UiPathアカデミーFAQ

トレーニングに関するFAQ

トレーニング開始にあたり

 

Q: どちらから利用可能なトレーニングや内容の詳細を確認できるでしょうか?

A: トレーニングの一覧はこちらをご覧ください。

Q: 取得可能な認定には何がありますか?

A:  UiPath修了証明書・認定資格の一覧はこちらをご覧ください。

UiPathアカデミーへの参加申し込みとコース登録

 

Q: UiPathアカデミーへの参加申し込みはどうすればよいですか?

A: こちらをクリックし申し込みフォームに入力してください。申請者のメールアドレス宛にアクティベーションメールを送信します(登録には所属企業のメールアドレスを使用してください)。アクティベーションのためのリンクをクリックするとUiPathアカデミーのプラットフォームにリダイレクトされます。

 

Q: オンラインのセルフスタディクラスとは何ですか、またどうすれば登録できますか?

A: セルフスタディクラスは、UiPathの様々なオープンオンラインコースを通して利用可能な(インストラクター指導クラスとは対照的な)自主学習クラスで、自身のペースに応じてレッスンを進めることができます。

コースへの登録をご希望の方はUiPathアカデミーのホームページより、受講希望コースへの「登録」をクリックしてください。

すべてのベーシック(ビギナー)モジュールはオンラインセルフスタディクラスにて受講可能で、上級トレーニングへの登録にはこのモジュール修了が前提条件となります。

 

Q: RPA開発者基礎トレーニングとは何ですか、 またどうすれば登録できますか?

A: RPA Level 1 - Foundation Trainingは、UiPathの様々なオープンオンラインコースを通して無料で利用できる自主学習クラスです。

トレーニングにはRPAの概要に加え、基本理念や実践的なエクササイズおよびクイズが含まれ、UiPathの機能およびテクノロジーに関する知識を築くための基盤を確立できます。

登録はUiPathアカデミーにログインのうえ、RPA基礎トレーニングへの「登録」をクリックしてください。

 

Q: RPA Advanced Traininig とは何ですか、 またどうすれば登録できますか?

A: RPA開発者上級トレーニングは、RPA開発者向けの5日間にわたる上級クラストレーニングです。高度な技術トレーニングのため、プログラミング経験のほかRPA開発者基礎トレーニング(オープンオンラインコースにて受講可能)の受講を事前に完了していることが必要です。

トレーニングは各種プロジェクト自動化の実例に基づく、実践的なアプローチを用いて進められます。

RPA開発者上級トレーニングへの登録は、UiPathのセールス部門までお問い合わせください

 

Q: SAP自動化トレーニングとは何ですか、 またどうすれば登録できますか?

A: SAP自動化トレーニングは、UiPathアカデミーのオンラインコースを通して無料で利用できる自主学習クラスです。

日常業務でSAPプラットフォームを使用する企業ユーザーの皆様へ向けたオンラインコースで、基本理念のほか実践的なエクササイズやクイズが含まれ、SAP主導のプロセスを自動化するための高度な知識とガイドラインを習得できます。

登録はUiPathアカデミーにログインのうえ、SAP自動化トレーニングへの「登録」をクリックしてください。

 

Q: RPA意識向上セッションとは何ですか、 またどうすれば登録できますか?

A: インストラクターの指導によるオンラインまたはオンサイトのコースで、主にプロジェクトマネージャー、プロセスオーナー、内容領域専門家をはじめとする事業部門代表の皆様を対象としています。

本セッションではRPAのメリット、制限、制約に関する認識を高めるとともに、プロセスが自動化に相応しいか見極めるための優れたガイドラインを習得することができます。

このガイドラインに加え、UiPath主要製品の機能に対する理解を深めることで、各事業部門は自動化へ向け一貫性のあるパイプラインを確保することが可能です。

本モジュールには試験および認定はありません。

RPA意識向上セッションへの参加をご希望の方は、UiPathのセールス部門までお問い合わせください

 

Q: RPAビジネスアナリストトレーニングとは何ですか、 またどうすれば登録できますか?

A: インストラクターの指導によるオンラインまたはオンサイトのコースで、主にビジネスアナリスト、RPAプロジェクトマネージャー、変更マネージャー、その他初級から中級技術担当の皆様を対象としています。

本モジュールでは各種理念や実践的エクササイズのほか、自動化へ向けた可能性の評価に欠かせないRPAのメリットと、制限および制約についてもご紹介します。UiPathのコンポーネントおよび製品の優れた構造などが含まれる、より詳しいレベルのセッションで、実践的なプロセス評価方法まで結論付けることができます。

RPAビジネスアナリストトレーニングへの登録をご希望の方は、UiPathのセールス部門までお問い合わせください

 

Q: RPAインフラストラクチャトレーニングとは何ですか、 またどうすれば登録できますか?

A: インストラクターの指導によるオンラインまたはオンサイトのコースで、主にインフラおよびネットワーク管理者の皆様を対象としています。本モジュールでは製品の構造設定、デプロイメントの前提条件と要件、およびセキュリティガイドラインに対する理解を深めることができます。

RPAインフラストラクチャトレーニングへの登録をご希望の方は、UiPathのセールス部門までお問い合わせください

 

Q: Orchestrator 2016.2トレーニングとは何ですか、 またどうすれば登録できますか?

A: OrchestratorトレーニングはUiPathアカデミーのオンラインコースを通して無料で利用できる自主学習モジュールです。UiPathを採り入れたビジネス環境でRPAに従事する、すべての役割とユーザーを対象としています。登録はRPA開発者-UiPath基礎学習プランをクリックし、一覧からOrchestrator 2016.2トレーニングを選択してください。

 

Q: Orchestratorモジュールの受講にあたり前提条件はありますか?

A: Orchestratorトレーニングは学習プランに含まれるため、モジュールへの参加登録にはRPA基礎トレーニングを終了していることが条件となります。

 

Q: Orchestratorトレーニングの所要期間はどれくらいですか?

A: コース終了までにかかる時間はおよそ3~4時間です。

 

Q: 学習プランとは何ですか?

A: 学習プランとは受講するコース一覧で、ユーザーの皆様はこの順序に従って受講する必要があります。

 

Q: Orchestratorトレーニングでは修了証が授与されますか?

A: トレーニング終了時に、コースへの参加と修了を証明するディプロマを授与されます。

 

Q: 隔週のQ&A セッションは何の目的で実施されていますか、またどうすれば参加できますか?

A: UiPathのエキスパートチームによる1時間のQ&Aウェブセミナーは、トレーニング中に生じた疑問や課題を解決する目的で、2週間に1度実施されています。

開催は隔週の水曜日で、UiPathアカデミーホームページのウェブセミナーセクションにてオンラインカンファレンスの詳細をご覧いただけます。

 

Q: テーマ別ウェブセミナーとは何ですか、またどうすればセッションに参加できますか?

A: テーマ別ウェブセミナーは、RPAエキスパート1名により実施されるオンラインの特別トレーニングセッションです。特定のトピック(機能、テクノロジーなど)について詳しく掘り下げ、参加者のスキル向上と知識の強化をサポートします。

参加可能なテーマ別ウェブセミナーは、UiPathアカデミーホームページのウェブセミナーセクションに表示されます。

申し込み済みのユーザーには、開催予定のイベントに関するお知らせが送信されます。未登録のユーザーには、トピックに応じたお知らせが別途送信されます。

 

Q: 新製品のリリース情報はどうすれば入手できますか?

A: UiPathのウェブサイトにてリリースノートをご覧いただけます。お試しまたはマンスリー購読オプションを選択いただければ、新規リリース時に通知を受けることができます。主要なリリースについては、一般向けまたはオープンのウェブセミナーが開催されます。

 

Q: トレーニングへ向け何を準備すればよいですか?

A: すべてのトレーニングには実践的なエクササイズが含まれるため、UiPath Studioへのアクセスが必要です。トレーニング開始前にUiPath Community Edition をダウンロードしてください。

また、RPA開発者向け上級クラストレーニングへのコース登録には、RPA開発者基礎トレーニングの終了が前提条件となりますのでご注意ください。 トレーニングへの参加申請後、状況に応じて前提条件が別途必要な場合は、UiPathのセールス部門よりご連絡いたします。

料金設定と支払い

 

Q: トレーニングごとの単価と支払い方法について教えてください。

A: ビギナー向けの自主学習トレーニングはUiPathアカデミーを通じてすべて無料で受講できます。インストラクターの指導によるトレーニングにはすべて料金が発生します。各モジュールの料金体系については、UiPathのセールス部門までお問い合わせください。

Q: RPAプロジェクトスポンサーを務めており、チームをUiPathアカデミーのトレーニングセッションに登録したいのですがどうすればよいですか?

A: 無料のオンライン自主学習コースへの登録をご希望の場合は、FAQセクション:UiPathアカデミーへの参加申し込みとコース登録に記載の手順に従って、チームメンバーの皆様が各自お手続きください。

インストラクターの指導によるオンラインまたはオンサイトのトレーニングに登録をご希望の場合は、UiPathのセールス部門まで申請してください。

有料の(インストラクター指導による)コース登録については、支払いの完了および全参加者がすべての前提条件を満たしていることが確認でき次第、UiPathのトレーニングコーディネーターがお手続きいたしますのでご了承ください。

Q: トレーニングの料金はグループまたは参加者単位のどちらですか?

A: インストラクターの指導によるコースはすべて、参加者単位ではなくグループごとの価格設定です。認定資格の費用のみ対象のユーザーごとに課されます。

Q: トレーニングコースの参加人数には上限または下限が設定されていますか?

A: 高度な技術を要するインストラクター指導コース(RPA開発者上級ユーザー向け、インフラストラクチャ、サービスサポート、ソリューションアーキテクトなど)では、5名以上10名以下が参加人数の条件となります。

技術的要素の少ないインストラクター指導コース(RPAビジネスアナリスト、プロジェクトマネージャー、変更マネージャー向けなど)では、5名以上の参加が必要ですが上限は設定されていません。

オープンまたは一般向けの特別ウェブセミナーでは、技術的要素の有無にかかわらず、UiPathが参加人数に関する制限または制約をその時点で定める権利を有します。

Q: 上級認定の料金と支払い方法を教えてください。

A: 上級認定の料金体系については、UiPathのセールス部門までお問い合わせください。

基本情報

 

Q: パスワードまたはユーザー名はどうすれば再取得できますか?

A: UiPathアカデミーのサインイン画面より「パスワードをお忘れの方」へ進みアカウント情報を再取得してください。

Q: メールアドレスを変更したいのですか。

A: 「プロフィールを表示」セクションからメールアドレスの変更が可能です。

Q: コース状況が更新されません。

A: コース状況が更新されない場合は弊社までお問い合わせください

Q: アカウント設定メールが届きません。

A: メールによる通知が受け取れない場合は弊社までお問い合わせください

Q: コースにおいて技術的問題が発生した場合は、どこに報告すればよいですか。

A: 技術サポートについては弊社までお問い合わせください

認定に関するFAQ

認定資格のメリットについて

 

Q: UiPathの認定を受けるメリットは何ですか?

A: UiPath認定を受けることで、RPA分野の能力、知識、スキルを有するプロフェッショナルであることを実証できます。また競争優位性を高められるほか、必要な時に役立つツールを獲得し新たな領域を開拓することが可能です。

認定プロセス

 

Q: UiPathで取得可能な認定資格は何ですか?

A: UiPathで取得可能なすべてのディプロマおよび認定資格は、UiPathアカデミー認定 ージでご覧いただけます。

Q: 認定を受けるにはどうすればよいですか?

A: ご自身の役割と経験レベルに合ったプログラムをお選びください。UiPathで取得可能なすべてのディプロマおよび認定資格については、UiPathアカデミー認定 ページで詳しくご説明しています。すべての前提条件(詳細ページに記載)をご確認いただき、最適なトレーニングを受講してください。また関連する試験を受験いただくことで、UiPathのディプロマおよび/または認定資格が授与されます。

Q: 各認定資格に対する前提条件の一覧はどこで確認できますか?

A: 前提条件の一覧は、UiPathアカデミー認定 ページの認定詳細にてご覧いただけます。

Q: RPA開発者基礎ディプロマを受けるにはどうすればよいですか?

A: RPA開発者基礎ディプロマは、RPA開発者基礎トレーニング修了者に授与されます。コース終了時の要約セッション後に、最終テストが自動で開始されます。

Q: RPA開発者基礎ディプロマの費用について教えてください。

A: RPA開発者基礎ディプロマはRPA開発者基礎トレーニングの修了者には無料で授与されます。

Q: RPA開発者上級認定に登録するにはどうすればよいですか?

A: RPA開発者上級認定への登録については、 UiPathのセールス部門までお問い合わせください。登録資格として、RPA開発者上級トレーニングの終了および、最終テストへの合格が必要となります。

Q: RPA開発者上級認定の費用について教えてください。

A: ユーザーごとに認定料が必要です。本認定の料金体系については、UiPathのセールス部門までお問い合わせください。

Q: RPA開発者基礎トレーニング最終テストの構成について教えてください。

A: ビギナー向けの最終テストは45問でオンラインにて実施されます。合格基準は70%以上で時間制限はありません。

Q: RPA開発者基礎トレーニング最終テストの再受験ポリシーについて教えてください。

A: RPA開発者基礎トレーニングの最終テストは最大3回まで受験できます。次に受験するまでの間、資料の確認や演習時間が確保できるよう、テストを24時間保留することができます。

Q: RPA開発者上級認定試験の構成について教えてください。

A: RPA開発者上級認定試験は2つのパートに分かれています。1つ目のパートはオンラインクイズで合格基準は70%以上です。2つ目はUiPathのRPAエキスパートによる実践的なウェブセミナーで、こちらも合格基準は70%以上です。オンラインクイズの合格者のみ実技試験に進むことができます。実践セッションは通常、オンラインテストから3日以降に実施されます。

実技試験はウェブセミナー形式で最大5名が参加し、所要時間は最大3時間です。

Q: 認定試験の最終結果を受け取るまでの期間はどれくらいですか?

A: 初回の予備認定オンラインテストに不合格となった場合は、プラットフォーム上ですぐに結果が表示されます。この場合、実技試験へ向けた次のセッションには登録することができません。

予備認定オンラインテストに合格すると、次の実技セッションに自動登録されます。実技セッション終了後は、10営業日以内に正式な最終結果がメールで通知されます。

Q: 2つの認定セッションにおけるスコアの比重を教えてください。

A: 合計スコアのうちオンラインテストの結果が30%、実技試験が70%です。

Q: RPA開発者上級認定の再受験ポリシーについて教えてください。

A: RPA開発者上級認定はインストラクターが指導します。インストラクターの指導による認定試験はすべて、所定の検定料で最大2回まで受験できます。初回の試験で不合格となった受験者は、4週間以上の間隔を空けて1回に限り、同一検定料で再度受験登録が可能です。

再試験に移動を伴う場合は、追加料金が適用される場合もあります。

2回目の受験でも不合格となった場合、別途認定試験への登録を希望する受験者は、所属企業のRPAプロジェクトスポンサーに問い合わせてください。検定料には通常料金が適用されます。

Q: 認定試験の日程はどのように決定すればよいですか?

A: 認定試験の日程は、UiPathエキスパートの予定を考慮のうえ、UiPathアカデミーのトレーニングコーディネーターと調整し決定してください。UiPathは認定試験の日程を変更する権利を有し、その場合は至急参加者に通知します。

一般情報

 

Q: 認定試験へ向け何を準備すればよいですか?

A: RPA開発者基礎トレーニングで提示された基本コンセプトについて復習されることをお勧めします。その他の参考文書、ビデオ、ガイドについては、リソース ページをご確認ください。

Q: 認定試験中に資料を参照できますか?

A: はい。すべての認定試験で資料の持ち込みが可能です。

Q: 試験結果はいつ受け取れますか?

A: 自己学習試験のスコアはテスト終了後すぐに確認することができます。インストラクターの指導による試験結果およびフィードバックは、試験終了後10営業日以内にUiPathのトレーナーから直接通知されるか、もしくはUiPathアカデミーを通じて共有されます。

Q: 自分のディプロマおよび/または認定書はどこで確認およびダウンロードできますか?

A: ディプロマおよび/または認定書は、UiPathアカデミーのプラットフォーム上で「マイアクティビティ」から「認定」へ進むと確認できます。認定名の横にあるバッジのアイコンをクリックするとPDF版がダウンロード可能です。

Q: RPA開発者基礎ディプロマの有効期間について教えてください。

A: RPA開発者基礎ディプロマは1年間有効です。

Q: RPA開発者上級認定の有効期間について教えてください。

A: RPA開発者上級認定は1年間有効です。

Q: 試験の日程変更またはキャンセルはどうすればよいですか?

A: 試験の日程変更またはキャンセルの必要がある場合は、所属企業のRPAプロジェクトスポンサーにお問い合わせください。

Q: 認定はどうすれば更新できますか?

A: 認定の更新についてはRPAプロジェクトスポンサーにお問い合わせのうえ、認定更新試験へご登録ください。

Q: 認定更新が必要な理由について教えてください。また標準認定プロセスは適用されますか?

A: RPA分野は急速な拡大を遂げており、UiPathチームは新たな機能とソリューションの継続的な開発に努めています。これによりUiPath製品およびソリューションも進化を続けているため、認定プロフェッショナルも継続的なアップグレードが必要なのです。

認定の更新は、UiPathテクノロジーおよびソリューションに関する保有者の幅広い知識を正しく証明するために不可欠なプロセスです。プロセスは極めて簡略的で、製品の新機能に関する内容が中心です。

Q: 社内のUiPath認定ユーザーに関するレポートはどのように入手できますか?

A: 所属企業のRPAプロジェクトスポンサーが、弊社にお問い合わせのうえレポートを申請してください。

Q: 「マイアクティビティ」から「認定」に進んでも認定書が更新されていません。

A: 認定表示に問題が生じている可能性がありますので、弊社までお問い合わせください

Q: 認定に関するその他の質問はどこに問い合わせればよいですか?

A: その他の詳細につきましては弊社までお問い合わせください