「UiPathデリバリーアセスメント」を無料公開

RPAは、働き方改革や業務効率化の切り札になるテクノロジーとして注目されていますが、その導入プロジェクトを成功に導くためには、ガバナンスやルールが重要です。大規模な導入プロジェクトはもちろん、導入間もないプロジェクトであっても、必要なガバナンスやルールが定められていないことにより、保守・運用に課題を抱えているというユーザーの声もあがっています。

このような課題に対して、UiPathデリバリーアセスメントは、企業のUiPath導入プロジェクトにおける考慮漏れや準備不足を未然に防ぎ、高品質な開発を実現できるよう支援するものです。

Slide1-1

UiPathデリバリーアセスメントは、RPA導入に初めて取り組む企業からRPA導入の経験が豊富な企業まで幅広く使用いただくことを想定しています。UiPathデリバリーアセスメントを利用することでUiPath導入におけるプロジェクトマネジメントおよびワークフロー開発が、適切な基準のもと実施されているかについて、ユーザー企業自身がセルフチェックすることができます。UiPathデリバリーアセスメントは、以下2つの要素をセルフチェックするためのチェックシートとツールをパッケージ化して提供します。

  1. 「プロジェクトマネジメントアセスメント」:プロジェクトマネジメントアセスメントシートを使って、UiPath導入プロジェクトにおける成果物やプロセスの存在有無を確認し、プロジェクトマネジメントが適切な基準のもと実施されているかを評価する

  2. 「デベロップメントアセスメント」:チェックリスト、品質評価キット、品質確認ツールを用いて、ワークフロー開発がコーディング品質に関するルールに準拠して行われているかを評価する

IT-system-connection

UiPathデリバリーアセスメントを利用することで、UiPath導入プロジェクトにおけるガバナンスやルールを明確にし、ユーザー企業自身が簡単にチェックできるため、コストを掛けることなく、高品質な開発やプロジェクトの改善行動につなげることが可能になります。