<img src="//trc.taboola.com/1222697/log/3/unip?en=page_view" width="0" height="0" style="display:none">

UiPath Apps

完了までに時間を要する業務をシームレスに自動化

Register for webinar

人間の判断を自動化に組み入れる Human in the loop

例外的な対応や、エスカレーション、承認作業など、業務フローにユーザーの判断を加味したい時には、ワークフローに組み入れて業務自動化を図ることができます。

video-thumbnail-hitl Play Video Button

ロボットによるエスカレーション
の体系化

ロボットは、例外処理や意思決定が必要な場合、必要になったタスクを該当するユーザーに割り当てます。.

ロボットによるタスクの割り当て条件や、
その方法は選択可能

  • ロボットが自動的にタスクを作成し、一元化されたタスク管理表に登録し、ユーザーに操作を依頼します。

  • 割当られたタスクはフォルダーにグループ分けされ、タスクを割り当てられたユーザーはタスクの担当者に割り当て直すこともできます。

  • UiPath Orchestrator Mobile Appを使えば、スマートフォンからタスクに対応することができます。

 

 


 

複数のプロセスを
をまとめて処理する

UiPath Studio に組み込まれた長期実行(ロング・ランニング)アクティビティを使って、長期間動作するワークフローを作成します。ロボットは待機状態になることはありません。ユーザーによるタスク完了を待つ間は、他の作業を行います。

これにより以下が実現します

  • 業務自動化の対象が格段に広がります。

  • 完了までに時間がかかるワークフローを1か所で集中管理できます。

  • 人間によるタスクが保留されている間、ロボットに別のワークフローを実行させることができます。

 

 

 

ワークフローを
最初から最後まで監視

ボトルネックを解消し、意思決定を改善できるように、一元化された
プラットフォームで業務全体をエンドツーエンドで可視化します。

次のような効果があります

  • ロボットが処理するすべてのワークフローに対して、時間や
    アクティビティが一目でわかるダッシュボードを提供します。

  • ロボットが処理するすべてのワークフローに対して、時間や
    アクティビティが一目でわかるダッシュボードを提供します。

  • ロボットとユーザーが連携して実行するすべてのプロセスについて、サマリーを生成して報告します。

 

 

 

module.video.video_thumb.alt Play Video Button

UiPath Appsをもっと知りたいですか?
デモ動画をご覧ください

期間や複数ユーザーにまたがる業務プロセスを自動化するUiPath Apps

UiPath 担当者がご説明いたします。