2022年1月18日

アクセンチュアとUiPath社が協業強化
インテリジェントオートメーションにより、組織のトランスフォーメーションを支援

2022年1月18日

アクセンチュアとUiPath社が協業強化
インテリジェントオートメーションにより、組織のトランスフォーメーションを支援

アクセンチュアとUiPath社が協業強化

インテリジェントオートメーションにより、組織のさらなる

トランスフォーメーションを支援

 

本資料は、米国で発表されたプレスリリースの抄訳版です。

米国リリース原文: https://www.uipath.com/newsroom/accenture-and-uipath-join-forces-to-help-organizations-accelerate-transformation

 

米国ニューヨーク発2021年12月8日 -エンタープライズ自動化ソフトウェアのリーディングカンパニー、米UiPath(ユーアイパス)社およびアクセンチュア(NYSE: ACN)は、全社規模の自動化の促進、テクノロジートランスフォーメーションに向けた取組みの加速、新たな成長機会の創出を支援することを目的に、両社の協業関係を強化したことを発表しました。

 

企業がポストコロナの世界において未来を再構築する中、エンタープライズ環境全体にわたる大規模な自動化を実現している企業は、従業員に新たな方法でイノベーションを推進し、価値を創出する力を与えています。10月の『UiPath FORWARD IV』で発表したように、UiPath社の堅牢な自動化ソリューションとアクセンチュアの首尾一貫したサービスや業界知識を組み合わせることで、両社は長期的な協業関係を推進しています。これによりお客様は、インテリジェントオートメーションのメリットによって生産性を高めるだけでなく、より効率的に、変化に対応するためのビジネスプロセスを再構築することが可能になります。

 

アクセンチュアとUiPath社は、Uber社や米シカゴ大学医療センター(University of Chicago Medical Center)をはじめとして、世界中のお客様における自動化の取り組みを共同で支援しています。

 

Uber社のインテリジェントオートメーション担当グローバル責任者、Chad Aronson氏は、次のように述べています。「当社は、お客様へのサービス提供において、テクノロジーとイノベーションをどのように活用できるのかということを常に考えています。UiPath社とアクセンチュアの協業により、市場をリードするUiPath社の自動化テクノロジー、またアクセンチュアが有するデジタルや各業界の専門知識を活用できるようになりました。両社の緊密な連携体制により、社内業務の生産性、品質、パフォーマンス、ユーザー体験の強化に資するデジタルトランスフォーメーション(DX)に向けて、これまでにない成果を生み出すことが可能になりました」

 

シカゴ大学医療センターでは、アクセンチュアのチームがUiPath社のインテリジェントオートメーションプラットフォームを活用して、現在の世界的なパンデミック下においてイノベーションを促進しながら、職員および患者の体験向上を支援しています。これにより、同センターは、RPAの実行や管理、更新を担う「Bot Center of Excellence」のパイロットプログラムを、わずか6カ月で本格稼働に移行することができました。

 

シカゴ大学医療センターのデータアナリティクス/アーキテクチャ/インテグレーション/イノベーション担当エグゼクティブディレクター、Shariq Ata氏は、次のように述べています。「アクセンチュアの協力によって、サプライチェーン、薬剤業務、収益サイクル管理の各部門に自動化テクノロジーを導入したことで、コスト削減のみならず職員と患者様双方の体験向上を実現することができました。現在、このチームは、大規模なテスト自動化、IT運用の最適化、コンタクトセンターの運用におけるさらなる自動化の検証や実装を行っています。アクセンチュアは、テクノロジーの専門知識とヘルスケア領域の知見を組み合わせることで、UiPath社の自動化ソリューションの迅速な選定や評価から実装までを支援しています」

 

アクセンチュアのテクノロジー担当グループ・チーフ・エグゼクティブ 兼 最高技術責任者であるポール・ドーアティ(Paul Daugherty)は、次のように述べています。「今回の協業強化により、UiPath社の強力な自動化プラットフォームと、アクセンチュアが有する企業変革の知見を組み合わせることで、お客様は、自動化による恩恵や全社的な変革による価値をさらに享受することが可能になります。日常業務を自動化することで、従業員はこれまで以上の能力を発揮することができます。今回の協業強化は、自動化がビジネスと人間にもたらす可能性を広げる上で大きな一歩となります」

 

UiPath社の共同創立者兼CEO(最高経営責任者)、ダニエル・ディネス(Daniel Dines)は、次のように述べています。「アクセンチュアと当社は、他の追随を許さないユニークな能力を提供します。これは、あらゆる業界のお客様にとって変革的なものとなるでしょう。今の時代、スピードと成功は密接に関連し合っています。今日必要なソリューションを構築するために、必要な人材の採用を明日まで待つようなことはできません。アクセンチュアと当社は、自動化が成熟期を迎える中でお客様が大規模な自動化の可能性を最大限に引き出すためのサポートを提供します」

 

以上

 

アクセンチュアについて

アクセンチュアは、デジタル、クラウドおよびセキュリティ領域において卓越した能力で世界をリードするプロフェッショナル サービス企業です。40を超える業界の比類のなき知見、経験と専門スキルを組み合わせ、ストラテジー&コンサルティング、インタラクティブ、テクノロジー、オペレーションズサービスを、世界最大の先端テクノロジーセンターとインテリジェントオペレーションセンターのネットワークを活用して提供しています。アクセンチュアは67万4,000人の社員が、世界120カ国以上のお客様に対してサービスを提供しています。アクセンチュアは、変化がもたらす力を受け入れ、お客様、社員、株主、パートナー企業や社会へのさらなる価値を創出します。

アクセンチュアの詳細はwww.accenture.com/us-en を、

アクセンチュア株式会社の詳細はwww.accenture.com/jp をご覧ください。

 

 

UiPath社について

UiPath社は、企業が自動化によって持てる力を最大限に発揮する「Fully Automated Enterprise™(完全に自動化したエンタープライズ)」の実現というミッションを掲げています。その実現のため、UiPath社は最先端のロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)ソリューションと一連の技術を組み合わせた、エンドツーエンドの自動化プラットフォームを提供しています。このプラットフォームにより、あらゆる企業・組織はデジタルビジネスオペレーションを急速に拡張することが可能になります。

 

日本法人は20172月に設立されました。すでに金融機関、製造業、流通業や自治体など幅広い業種、業態のお客様にご利用頂いております。

また、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)に関する国際規格『ISO 27001』の認証を取得しています。

より詳細な情報は同社のウェブサイトをご参照ください。

https://www.uipath.com/ja/

 

本件にかかるお問い合わせ:

UiPath株式会社

大谷 E-mail: pr.japan@uipath.com

 

共同ピーアール株式会社(UiPath株式会社 広報代行)

担当/電話:児玉(070-4303-7256)、竹村(080-8870-0347

E-mail: uipath-pr@kyodo-pr.co.jp

 

UiPathUiPath社の米国およびその他の国における商標です。また、すべての製品名および会社名は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。これらの名称、商標およびブランドの使用は、承認を意味するものではありません。


by PR Japan

TOPICS: partnership

Show sidebar