トライアルの開始

UiPathアカデミーFAQ

トレーニングに関するよくある質問

受講をはじめる前に

Q: eラーニングで学習できるトレーニングコースは何種類ありますか?それぞれのコース受講条件・想定受講時間を教えてください。

A:  プログラミング初心者レベルの方から、UiPath RPA デベロッパー資格を目指す方まで幅広く、また RPA 開発に必要な技術的な知識を習得できるコースと、RPA 推進に必要なビジネスの知識を習得できるコースがございます。
主要コースの詳細はこちらをご覧ください。

 

Q: 受講するにあたりスキルレベルの基準はありますか?
A: UiPath Studio をご利用の場合、.NET / C# / VB 等にて開発の経験がある方は、「UiPath Studio 開発初級コース」から開始されることを推奨します。開発経験のない方は、RPA スターター~はじめての UiPath ~から開始されることを推奨します。 尚、既に開発済みのワークフローの一部変更等、限定的な知識のみを必要とする場合は、「RPA スターター~はじめての UiPath Studio~」と「UiPath Studio 開発初級コース」の 2 つのコース受講を推奨します。

 

Q: トレーニング開始前に何を準備すればよいですか?必要なものをおしえてください。

A:  テクニカルトレーニングには演習が含まれるため、UiPath 製品 「UiPath Studio」が必要となります。受講開始前にこちらよりダウンロードしてください。(60 日間無償でご利用いただけます)

PC 環境について:

- 推奨ブラウザー(デスクトップ用)
Internet Explorer (IE11)^
Microsoft Edge
Mozilla Firefox
Google Chrome
Safari

- 推奨ブラウザー(モバイル用)
iOS 9
Android 6.0

- 推奨 OS
Microsoft Windows 8 以上

Q: トレーニングコースの料金と支払い方法を教えてください。

A:  eラーニングは全て無料で受講いただけます。インストラクターの指導による集合研修型トレーニング「UiPath 公式 速習プログラム」に関する詳細はこちらをご覧ください。「UiPath Studio 開発上級プログラム」につきましては、UiPath の貴社担当者へお問い合わせください。

UiPath アカデミー ユーザー登録について

Q: UiPathアカデミーの eラーニングトレーニングを受講するにはどうしたらよいですか?

A: はじめに、UiPath アカデミーのユーザー登録が必要となります。

Q.マイプロフィールページにある「ログインメールアドレス」と「連絡用メールアドレス」はなんですか?違いは?

A: 「ログインメールアドレス」はログインの際に入力するメールアドレスです。これはアカウント登録の際に設定するメールアドレスで、一度設定すると変更はできません。
「連絡用メールアドレス」はUiPathアカデミーからの通知・修了証明書を受けとる際に使用するメールアドレスです。初期設定では、「ログインメールアドレス」と「連絡用メールアドレス」は同じですが、「連絡用メールアドレス」は変更が可能です。

Q.連絡用メールアドレスの変更方法は?
A: UiPath アカデミーにログインし、画面右上のプロフィールアイコンをクリック、「マイプロフィール」を選択します。[ユーザー名と同じ]のチェックボックスを外し、任意のメールアドレスを入力します。変更の更新後、新しい「連絡用メールアドレス」へ認証リンクが送付されるため、必ずアクセス可能なメールアドレスを記入してください。

 

Q: UiPath アカデミーにユーザー登録する際の注意事項はありますか?
A:
パスワードは大文字・小文字・数字・特殊文字(例:@#%&)を含む 8文字以上の半角英数
※登録されたメールアドレスとパスワードは UiPath アカデミーにログインする際、必ず必要となりますので失くさないようにしてください。

 

Q: パスワードまたはユーザー名を忘れてしまいました

A: UiPath アカデミーのログイン画面にある「パスワードをお忘れですか?」よりお進みください。ご登録されたメールアドレスを入力すると、パスワードの再設定通知が送られますので、そちらより再度設定してください。

トレーニングコースについて

Q: 団体で集合研修を受けることは可能ですか?

A: 団体の皆様全員が個々に UiPath アカデミーのユーザー登録をお願いします。
(ご登録はこちら
無料の eラーニングは個々に受講いただけます。また、インストラクターの指導による集合研修型トレーニング「UiPath 公式 速習プログラム」に関する詳細はこちらをご覧ください。
「UiPath Studio 開発上級トレーニング」につきましては、UiPath の貴社担当者へお問い合わせください。

 

Q: UiPath 公式 速習プログラムはどのような集合研修型トレーニングですか?

A: RPA 導入に必要な内容を効率的に習得したい方へ、UiPath に関する専門知識を持つトレーニングアソシエイト各社がトレーニングを提供します。プログラムの内容や開催予定など詳細はこちらをご覧ください

 

Q: 「RPA デベロッパー上級プログラム」を受講修了するにはどれくらいのスキルが必要ですか?

A: UiPath アカデミーの eラーニング「UiPath Studio 開発初級コース」「UiPath Studio 開発中級コース」「UiPath Orchestratorコース」の3つのコースから成る「RPA ディベロッパー基礎プログラム」を修了されていることが望ましいです。

 

Q: 「RPA デベロッパー上級プログラム」の受講料は?

A: UiPath アカデミー上の無償の e ラーニングにて、「RPA デベロッパー上級プログラム」を受講できます。集合研修型トレーニングの「 RPA デベロッパー上級プログラム」の料金は UiPath の貴社担当者へお問い合わせください。

 

Q: 現在「英語のみ」とされているトレーニングコースは今後日本語化される予定はありますか?

A: 今後、順次日本語化していく予定です。弊社ウェブサイトやプレスリリースなどでご案内させていただきます。

トレーニングコース修了テストと修了証明書について

Q: トレーニングコース修了テストについて教えてください
A: トレーニングコースによってテスト様式は異なりますが、例えば「UiPath Studio 開発初級コース」は、レッスン1から10まで、10個のレッスンから構成されています。各レッスン後にクイズがあり、最後に最終テストがあります。 最終テストは無料で受けることができ、正解率80%以上で合格、制限時間はありません。

 

Q: eラーニングでトレーニングコースを受講したら、修了証明書はもらえますか?

A: トレーニングコースの受講後、最終テストに合格した方にコースを修了した旨を証明する修了証明書が発行されます。全てのトレーニングコースに修了証明書があります。ただし、UiPath アカデミーのトレーニングコースの受講・修了を証明するもので、資格証明書ではありません。

 

Q: UiPath アカデミーの修了証明書を発行するにはどうすればよいですか?

A: トレーニングコースの場合
対象のコースへ進み、ページ下部の”修了証明書” リンクをクリックすると、登録メールアドレスへコース修了の通知メールが届きます。メール内のコース名のリンクをクリックすると、PDF形式の修了証をダウンロードすることができます。

学習プログラムの場合
”学習プログラム” ページより、対象学習プログラムまで遷移し、一覧表示アイコンをクリックします。一覧の下部の ”修了証明書” リンクをクリックすると、登録メールアドレスへコース修了の通知メールが届きます。メール内のコース名のリンクをクリックして、PDF形式の修了証名をダウンロードすることができます。

 

Q: 最終テストに合格し、コースを修了したのに修了証明が発行されません。

A: 修了された後、システムのメンテナンス等により、反映されるのに数日かかる場合がございます。お手数をお掛けいたしますが、数日お待ちいただき再度ログインの上、お試しいただきますようお願いいたします。

 

Q: UiPathアカデミー修了証明書には有効期限がありますか?

A: UiPath アカデミーのトレーニングコースの受講・修了を証明するもので、資格証明書ではないため、有効期限はございません。

Q: UiPath アカデミーのトレーニングコース修了証明書をダウンロードすると、姓名が逆に印字されました。正しい姓名の修了証明書を再ダウンロードできますか?

A: UiPath アカデミー修了証明書に印字される氏名は、お客様が登録された[姓][名]とおりに自動的に表示される仕組みです。[姓][名]は「マイプロフィール」*より編集可能です。ただし、修了証明書が一度発行されてしまいますと、その後で修正されても反映されません。ご注意ください。
※UiPath アカデミーにログインいただき、画面右上のプロフィールアイコンをクリック、「マイプロフィール」を選択

UiPath アカデミーのリニューアルに関する質問

Q: UiPath アカデミーはいつリニューアルされましたか?

A: 2020年3月30日にリニューアルされました。トレーニングレッスンを分割し、新たなカリキュラムでステップを設け、RPA初学者がより受講しやすい内容に改良されました。また、ログイン画面やダッシュボードが新しくなり、今までの動画やドキュメントでの説明に加えて、GIF アニメーションなどの説明も加わり、より見やすくなりました。

 

Q: リニューアルに伴い変更されたことなど詳細について、事前にメール等でお知らせがありましたか?
A: UiPath のコーポレートブログや、パートナー企業様に配信しているニュースレターの他、各種 SNS でお知らせさせていただいております。

 

Q: リニューアルに伴い、大きく変更されたものはありますか?

A:「Level1- Foundation(基礎)トレーニング」や「Level2- Orchestratorトレーニング」がコース名の変更と共に、内容が改良されました。「UiPath Studio 開発初級コース」「UiPath Studio 開発中級コース」「UiPath Orchestrator コース」の3つのコースをすべて受講完了されると、「RPA ディベロッパー基礎プログラム」を修了されたとみなされ、修了証明書が発行されます。これにより、UiPath Studioを使用した開発だけでなく、UiPath Orchestrator を活用した開発・管理方法を学習するプログラムに生まれ変わりました。
詳しくはこちらをご覧ください。

Q: リニューアル前に登録した、ログインに使用していたユーザー名が見当たりません。無くなってしまったのですか?

A:ユーザー名は、リニューアルと共に「ログインメールアドレス」に変更され、ユーザー名自体は、資格情報から除外されました。今後、「ログインメールアドレス」とパスワードを入力してログインしてください。


Q: リニューアル前に受講中だったコースが見当たりません。無くなってしまったのですか?
A: 「Level1- Foundation(基礎)トレーニング」と呼ばれていたコースは新しくなりました。新たな基礎コースでは「UiPath Studio 開発初級コース」「UiPath Studio 開発中級コース」に分かれ、「Level2- Orchestratorトレーニング」と呼ばれていたコースは「UiPath Orchestrator コース」となりました。
詳しくはこちらをご覧ください。

Q: 「Level1- Foundation(基礎)トレーニング」が、どのように変更されたのか教えてください。
A: 画像・Citrix ・PDF ・E-mail の自動化のレッスンが除外​され、UiPath Studio のよりニーズの高い開発に特化し​、初級・中級と2つのコースに再構成されました。段階を踏んで学習できるため、RPA 初学者の方が受講しやすく​、専門知識も担保されたコンテンツに改善いたしました。

 

Q: これまでの学習履歴は閲覧できますか?

A: リニューアルに伴い、学習の履歴が失われることは基本的にはありません。過去の学習進捗率は、レッスン単位で新しいコースに引き継がれます。ただし、「RPA Developer - SAP Automation Training  (日本語)」に限り、今後新たにリリースされる予定ですので、過去の学習履歴の閲覧をはじめ受講自体を停止させていただきました。また、「Level1- Foundation(基礎)トレーニング」の、画像・Citrix・PDF・E-mailの自動化に関連するレッスンはリニューアル後の「RPA デベロッパー基礎プログラム」には含まれていないため、過去の進捗率はご確認いただけません。ご了承ください。画像・Citrix・PDF・E-mailの自動化に関連するレッスンは追ってリリースを予定しております。

 

Q: 旧「Level1- Foundation(基礎)トレーニング」のレッスン内容の一部だった、画像・Citrixの自動化・PDFの自動化・E-mailの自動化のレッスンは今後提供されないのでしょうか?
A:オプショナルの単体コースとして、市場の優先順位を考慮しながら順次リリース予定です。(2020年6月以降)

 

Q: カリキュラムの変更に伴い、修了証明書も変更されたのでしょうか?

A: UiPath アカデミーのリニューアル前に「Level1-Foundation(基礎)トレーニング」修了証明書を取得済みの方は、「UiPath Studio 開発初級コース」「UiPath Studio 開発中級コース」を修了されたこととなり、両コースの修了証明書が新たに発行されます(ご自身でダウンロードが可能です)。また、「Level1- Foundation(基礎)トレーニング」「Level2- Orchestrator トレーニング」の両コースを修了済みの方は、「RPA ディベロッパー基礎プログラム」を修了されたこととなり、「RPA ディベロッパー基礎プログラム」の修了証明書も、併せてダウンロードいただけます。詳しくはこちらをご覧ください。

 

Q: まだダウンロードしていなかった修了証明書がありますが、今からダウンロードできますか?

A: リニューアル前に学習が完了しているコースに相応する新コース名にて、修了証明書はダウンロードが可能です。旧コース名の修了証明書の取得は新システムではできません。ご了承ください。

 

Q: 改めてユーザー登録が必要ですか?

A: リニューアル前に既にご登録いただいている方は、再登録の必要はございません。同じメールアドレスとパスワードでご利用いただけます。

 

Q: 例えば「RPA デベロッパー基礎プログラム」は、3つのコースの受講順位はありますか?

A: 「UiPath Studio 開発初級コース」から「UiPath Studio 開発中級コース」を受講され、「UiPath Orchestrator コース」を受講されることをお薦めいたします。なお、各コースの最終テスト合格後は当該コースの修了証明書が発行され、3つのコースを修了されますと、「RPA デベロッパー基礎プログラム」の修了証明書が発行されます。

 

Q: 5月や6月など、今後にリリース予定とされているトレーニングコースが実際にリリースされた際にお知らせはありますか?

A: UiPath アカデミーログイン後の「ホーム」上のページにて、トレーニングコースのリリース情報やメンテナンス情報等をお知らせさせていただきます。

 

Q: リニューアル前に「Level1-Foundation(基礎)トレーニング」を受講修了してします。あらためて「UiPath Studio 開発初級コース」や「UiPath Studio 開発中級コース」、「RPA スターター~はじめての UiPath Studio~」を受講すべきですか?
A: コース受講修了認定という点では、「UiPath Studio 開発初級コース」と「UiPath Studio 開発中級コース」は既に修了されていることになりますが、復習・RPA 教育にお困りの方に役立つ内容に、大幅に改善されましたので、再度ご受講されることをお薦めいたします。

 

Q: リニューアル後も日本語での学習が可能ですか?

A: 管理画面と学習画面ともに日本語です。英語のコースも受講いただけます。

 

Q: 日本語の表示に切り替えるにはどうすればよいですか?

A: 下記の手順をご参照ください。
この操作は、UiPath アカデミー eラーニングページにログインされる前に行ってください。
 
1. UiPath アカデミー eラーニング TOPページ https://academy.uipath.com/ をクリック
(マイダッシュボード等のブックマークから行わず、https://academy.uipath.com/

からお入りください。また、PCのキャッシュを一度クリアされることをお勧めいたします)


2. 表示された画面右上にある地球儀アイコンから、「日本語」を選択してください。

Japanese_change


3. これで、日本語に切り替わります。

 

Japanese_toppage


4. その後、地球儀アイコンの隣にある「Login/Sign up」からログインへお進みください。

※日本語表示に切り替わらない場合は、お手数ですが1~3を再度お試しください。繰り返し、2.の「日本語」ボタンのクリックが必要な場合もございます。

 

Q: スマホやタブレットでも受講できるようになったのですか?

A: 今回のリニューアルではスマホやタブレットでの受講はできませんが、ユーザー様の学習体験をより向上させるべく、今後取り組んでいく予定です。

認定資格に関するよくある質問

UiPath RPA デベロッパー資格

Q: 認定資格を受けるメリットは何ですか?

A: UiPath の製品と機能について深い知識を持ち、ベストプラクティスと原則に基づいた開発スキルを証明する資格です。UiPath より認定を受けることで、RPA 分野の能力・知識・スキルを有するプロフェッショナルであることを証明できます。

Q: 誰でも受験できますか?

A: UiPath アカデミーの e ラーニング「UiPath Studio 開発初級コース」「UiPath Studio 開発中級コース」「UiPath Orchestrator コース」の3つのコースから成る「RPA デベロッパー基礎プログラム」の修了と、「RPA デベロッパー上級プログラム」の修了を推奨します。資格取得日から有効期限は1年間です。現在は英語のみです。
なお、UiPath RPA デベロッパー資格と「RPA デベロッパー上級プログラム」は異なりますのでご注意ください。
詳細(英語のみ)はこちら

認定資格受験のお申込み登録方法はこちらをご覧ください

 

Q: 認定資格取得に必要な費用は?

A: 取得費用は2020年4月30日まで無料です(2020年3月現在)

今後、価格改定がある場合がございます。


Q: UiPath RPA デベロッパー認定資格の試験内容を教えてください

A: 現在は英語のみのご提供です。UiPath RPA デベロッパー資格認定試験は2つのパートに分かれています。

1つ目: RPA 開発理論に沿った問題を出題したオンラインクイズです (所要時間90分)
2つ目:実践編の問題を出題したオンラインクイズです (所要時間3時間30分)
注意事項として、実践編のテストの受験回数は3回のみとなり、合格点に満たない場合は、24時間お待ちいただき、再度試験のお手続きが必要です。
※両パートの合格基準は70%以上


Q: 認定資格保有者だと名刺に記載してもよいですか?

A: はい。ご記載いただけます。尚、正式な資格名のご記載にご協力くださいませ。
英語: UiPath RPA Developer Advanced
日本語: UiPath RPA デベロッパー資格

 

Q: 認定資格は、現在「英語のみ」とありますが、今後日本語化される予定はありますか?

A: 今後、順次日本語化していく予定です。弊社ウェブサイトやプレスリリースなどでご案内させていただきます。

サポート

Q: eラーニングで受講中にトレーニング内容について質問がある場合は、どこに問合わせすればよいですか?

A: トレーニングコースやレッスンの内容、操作方法(UiPath Studio・インストール含む)に関するご質問やお困りの場合は、日本をはじめ世界中の開発者や経験者が参加する情報交換の場、UiPathフォーラム をご利用ください。また、各種製品に関する詳細情報は、「UiPathドキュメンテーションポータル」をご活用ください。

Q: eラーニングでトレーニングコースを受講中に技術的な問題が発生した場合はどこに問合わせすればよいですか?

A: UiPath アカデミーでは、オンライン学習サービスを完全無料でご提供しており、電話やe メールでのサポートはご利用いただけません。各種さまざまな学習リソースをご用意しております。恐れ入りますが、日本をはじめ世界中の開発者や経験者が参加する情報交換の場、UiPathフォーラムや各種製品に関する詳細情報「UiPathドキュメンテーションポータル」をどうぞご活用ください。