2022年4月26日

UiPath Integration Serviceとは― UI自動化とAPI自動化を統合

2022年4月26日

UiPath Integration Serviceとは― UI自動化とAPI自動化を統合

本ブログは、UiPath米国本社が発表したブログを翻訳したものです。執筆者の Charlie Greenbergは、UiPath米国本社のプロダクトマーケティング部門マネージャーです。

ガートナー社によれば¹、ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)は、現在最も急成長しているソフトウェアテクノロジー市場です。この評価は、売上のみに基づくものではなく、ますます複雑化しているシステム環境およびビジネスプロセスでロボットを活用するRPAに対して高まっている評価も含まれています。

 

RPAコネクティビティの選択肢の広がり

ロボットの新たなユースケースの開拓や再構築によって、業務自動化の機会が飛躍的に増大するのに伴い、RPAにおける重要なコネクティビティ(接続性)の課題も高まっています。

例えば、自動化に際して25の完全に異なるシステムで25のロボットを同期させなければならないことがありえます。大規模なエンタープライズ企業が平均175のアプリケーションを利用していることを踏まえれば²、新しくて、より拡張的なRPAコネクティビティによって、間違いなくこれまで以上に多くの自動化の機会が創出され、これらをサポートすることは間違いないでしょう。

UiPath Integration Serviceとは?

UiPath社は、ユーザーインターフェイス(UI)の自動化、および堅牢なクライアントサイドでのAPI統合において長年にわたり業界をリードしてきました。

そして今、UiPath Integration Serviceがリリースされたことにより、開発者の皆様は、RPAコネクティビティへの拡張的なアプローチを利用しながら、より迅速な統合を大規模に実行することが可能になります。

世界クラスのUIおよびAPI自動化をシームレスに統合するUiPath Integration Serviceによって、同一の統合デザイン環境内で、両方の機能へ一元的にアクセスすることができます。開発者は、このような環境で、あらゆる自動化の機会を柔軟に捉えられるようになるだけでなく、単一の自動化環境に両方のタイプの統合を展開することもできます。

ローコード・ノーコードのツールを展開することで、APIの力を最大限に引き出すことができます。

事前開発済みのコネクターが優れたスピードと最短期間での価値提供を実現

Integration Serviceは、広く使われている事前定義済みの数多くのコネクターとともに提供されます。これらのコネクターの数は、現在も増え続けています。これらのコネクターを展開することで、SalesforceやSlack、Microsoft Office 365、SAP®、ServiceNow、Google G Suiteなどのアプリケーションを使ったあらゆる自動化プロセスの統合を飛躍的に簡素化できます。コネクターベースのAPIは、UiPathプラットフォーム内のすべての製品ソリューションを通じた統合も実現します。

Screen Shot 2022-04-19 at 14.52.42

 

高速な接続管理

各コネクターは、簡素化された共通の方法によって、OAuthをはじめとする複数の異なるセキュリティプロトコルにわたる認証と認可を一元化します。認証されたユーザーは、複数のシステムへの接続を簡単に作成したり変更したりすることができます。また、接続を複数のシステムで再利用することも可能です。

Screen Shot 2022-04-19 at 14.53.15

 

強力なサーバーサイドのイベントトリガー

自動化の開始点が常にロボットということはなく、他のシステムでのイベントをトリガーとして開始することもよくあります。UiPathの新しいトリガー機能では、例えばデータのアップデートや挿入、追加、削除といったイベントを設定して、UiPathプロセスを開始することができます。

サーバーサイドイベントには、Salesforceシステムでの新しい商談のアップデートやSAPシステムでの取引の転記、また単に電子メールの受信といったイベントも含まれます。トリガー機能は、業務自動化の多様性を広げるというRPAの継続的なミッションをサポートします。生産性を大きく高める役割を果たすイベントトリガーによって、受注から入金、調達から支払、受注から出荷、人材(HR)のオンボーディング、さらにはマルチステップの電子メールマーケティングキャンペーンといったプロセスまでも含め、さまざまなプロセスの大幅な向上が可能になります。

Screen Shot 2022-04-19 at 14.53.26


まとめ

ロボットが動作するとき、ロボットはUI自動化とAPI自動化の両方の組み合わせを利用します。これら両方の統合機能は、新しい業務自動化の成長と拡張に向けた一連のベストプラクティスを代表するものです。

UiPath社が、業界最高のUI自動化機能、また現在の市場に出回っているあらゆるアプリケーションとのAPIベースのネイティブな統合の構築に尽力してきた成果が、Integration Serviceです。

Integration Service のデモ動画はこちら(13:21、英語)

※ UiPath Integration Serviceは、2021.10リリースの一部です。 

¹Gartner社「Market Share Analysis: Robotic Process Automation, Worldwide, 2020」(2021年5月26日Fabrizio Biscotti氏、Cathy Tornbohm氏他)
ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高のレーティング又はその他の評価を得たベンダーのみを選択するようテクノロジの利用者に助言するものではありません。 ガートナー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。 ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。

²Okta社「Businesses at Work 2021」、The Wall Street Journal「Employees are Accessing More and More Business Apps, Study Finds, 2019」


by Digital Marketing Japan

TOPICS: UiPath Integration Service

Show sidebar