トライアルの開始

2020年3月17日

Action Center(フォームとタスク)

17 3月 2020

Action Center(フォームとタスク)

こんにちは、UiPath株式会社の大下です。
今回は、Action Center(タスクとフォーム、

参考: https://www.uipath.com/ja/product/rpa-management-apps)を活用し、簡単にロボットの作業と人間の作業を連携させるワークフロー(Human in The Loop)を作成していきます。
Action Centerによってロボットと人間の”協働”が容易に可能となり、自動化できるビジネス領域が格段に広がります。

 

Action Centerのサービス概要

Action Centerはジョブの実行中に人間を介在させるためジョブを中断したり再開したりする仕組みを作る機能群です。タスクとフォームの二つの機能によって構成させています。

 

Action Center構成機能 用語説明

タスク

Unattended Robotのジョブ実行中に人間が介在できるようOrchestrator上に作成される仕事
タスク管理機能

Orchestrator上のタスクを管理する機能

フォーム タスクと関連付けられるデータ帳票

フォームタスクを

作成アクティビティ

タスクおよび関連図けられるフォームを作成するアクティビティ

フォームタスク完了まで

待機し再開アクティビティ

指定されたタスクが完了するまで、現在のワークフローの実行を一時停止するために使用するアクティビティ
フォームデザイナー フォームのレイアウトデザインを作成する機能

 

実際にAction Centerを活用したロボット、データの流れは以下のイメージです。

Unattendedロボットでワークフロー実行しオーケストレーター上で人間が介在作業します。

image-20200310-091237

 

事前環境準備

Studio及びOrchestrator

・Studio:19.10以上

・Orchestrator:19.10以上

以下のアクティビティパッケージと該当するバージョンをインストールしてください。

・UiPath.Form.Activities

・UiPath.Form.ActivityLibrary

・UiPath.Persistence.Activities 

 

ワークフローシナリオ(OCR業務)

それではAction Centerを使って実施にワークフローを作成していきます。今回はロボット作業とロボット作業の間に人間が介在するケースが多いOCR×RPAの業務を例に作成します。例えば請求書データをOCRし、人間がデータチェック・追加、最後に基幹システム登録というシナリオです。

image-20200310-083046

 

 

フォームタスクを作成アクテビティ

 

・まずはオーケストレーションプロセステンプレートを利用して新規プロジェクトを作成します。

image-20200311-070902

 

フォームタスクを作成アクティビティを使用します。

image-20200216-074347

 

・次にフォームタスクを作成アクティビティ内の必要パラメータを入力します。

タスクタイトル:後に作成されるオーケストレーター上のタスクとして表示されるタイトル名です。

image-20200216-074750

 

フォームデータ:フォームで使用する引数です。

今回はOCR業務ということで、請求書イメージデータ、合計金額、支払期限、勘定科目コードの4つを設定します。

image-20200218-061701

 

 

・次にフォームデザイナーでフォームのレイアウトをします。

完成するとこのようなフォームが作成できます。左側のペインに請求書元画像、左側にOCR読みとり結果を表示できます。

image-20200310-104549

 

まず、フォームタスクを作成アクティビティ内のフォームデザイナーを開くをクリックします。

image-20200216-080611

 

先ほど設定した引数をラベルタイトルにすでにテキストフィールドとして表示されています。

image-20200216-080807

 

 

任意の場所にドラッグ&ドロップでフォームデザインが簡単にできます。

まず、TotalAmount, DueDate, AccountCodをフォーム上部に動かします。

image-20200216-081245

 

次にラベルタイトルをわかりやすく変更します。カーソルをフィールドに合わせ、Editボタンをクリックします。

image-20200216-081410

 

ラベルの箇所のテキストがフォームに表示されるタイトルになりますので、わかりやすい表示名に変更します。

image-20200216-081844

 

・次に出力引数(フォーム上から返却されるデータ)として設定したout_AccountCode(勘定科目コード)

はテキストフィールドで人間が手入力できるようにします。

image-20200311-065239

 

最後に請求書のイメージデータをフォーム画面上にイメージとして表示させます。

フォームに表示する画像イメージはBase64エンコードした文字列をHTMLへ渡します。

後のHTMLとして表示するための文字列を以下のように作成します。

imgSrcText  = "data:image/png;base64," + img.Base64

 

イメージを表示させるには詳細設定→HTML要素を使います。

image-20200217-105212

 

バインド設定で先ほどの文字列を設定し、

image-20200218-054225

 

HTMLの<img>タグ内に{{ data.imgSrc}}として設定します。

また、「更新時に更新」にチェックを入れます。

image-20200218-054310

 

参考までにテキストインプット以外にもドロップダウン、チェックボックス、ラジオボタンなどいろいろとデザインツールがフォームデザイナーには備わっています。

image-20200218-054434

 

FormTaskData型の変数をタスクフォームを作成アクティビティのタスクオブジェクト(出力)プロパティにセットします。

image-20200218-054553

 

そして同じ変数をフォームタスク完了まで待機し再開アクティビティのタスクオブジェクト(入力)プロパティにセットします。

image-20200218-055305

 

これにより、ジョブがフォームタスク完了まで待機し再開アクティビティのステップにまで達すると、ジョブはとなり一時停止となり、ロボットはジョブが実行されているセッションからログアウトします。

image-20200218-055453

 

タスク

それではオーケストレーター上に作成されたタスクを見てみましょう。オーケストレーターログイン後、タスクメニューへ遷移すると、

image-20200218-055859

 

新しくタスクが「未割り当て」の状態で作成されています。

image-20200218-055844

 

オーケストレーター上でのタスクのアサイン

各タスクの操作パネルで、どの担当者(オーケストレーターログイン)へこのタスクをアサインするかを選択できます。

image-20200218-060024

 

image-20200218-060135

 

割り当てられたタスクに紐づけられたフォームを開き、ここで人間の目でのデータチェック、追加データを入力などの作業を行います。

image-20200310-104549

 

 

フォームの「送信」ボタンを押すとタスクが完了となります。

 

後続ロボット作業の実行

フォームタスク完了まで待機し再開アクティビティにより、一時停止されていたジョブはタスクが完了すると再開されます。またジョブ一時停止中はUnattendedロボットは別のジョブの実行に利用することができます。

image-20200310-100053

 

Studioでジョブを再開する場合は再開ボタンをクリックしてください

image-20200218-061342

 

この際、先ほどフォーム画面上で追加したデータや、修正したデータなどはフォームデータに設定した出力変数に格納されます。

image-20200218-061738

 

今回はAction Centerの動作・仕様がわかりやすいようにStudio/Attended実行でご説明しましたが、Action Centerとしての公式サポートはUnattendedロボットによる実行となります。

 

(参考)サンプルワークフロー

上記で作成したAction Centerサンプルワークフローです。

ぜひみなさまもAction Centerで単一のプロセスだけでなくビジネスプロセス全体まで自動化領域を広げていただきたいと思います。

 

 


by Kaoru Oshita

TOPICS: UiPath Orchestrator, RPA enables human interaction

Show sidebar