お客様が直面する現実の課題を解決し
ROI を加速する UiPath の実用的な AI

AI スキルを活用してさらに広がる RPA の可能性


※英文コンテンツとなります

AI スキルを学習し続けるロボット

ロボティックプロセスオートメーション (RPA) が登場した当初、ロボットを使用することで、働く人々は日常の繰り返し業務から解放され、問題解決や付加価値の創出に集中できるようになりました。

 

AI の恩恵を受け、ロボットは新しいスキルを学習し続けていきます。AI を活用することでロボットは UI 要素と連携し、タスクの遂行、文書の読み取りと処理、自然言語を使用したコミュニケーション、そしてプロセスの分析と最適化の実行を可能にします。

 

UiPath  が AI で注力する 4つの 重点領域

画像認識・解析
画像認識・解析

人と同じレベルの精度で UI 要素を認識できるため、テクニカルセレクターや API を使用する必要性が減り、たとえソフトウェアをアップグレードしてもワークフローの信頼性を維持することができます。

文書変換・解析
文書変換・解析

請求書データの抽出や処理はもちろん、決まったテンプレートのない領収書や経費書類の処理といった非構造化データ (定型的に扱えないデータ) の新しい情報源にも対応可能です。

プロセスマイニング
プロセスマイニング

ユーザーの行動を観察することで、共通する業務やプロセスを自動的に発見し学習します。期待される ROI に基づき、特定したプロセスの中で自動化できる作業に優先順位をつけ、既存のデザインをベースにして、さらなる効率化を実現するロボットの設定を自動的に生成します。

会話変換・解析
会話変換・解析

入力されたテキスト、チャット、音声データの感情を分析・分類し、適切な作業担当チームに自動的に割り振ります。また、チャットボットや音声アシスタントを通じて寄せられたリクエストや操作を実行します。

 

UiPath は 60 社以上の AI テクノロジーパートナーと提携し、業界およびソリューションに特化した専門性の高い AI スキルを提供します。

AI テクノロジーパートナーの一覧については UiPath Go! をご覧ください

※英文コンテンツとなります

UiPath Go!
UiPath Partners 1
UiPath Partners 2
UiPath Partners 3
 

ドラッグ&ドロップによるAI実装

わずか 3 ステップでワークフローに AI スキルを追加


1

UiPath Studio を起動

 
2

自動化ワークフローの中に AI スキルをドラッグ&ドロップ

 
3

AI スキルのパラメーターをカスタマイズ

AI が生み出す新しい可能性について問合せる

弊社担当者から詳しくご説明させていただきます。
※英文コンテンツとなります

Contact Us