2021年1月14日

UiPath社、アイングの業務改革をRPAで支援

2021年1月14日

UiPath社、アイングの業務改革をRPAで支援

~実施頻度の高い業務プロセスの自動化と人的オペレーションの

改善で柔軟なリソースシフトを実現~

 

東京発 2021年1月14日 - ロボティック・プロセス・オートメーション(Robotic Process Automation以下「RPA」)ソフトウェアにおけるリーディングカンパニー、米UiPath(ユーアイパス)社の日本法人であるUiPath株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:長谷川康一、以下「UiPath社」)は、本日、同社のRPAプラットフォーム「UiPath」が、アイング株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:飯嶋一晃、以下「アイング」)において、RPAの戦略的活用によるリソースシフトの実現に貢献し、同社の競争力向上のための業務改革を支援したことを発表しました。

 

アイングは、商業施設やオフィスビルなど、現在1500の施設から清掃や警備、設備管理などを請け負うビル管理業務を中心とした同社の事業領域において、2019年度から本格的な業務改革を推進しています。2020年度には、社内にDX推進チームを立ち上げるなど、業務のデジタルシフトに軸足を置く形で改革を加速させました。

 

アイングでは、このデジタルシフトを基軸とする業務改革の一環として、RPAによる業務の自動化に着手しました。当初は、ベンダーにロボット開発を全面的に委ねる形で試験運用を進めましたが、受動的な利用では業務現場でのRPA活用が活性化しないと判断し、あらためてRPA製品の検討を進めました。その結果、UiPath社のRPAプラットフォームの採用を決定し、開発ツールである「UiPath Studio」、実行インスタンス「UiPath Robots」をはじめ、エンドツーエンドでの業務の自動化を支援する企業内コラボレーション製品「UiPath Automation Hub」、および業務手順を可視化し自動化対象業務の「発見」を支援する「Task Capture」を導入しました。導入のポイントとなったのは、UiPathで提供されるこれらツールの活用により、現場の業務プロセスの可視化を通じて、そこに内在する課題を抽出し、その解消のためにRPAを適用した業務自動化の取り組みを自発的に進めていけることでした。

 

UiPathの導入後、アイングでは、まずTask Captureを活用して現場業務の棚卸しを行い、業務プロセスの可視化を実施しました。その後、全業務の中でも実施頻度が高く、RPAの適用で高い効果が望めるという理由から、清掃や警備などのスポット受注案件にかかわる見積書や注文書、受注書の作成・発行を行う一連の業務プロセスにRPAを適用しました。同プロセスは、基幹システムとワークフローツール、会計システムの3つのシステムによりまかなわれており、システムによる処理の間に人手の作業が介在することで、多くのロスが発生していました。そうした部分をRPAにより自動化して、業務プロセスの効率化を図りました。

 

これにより、2週間程度を要していた見積書の作成が34日で終わるようになるなど、業務の効率化についての顕著な効果が得られています。また、このような取り組みによって省力化が進んだ結果、当該業務に携わる人員を11名から5名に減らして、6名の人員をコロナ禍で需要が爆発的に高まる消毒サービスの業務へと配置転換するリソースシフトを実現し、人的リソースの有効活用に貢献しています。さらに同社では、注文書に貼付する印紙の管理に関するルール変更などを実施し、RPAの利用を契機として、人的オペレーションを含めた業務最適化の取り組みにもつなげています。

 

アイングでは、今回の取り組みを機に社内で高まる業務のRPA化ニーズに対し、DX推進チームを中心に順次応えていきます。そのために、現場の潜在的な自動化ニーズを吸い上げる仕組みとして、また急速に増え続けていくことが予想されるロボットを適切に管理していくためのツールとして、UiPathプラットフォームを最大限に活用していく予定です。こうしたUiPathの活用をベースに同社では、従業員全員が高い意識をもって業務改革を推進していくことになります。

 

本事例の詳細は下記でも公開しています。

https://www.uipath.com/ja/solutions/case-study/iing

 

以上

 

UiPath社について

UiPath社は、「A Robot for Every Person(すべての人にロボットを)」というビジョンを掲げ、すべての従業員が使い手・作り手となることで自動化の変革力を活用して、人々の無限の可能性を解放できるよう支援しています。UiPath社は、最先端のロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)ソリューションと一連の技術を組み合わせた、エンドツーエンドの自動化プラットフォームを提供する唯一の企業です。このプラットフォームにより、あらゆる組織がこれまでにない速さでデジタルビジネスオペレーションを拡張することを可能にします。

 

日本法人は20172月に設立されました。すでに金融機関、製造業、流通業や自治体など幅広い業種、業態のお客様にご利用頂いております。

また、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)に関する国際規格『ISO 27001』の認証を取得しています。

 

より詳細な情報は同社のウェブサイトをご参照ください。(https://www.uipath.com/ja/ )

 

本件にかかるお問い合わせ:

UiPath株式会社

米島、井上 E-mail: pr.japan@uipath.com

 

共同ピーアール株式会社(UiPath株式会社 広報代行)

担当:児玉、古川 E-mail: uipath-pr@kyodo-pr.co.jp 電話番号: 03-3571-5176

 

すべての製品名および会社名は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。これらの名称、商標およびブランドの使用は、承認を意味するものではありません。


by PR Japan

TOPICS: Solutions, RPA, RPA Use Cases

Show sidebar