ビデオチュートリアル

ビデオチュートリアル

 レコーディング

このチュートリアルでは、次の内容について学習します。

  • 各種レコーダータイプの類似点と相違点
    • Basic – アクティビティごとにフルセレクターが生成されます。コンテナは生成されません。作成されるワークフローはコンテナを使用するワークフローよりも低速なため、単一のアクティビティに適しています。
    • Desktop – あらゆるタイプのデスクトップアプリと複数のアクションに適したレコーダーです。Basicレコーダーよりも高速です。生成されるコンテナ(最上位レベルのウィンドウにあるセレクター)にはアクティビティと、各アクティビティのパーシャルセレクターが含まれます。
    • Web – ウェブアプリとブラウザ(Internet ExplorerとGoogle Chromeをサポート)向けのレコーダーです。コンテナが生成され、Simulate Type /Click入力メソッドがデフォルトで使用されます。
    • Citrix – 仮想環境(VNC、仮想マシン、Citrixなど)とSAP向けのレコーダーです。画像、テキスト、キーボードの自動化のみをサポートし、明示的な位置指定が必要です。
  • 様々なタイプのアプリケーションに含まれるアクションとのインタラクションや記録を、自動レコーダーで実行する方法
  • カスタムアプリの入出力データを手動で記録する方法
  • ワークフローとそのアクティビティのパラメーターを変更する方法
  • レコーダーを使ったタスクの自動化と手動タスク