トライアルの開始

UiPath Orchestrator

大規模運用での
ロボット展開と管理

Orchestrator Logo

Orchestratorは、自動化の運用管理の心臓部にあたります。Orchestratorを使用すれば、組織内のすべてのロボットのプロビジョニングから、展開、実行、監視、測定、追跡、セキュリティの確保まで、あらゆることをブラウザまたはモバイルデバイスから管理できます。

module.video.video_thumb.alt Play Video Button

総所有コストを大幅に削減

ゼロタッチプロビジョニング、容易に接続可能なエンタープライズ資格情報ストア、ユーザーを Active Directory グループに追加するだけの展開プロセスにより、自動化のスケーリングが業務や経費予算の負担にならずに対応することが可能です。

UiPath-Orchestrator_GetVeryHappy_image

完全な監査証跡でコンプライアンスを維持

Orchestrator は、すべてのロボットが何をしたか、また人がロボットを使って何をしたかをすべて追跡、ログを記録するので、コンプライアンスと安全性を維持できます。ダッシュボードとUiPath Insightsをドリルダウンすれば、稼働状況から 投資対効果(ROI) までを完全に把握できます。

UiPath-Orchestrator_Keep_compliant_Image

価値あるつながりを実現

Orchestrator を使用すると、ソフトウェアやサードパーティ製品との連携が可能になり、様々なソリューション連携の選択肢が得られるほか、巨大な RPA コミュニティやUiPath Connectマーケットプレースにもアクセスできます。

orchestrator-great-connections-image@2x
orchestrator-webinar-img

ウェビナー

製品紹介 “UiPath Cloud 版 Orchestrator”

今すぐ見る

最も優れた最新版

継続的な改善、先を見越したデリバリ、下位互換性。

Orchestratorの機能については、UiPath Orchestrator スターターガイドもご覧ください。

seamless-integration

エンタープライズディレクトリのほか、Active Directory、CyberArk、Azure Key Vaultといった認証システムとの着脱可能な統合により、管理がさらに容易に

process-identification

Long-Runningワークフローにより、人間介入型(ヒューマン・イン・ザ・ループ)の自動化が可能になり、Unattended ロボットは人間の判断を待つ間に他の仕事を遂行します

cultural-acceptance-1

キューには SLA、スキーマの強化、キューのコピー/編集、および新規アイテムに基づくトリガーが含まれます

robot-unattended

Unattended ロボットが、1 つの Windows セッションで UI なしの同時複数プロセスの実行をサポートし、ハードウェアの使用率を向上させます

read-guidelines

Active Directory に対応したモダンフォルダーの設定により、AD グループへの人手を介さない実行を実現、これによりコンプライアンスを強化することが可能になります

big-scale

完全にプロビジョニングされた Orchestrator 機能へ 1 分以内にアクセスできるほか、UiPath Automation Cloud により必要に応じて無限に拡張可能です

 

Orchestrator により、デリバリ方法を問わず一貫したユーザーエクスペリエンスを実現

Orchestrator は、サポート対象のすべてのロボットバージョンで動作することが実証されています。
すべてのデリバリ方法に対して、UiPath サポートオプションが提供可能です。

UiPath Automation Cloud

  • 高速プロビジョニング付きの SaaS
  • UiPath による管理
  • UiPath による更新 (月 2 回)
  • エンタープライズに対してアップタイム保証を含む

サードパーティクラウド

  • IaaS/PaaS 顧客によるインストール
  • 顧客/サードパーティによる管理
  • 顧客/サードパーティによる更新
  • 高可用性オプション

オンプレミス

  • オンプレミスでの顧客によるインストール
  • 顧客による管理
  • 顧客による更新
  • UiPath 高可用性アドオンオプション

デジタルワークフォースを安全かつ
エンタープライズ規模で管理