<img src="//trc.taboola.com/1222697/log/3/unip?en=page_view" width="0" height="0" style="display:none">

自動化のキャンバス:

UiPath Studio

自動化の開発を簡単に

視覚的に自動化をデザイン

数百のアクティビティテンプレートやコンポーネントをドラッグ・アンド・ドロップし、視覚的に自動化をデザインしましょう―「いやな作業は、自動化してしまおう!」と言葉にするよりも速く、開発が済んでしまいます。

studio-asset-1@2x

自動化をすべての人に

tap-touch
使いやすく簡単

視覚的に、ドラッグ・アンド・ドロップを使って、コーディングをすることなく開発ができます。トレーニングを受ければ、誰でも自動化が可能です。

documents
テンプレートを使ってスマートに

数百のテンプレートや、既成の自動化コンポーネントを使ってすぐに自動化の開発に取りかることができます。

ecosystem_icon_56px
コラボレーションし共有しよう

チームをあげて自動化に取り組みましょう。組織を横断して自動化のコンポーネントやリソースを共有しましょう。

開発者にとって最高の自動化エクスペリエンス

より迅速な開発を

ワークフローレコーダーやウィザードを使い、デスクトップアプリケーションやウェブアプリケーション、Citrix環境やターミナルエミュレーターなどにおける人間の操作を自動化しましょう。

迅速で容易なトラブルシューティングのためには、ビジュアルデバッガーがエラーをハイライトし、メッセージを表示します。

より高度な自動化を

パワフルで複雑な自動化をしましょう―カスタムVB.NET、Python、AutoHotkey、JavaScript、PowerShell、Javaなどのコーディングを、ダイレクトにワークフローに組み込むことができます。

ドラッグ・アンド・ドロップでAIスキルを自動化に組み込みましょう。実用的に、シンプルにAIの技術を使うことができます。

ともに自動化を

ソースコントロール、パワフルな連携、ワークフロー分析を使い、開発チームのコラボレーションを加速させましょう。

作成したコンポーネントを組織の中で共有することも、UiPathのパートナーのコンポーネントをマーケットプレイスUiPath Go! からダウンロードすることもできます。

今日からUiPathで自動化を始めましょう

お好きな開発ツールをお選びいただけます

UiPath Studio

すべての自動化機能を使い、より高度なアクティビティやパワフルなデバッグツールによってUiPathが実現する高度な自動化を実現しましょう。

無料トライアルを始める

UiPath Studio X

専門的なコーディングの知識や組織なしで、どんな人でも迅速・簡単に自動化が可能です。

無料トライアルを始める

hide

rpa-developer
Project explorer

たくさんのワークフローのファイルを閲覧、ナビゲート、テスト、管理することができます。

documents
Project templates

ログ、例外処理、アプリケーションの初期化など、革新的な自動化のテンプレートがご利用いただけます。

complete-audit
Source control

Git、TFS、VSTS、SVNなどとダイレクトに連携します。

special-link
アクティビティ・ライブラリー

既成の、ドラッグ・アンド・ドロップテンプレートで、RPAやAIの豊富なコレクションにアクセスできます。

web-scraping
Universal search

自動化に関わるすべてのリソース(ライブラリー、アクティビティー、プロジェクト、オープンワークフロー)を横断して検索が可能です。

read-guidelines
文書化のルール

正確な知識の共有やエラーのチェックをおこないましょう。ワークフローアナライザーは自動化の実装が正しく行われていることを保証します。

monitoring
Modular architecture

ウィザードやプラグインを作成し、パッケージマネージャーを使ってそれらを実装しましょう。Studioではアクティビティパッケージやウィザード、レコーダー、カスタムプラグインをインストールすることができます。

automation
Test your workflows

視覚的で、ステップ・バイ・ステップのプロセス実行、ブレークポイント、ターゲット要素のハイライトなどの機能で、自動化したプロセスの分析をしましょう。Global Exception Handlerを使って、デバッグを簡素化し、予期せぬエラーをキャッチすることができます。