath Test Suiteを導入する5つのメリットを、UiPath Test Suiteの製品構成、ネットスーパーの構築におけるテストを自動化したオーケー株式会社の導入事例などをまじえてご紹介しています。

ぜひ本ページのフォームから資料をダウンロードください。