<img src="//trc.taboola.com/1222697/log/3/unip?en=page_view" width="0" height="0" style="display:none">

ナレッジベース

UiPathを利用中の環境をWindows 7からWindows 10へ移行する場合

 

概要

Microsoft Windows 7は、2020年 1月14日に延長サポートが終了します。そのため、現在、UiPathソフトウェアをお使いいただいているユーザーの皆様から、Windows 10へのバージョンアップに関するお問い合わせを複数いただいております。

本稿では、UiPathソフトウェア(主にStudioおよびRobot)をご利用いただいている環境の、OSバージョンアップに関する注意事項・発生しうる問題について記載いたします。

 

1. バージョンアップ作業に伴うライセンス認証について

OSバージョンアップに関連して、ライセンス認証に関する問題が発生するケースがございます。以下をお読みいただき、OS更新の方式にあわせてご対応ください。

尚、UiPath Orchestratorを使用してライセンス管理を行っている場合は、Device IDは使用されませんので、下記のディアクティベーション・アクティベーションによる対応は不要です。

 

現在ご利用中の端末のOSバージョンアップを行う場合

 

UiPathでは、ライセンス管理に端末の複数の情報を用いてDevice IDを生成し、これにライセンスを紐づける方式を使用しております。
現在、Windows 7からWindows 10にバージョンアップを行った際に、このDevice IDが変化するケースを確認しております。Device IDが変化してしまうとライセンスの再登録を行うまでソフトウェアがご利用いただけなくなります。

 

そのため、OSのバージョンアップ前には、以下のどちらかをしていただくことを、強くお勧めいたします。

  1.  
  2. 1.OSバージョンアップ作業前に、UiPath ソフトウェアをディアクティベーションしていただき、バージョンアップ完了後、再度アクティベーションを行っていただくことで、問題を確実に回避できます。ディアクティベーションの方法はこちらをご参照ください。(オンライン環境ではdeactivateコマンド、オフライン環境ではget-deactivation-certコマンドをご参照ください

  3.  
  4.  
  5. 2.OSバージョンアップ作業前に、現在ご利用いただいているUiPathソフトウェアのDevice IDを記録し、バージョンアップ後にライセンスエラーが発生した際、対象のDevice IDを記載の上、テクニカルサポートにお問い合わせください。インストール状況を調査の上、再アクティベーションできる状態にいたします。

 

上記 2. の方法での対応は、確認作業を含めて数営業日ほどいただく場合がございますので、弊社といたしましては、1. の方法をお勧めいたします。

 

Windows10の端末にハードウェアも交換される場合

 

こちらをご参照いただき、交換前の端末でのディアクティベーション必ず行ってください。
ディアクティベーションを行わずに端末を廃棄・初期化してしまった場合、当該ライセンスコードの復旧にお時間をいただく場合がございます。

2. バージョンアップに伴うワークフローの修正について

 

UiPathのソフトウェア製品は、サポート対象となる各OSでの動作を確認しており、OSの変化そのもので動作が変化することは通常ございません。

しかしながら、OSを更新することによりOSの動作が変更になったりアプリケーションの表示形式(UI)が変更される等の影響は受けるため、ワークフローの修正が必要になる場合がございます。

 

UIの変化が発生するケース

 

Windows 7とWindows 10 ではウィンドウ等の画面デザインや標準のフォントが変更されています。そのため、UIに対する画像認識を使用しているワークフローは処理対象の画像の再設定が必要になる場合がございます。また、OCRを使用してのUI認識等を行っている場合、OCRの精度に影響が出る可能性がございます。

 

Windowsそのものではございませんが、Windows 10への更新と同時に、たとえばWordやExcel等、自動化の対象として使用されるソフトウェアも更新する場合、そちらの仕様の変化による修正が必要になる場合がございます。

 

他に、Microsoft Officeソフトウェアの連携につきましては、Excel Application Scope等、UiPath側で用意している機能はそのままご利用いただけますが、ツールバーの表示がバージョン間で異なったり、OSの機能を使っているためにWindows7とWindows10で表示がことなったりする場合があり、主にUIに関連する処理の修正が必要となる可能性がございます。

 

OS標準付属のアプリケーションが変更されているケース

 

たとえば「コントロールパネル」等の設定機能、「電卓」「ペイント」等のOS付属のソフトウェアが、OSのアップグレードに伴い更新されます。
そちらを用いた自動化を行っている場合は、ワークフローの修正が必要かご検証ください。

 

フォルダ構成が変化するケース

 

従来、32bit版のWindowsを利用されている場合、各種アプリケーションのインストール先は初期設定では「C:\Program Files」となっています。


Windowsのアップグレード(またはPCごと交換する場合)において、64bit版に切り替えると、ソフトウェアによってインストール先が「C:\Program Files (x86)」と「C:\Program Files」に分割されます。


そのため、アプリケーションの起動を伴うアクティビティ(Start ProcessやOpen Application等)の設定を変更する必要が発生する場合がございます。

 

3. UiPath製品の対応バージョンについて

UiPath製品のWindows 10上の動作につきましては、より新しいUiPath製品バージョンにおいてユーザ様による動作実績および製品改善のサイクルが行われております。そのため、併せてのUiPath製品のバージョンアップについてもお勧めしております。


本稿作成時点で、UiPath 2018.4.3が最新バージョンとなります。尚、UiPath 2018.3以降は.NET Frameworkの必須バージョンが4.6.1に変更されております。


UiPath製品のバージョンアップにつきまして、ご不明な点がございましたら、テクニカルサポートにお問い合わせください。