<img src="//trc.taboola.com/1222697/log/3/unip?en=page_view" width="0" height="0" style="display:none">

数々のロボットをまとめる
「指揮者」として

デジタル ワークフォースを安全かつ全社規模で管理

video thumb Video Play Button
 

UiPath Orchestratorは、UiPath Robotsの大規模なデプロイ、保護、管理を容易に可能にする一元化されたロボット管理ダッシュボードです。


Orchestrator があれば、ハイパフォーマンスな全社規模のデジタル ワークフォースを、どこからでも提供できるようになります。

 

柔軟な管理

希望に沿った方法でデプロイでき、管理者向けの最先端のエクスペリエンスと
オープンなプラットフォームを利用できます。



Video Play Button Video Placeholder
 

豊富な展開方法の選択肢

お客様のクラウドと UiPath のクラウド両方を念頭に、豊富な展開方法をお選びいただけます。
UiPath Cloud Platform の簡単な紹介動画でお確かめください。(英語)

 

 

柔軟性に優れたデプロイ モデルを利用して、お客様の IT 標準に合わせて小規模にスタートし、
スピーディに拡大することが可能です。

UiPath-Orchestrator_illustration_v1-3

一貫性のある
自動化エクスペリエンス

オンプレミス、Iaas、Paas、SaaS、ハイブリッドから選択可能

複数のパブリッククラウド
プロバイダーを利用可能

video thumb Video Play Button
 

Orchestrator Mobileアプリで外出先でもRPAをモニタリング


場所と時間に関係なく、ロボットの状況を安全に確認し、ジョブを管理できます。

リアルタイムのアラートでロボットのパフォーマンスと稼働状態を把握。進捗状況を視覚的に確認できます。

ロボットの現在のジョブと、ロボットが使用中のマシンをひと目で把握できます。

ロボットの詳細スケジュールやライセンスの利用状況も漏れなく把握することができます。


App Store またはGoogle Playでアプリを入手する

 

エンタープライズレベルの保護機能

世界の 60 を超える行政機関や数千社もの企業が厚い信頼を寄せる UiPath Platform のセキュリティと監査機能があれば、組織にとって最も重要な各種法規制への準拠を簡素化できます。

デジタルワークフォースのセキュリティを確保

CyberArk Enterprise Password Vault が、ロボットの資格情報を安全に保管し、特定のロールや責任に対するアクセスを制限します。

Orchestrator へのアクセスには SAML 2.0 によるシングル サインオンを適用。組織の標準的な資格情報を使用しつつ、セキュリティ体制を強化できます。

スマートカードを使用することで、セキュリティをさらに強化し、データ侵害のリスクを低減できます。スマートカードをサポートする Orchestrator では、Unattended ロボットの稼働においても高水準のセキュリティを変わらず維持できます。

 

 


あらゆる項目を監査し、お客様に合わせて改善

ロボットとユーザーのすべてのアクティビティを Orchestrator に記録できるだけでなく、監査とコンプライアンスに関するお客様の要件をすべてサポート可能です。

 

Insights

強力な分析機能を活用し、パフォーマンスを隅々まで可視化します。

Media 2

リアルタイムのモニタリング

Orchestrator に組み込まれたリアルタイム ダッシュボードに、実装されているデプロイ済みの各ロボット、キュー、ジョブ、その他あらゆる関連情報の統計データが時系列で視覚的に表示されます。さまざまな自動化プロジェクトを常に 1 か所から簡単に監視できます。

Media 3

高度な分析機能

より詳しい分析には UiPath Insights を利用できます。実装デプロイした環境全体をエンドツーエンドで可視化する UiPath Insights により、KPI に従って自動化を測定、報告、調整し、ビジネス インパクトを算出できます。KPIはカスタマイズ可能です。

スケーラブルな自動化

ecosystem_icon_56px
ロボットのパフォーマンスを監視

ロボットの正常な稼働と適切なパフォーマンスを維持し、問題発生時には瞬時にアラートで知らせます。

ecosystem_icon_56px
資格情報管理

資格情報は、Active Directory または暗号化 (AES 256) してサーバーのデータベースに保管できます。 ロボットのログイン資格情報は、CyberArk® Enterprise Password Vault® のようなサードパーティによるエンタープライズ対応の資格情報ストアで保護できます。

ecosystem_icon_56px
クラウド対応のデプロイ

Microsoft Azure または Amazon WebCloud Serviceにデプロイすることで、高い可用性とスケーラビリティを実現できます。

ecosystem_icon_56px
リモート コントロール

プロセスのデプロイ、監視、廃止など、Unattended ロボットの制御をリモートで実行できます

ecosystem_icon_56px
マルチテナント

RPA を導入・デプロイするグループごとに安全かつ隔離された領域を提供することで、運用効率とコスト効率を最大化できます。

ecosystem_icon_56px
ウェブベースのコントロール センター

ロボットに関する重要指標を集約・表示できます。トランザクション キュー、ワークロード管理、スケジュール設定、ライセンス管理、デプロイ、再割り当て、廃止など、ロボット管理を支援するさまざまな機能を提供します。

ecosystem_icon_56px
キューのSLA

New

SLA を遵守できないリスクがキュー アイテムに発生した場合、キューの SLA アラートが状況を通知し、必要な追加ロボット数を提案します。 キュー アイテムが追加されると、キュー トリガーがプロセスを自動的に開始するため、複数のプロセスのスケジュール調整は必要ありません。キューの編集機能により、既存のキュー アイテムの優先度や期限日を変更したり、トランザクションを延期したりすることが可能です。

ecosystem_icon_56px
アセット管理

アセット (再利用可能なリソース) は安全に保管され、必要に応じてロボットに提供されます。

ecosystem_icon_56px
ロールベースのアクセス制御(RBAC)

ロールベースのアクセス制御 (RBAC) システムにより、プラットフォームのあらゆる要素を対象に、リソースを分類・隔離できます。

ecosystem_icon_56px
モバイル

Orchestrator Mobile アプリを使って、全世界のデジタル ワークフォースを外出先から管理できます。

ecosystem_icon_56px
リリース管理

プロセス オートメーションの更新のリリースを管理してロボットのグループに適用し、実行できます。公開済みプロセスの複数のバージョンをサーバーに保持しておくことで、ロールバックにも対応します。

ecosystem_icon_56px
モニタリング、ロギング、監査

ユーザーとロボットのすべてのアクションを追跡できるため、正確な監査報告書を迅速に作成できます。

ecosystem_icon_56px
連携 API

Orchestrator では、強力な API を活用して、ERP、BPM、その他あらゆるサードパーティ システムと、REST ベースのウェブ サービス上で連携できます。

ecosystem_icon_56px
実行スナップショット

無人の (ユーザーの操作を伴わない) 自動化が正常に実行されなかった場合、Orchestrator が保持するスナップショットをオンデマンドで表示することで、直前の稼働状況を把握し、トラブルシューティングを効率化できます。

ecosystem_icon_56px
Webhooks

Orchestrator のさまざまな種類のイベントを、Webhook を通して外部システムが登録しリッスンすることで、連携が簡素化されます。

ecosystem_icon_56px
ライセンス管理

ライセンスの確認とユーザーへの割り当てを管理することで、ライセンスのリクエストや更新を簡素化できます。

ecosystem_icon_56px
高可用性アドオン

New

複数の Orchestrator ノード間でキャッシュと同期を実行する場合に、ロボット ワークフォースの連携対象を、正規サポート対象の UiPath ソリューションに限定します。高可用性と地理冗長性が求められるアーキテクチャに必須の機能です。

ecosystem_icon_56px
Active Directory 連携

New

Enterprise Active Directory のユーザーおよびグループを、Orchestrator 内で直接操作できます。ユーザーやグループの変更が発生しても、インポートやセカンダリ ディレクトリの管理は必要ありません。

今すぐ UiPath を開始しましょう

UiPath は、お客様による RPA の取り組みを、あらゆる方法でサポートします。