ビデオチュートリアル

ビデオチュートリアル

Excelとデータテーブルの自動化

ワークブックとは、あらゆるデータ、形式、レイアウトを持つExcelファイルのことを指します。

データテーブルは、行と列で構成される簡単なスプレッドシートデータであり、見出しの指定は任意です。

Excel Application Scopeアクティビティは、他のExcelアクティビティと連携するコンテナの役割を果たします。このアクティビティでは、ターゲットとなる.xlsxファイルを指定します。

また、Visibleプロパティを無効にしておけば、MS Office Excelがインストールされていない環境でも使用できます。

このチュートリアルでは、よく使用されるExcelアクティビティとして、Read RangeWrite RangeAppend RangeSort TableRead CellWrite Cellについて説明します。また、DataTableアクティビティとして、For Each RowOutput Data TableGet Row ItemAdd Data RowBuild Data Tableについて説明します。