ウェビナー

エキスパートからベストプラクティスを学ぶことができます。

フィルタリング

業種
部門
トピック
ウェビナータイプ

もっと見たいですか?グローバルのコンテンツを見に行く

英語のリソースを見る
ウェビナーアイコン - 白dev dive thumbnail (ja-JP)

ウェビナー

生成AIの有識者が語る​ UiPathと生成AIを組み合わせた活用方法

3月7日(木)開催:このウェビナーでは、まずTeams/Slackから生成AI経由でUiPathを呼び出す手法に焦点を当てます。TeamsとSlackを利用したシームレスな連携を通じて、対話形式で社内システムなどの操作を可能にします。また、その連携において権限管理やエラー処理、ガバナンスやヒューマンバリデーションなどAIを業務で使う上で必ず必要となる機能群を...

ウェビナーアイコン - 白UiPath最大の開発者向けイベント​ DevCon 2024総集編

ウェビナー

UiPath最大の開発者向けイベント​ DevCon 2024総集編

3月13日(水)開催:このウェビナーでは、2月にインドで開催されたUiPath最大の開発者向けのイベント「UiPath DevCon 2024」の現地レポートと当日のセッションの概要をお伝えいたします。当日発表された新機能のアップデートや、各製品のディープダイブセッションの内容をぎゅっと凝縮し1時間でお伝えする予定です。生成AIとの連携や、APIを用いた自動...

ウェビナーアイコン - 白dev dive thumbnail (ja-JP)

ウェビナー

【Dev Dives】IDP、AI-OCRの世界の進化​ ~生成AIを搭載したActive Learningで変わるAIの学習~

2月28日(水)開催:このウェビナーでは「UiPath Document Understanding」の強力な機能を実際のデモを通じて深く掘り下げていきます。​ 2024年1月にリリースされた新しいモデル学習体験「Active Learning」を中心に、その活用方法と学習のポイントなどの詳細を解説します。

ウェビナーアイコン - 白dev dive thumbnail (ja-JP)

ウェビナー

【Dev Dives】初心者のためのLINQ : Studioで始めるデータ処理

このウェビナーでは、RPA開発の中心となるデータ処理を効率化するための強力なツールであるLINQ(Language Integrated Query)に焦点を当てます。多くのRPA開発者が直面する配列やデータテーブルの操作における課題を、LINQを使用して解決する方法を学びます。 LINQの基本概念から始め、UiPathにおけるその具体的な応用方法のいくつか...

ウェビナーアイコン - 白dev dive thumbnail (ja-JP)

ウェビナー

【Dev Dives】テストの専門家が語る 自動テストに臨む際に持っておきたい考え方

「UiPath Test Suite」は、皆様が日ごろ手作業や目視でテスト・動作確認を行っているRPA、デスクトップアプリケーション、Webシステム、モバイルネイティブアプリ等を対象に、自動テストをローコードで構築していただくためのソリューションです。 このウェビナーでは、UiPath Test Suite のみならず、自動テストを構築する際のコツやTips...

ウェビナーアイコン - 白FORWARD VI Japan

ウェビナー

製品セッション:UiPath開発ツール キーノート - FORWARD VI Japan アーカイブ

UiPathの自動化を行うための開発者向け製品は進化を続け、ユーザーの効率化を実現していきます。本セッションでは開発者向け製品の最新機能および最新ロードマップの情報をご紹介いたします。 生成AIと自然言語処理を連携したオートメーションの実行 ブラウザから直接実行されるクロスプラットフォームオートメーション API自動化による高速化とIT管理者の負担削減

ウェビナーアイコン - 白FORWARD VI Japan

ウェビナー

製品セッション:CoEリーダーとIT部門向け キーノート - FORWARD VI Japan アーカイブ

UiPath Business Automation Platform にはCoEリーダーやIT部門がオートメーションプロジェクトを推進するための機能を備えています。本セッションでは、企業における UiPath Business Automation Platformの拡張と管理を容易に行っていく方法、プラットフォーム全体の信頼性とセキュリティに関する最新情...

ウェビナーアイコン - 白FORWARD VI Japan

ウェビナー

製品セッション:AIを搭載したテスト製品 キーノート - FORWARD VI Japan アーカイブ

2020年にUiPathはRPA技術を活用したテスト自動化ソリューションとしてTest Suiteを発表しました。そのわずか1年後には強固な自動化と管理により、IDCからクラウドテストのリーダー製品として高く評価されました。現在、UiPath Business Automation Platformにより、特化型AIテスト機能が搭載され、Test Suite...

ウェビナーアイコン - 白FORWARD VI Japan

ウェビナー

事例講演:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 CTCの企業変革のスピードを加速させる【UiPath Business Automation Platform】

お客様にUiPathを提案・提供しているCTCは、社内でもUiPathをフル活用し企業変革を加速しております。創業50年を迎えたCTCがこの先の50年も輝き続けるためBPRを含めた抜本的な社内変革を進める一方、現場業務の喫緊の課題へのアプローチとして、Think Automation Firstのもと、短期的な成果を上げはじめております。UiPathのパート...

ウェビナーアイコン - 白FORWARD VI Japan

ウェビナー

AIと自動化が開く新たな道:UiPath連携事例による変革と挑戦 - FORWARD VI Japan アーカイブ

ディストリビュータとしての支援内容のご紹介 / UiPath+AI連携事例 / SB C&SのAI活用事例

ウェビナーアイコン - 白FORWARD VI Japan

ウェビナー

RPAが拓く、AI活用の新展開

「AIは具体的に何に使えるの?」「AI活用の真のメリットは?」「AIを使える環境作りは?」といったAIにまつわる問いかけが増えてきました。AI活用の推進・実装・定着のためには、RPAを上手に組み合わせることがカギになるとISIDは考えます。AIにRPA、さらに人が組み合わさることで、ビジネスプロセスはよりシームレスなものになっていくでしょう。その具体例をご紹...

ウェビナーアイコン - 白FORWARD VI Japan

ウェビナー

製品キーノート:AIを搭載したUiPathプラットフォームにより、あらゆる人の生産性を向上 - FORWARD VI Japan アーカイブ

ユーザーのAI活用の加速を目的とし、UiPath製品開発組織では多くの取り組みが行われており、UiPathはAIを搭載したオートメーションプラットフォームを実現しユーザーへ提供しています。本セッションでは、UiPathの最新の製品戦略、製品ロードマップ、近日リリースされるAIを搭載した新機能をご紹介します。各製品機能の日本語の対応状況についても併せてご紹介い...