2022年1月6日

Qlik社およびUiPath社がパートナーシップを発表 アクティブインテリジェンスとエンタープライズワークフローを統合して提供

2022年1月6日

Qlik社およびUiPath社がパートナーシップを発表 アクティブインテリジェンスとエンタープライズワークフローを統合して提供

Qlik社およびUiPath社がパートナーシップを発表
アクティブインテリジェンスとエンタープライズワークフローを統合して提供

 

Qlik社のアプリケーション自動化機能を強化する新たな統合

Qlik Cloud を最大活用しながらUiPath自動化プラットフォームを通じて、幅広いアクションを実行することが可能に

 

米国フィラデルフィアおよびニューヨーク発2021年12月6日 - 米UiPath(ユーアイパス)社およびQlik®(以下「Qlik社」)は、本日、両社がパートナーシップを結び、Qlik社が提供するQlik Cloud®アナリティクスとUiPath社が提供するエンドツーエンドのエンタープライズ自動化ソフトウェアプラットフォームを直接統合したことを発表しました。この統合により、アナリティクスユーザーは、UiPath自動化プラットフォームを活用してアクションを促進しながら、Qlik環境内で直接、ダウンストリームアプリケーションにおけるタスクの実行を優先付けることが可能になります。UiPathプラットフォームとの統合は、すでにQlik Application Automation™が実現している自動化をさらに強化するだけでなく、アクティブインテリジェンスに向けた組織の歩みを促進します。アクティブインテリジェンスを実現することで、組織はテクノロジーおよびプロセスをトリガーとして、信頼できる最新のリアルタイムデータに基づいて即座にアクションを起こし、データおよびアナリティクスサプライチェーン全体にわたりビジネス価値の向上を促すことができます。

 

Qlik社のCPO(最高製品責任者)、ジェームズ・フィッシャー(James Fisher)は、次のように述べています。「アクティブインテリジェンスを採用している組織は、分析やインサイト、またダウンストリームでのアクションのために、異なるすべてのソースからのデータフローをQlikに統合して自動化したいと考えています。今回のUiPathとの統合によって、当社のアクティブインテリジェンスプラットフォームを統合し価値を高めるテクノロジーパートナーのエコシステムが広がるだけでなく、当社がすでに提供しているアプリケーション自動化の能力がさらに高められるでしょう。お客様は、ERPやCRM、HRといった主要アプリケーションの日常的な基本タスクで、これまで以上に幅広い範囲のアクションおよび自動化したワークフローを実行しながら、サプライチェーン管理やカスタマーサービスといった重要でタイムリーな重点領域に集中して効果を高められるようになります」

 

企業は、特にサプライチェーン管理や在庫管理などの分野に影響を与える市場の急速な変化に対応するために、データ主導型の意思決定をスケールアップしたいと考えています。UiPathとQlikの統合環境によって実現するダウンストリームの意思決定へのリアルタイムデータフローは、変化する市場の状況への適応が求められる日常業務にとって、欠かすことのできない要件です。また、確立したワークフローへのQlikからのインサイトの流れを自動化して、これをトリガーとしてUiPathの自動化機能を通じてアクションを実行することで、複数のツールを使用する必要性が抑えられるとともに、市場の変化スピードに合わせて自信をもってアクションを起こすために必要な時間も短縮されます。

 

UiPath社のCPO(最高製品責任者)、パラム・カーロン(Param Kahlon)は、次のように述べています。「今日の市場は急速に変化し、多くの組織は、サプライチェーンや在庫管理の課題に絶え間なく対処しています。そのために、クラウドアナリティクスへのデータフローを自動化してアクションにつなげる能力をスケールアップしなければなりません。市場をリードする当社のエンタープライズ自動化プラットフォームとQlik社のソリューション活用することで、組織内のあらゆる部門において、より多くのデータを有効化して最大の価値を引き出しながら、ワークフローの複雑さを低減することが可能になります」

 

UiPathの自動化機能を活用した今回の統合によって、Qlik社のアナリティクス環境内でワークフローを直接セットアップできるようになります。また、管理に伴うさまざまな課題が解消されるとともに、日次または週次で行うルーチンタスクへのデータリロードの更新サイクルが短縮されます。また、Qlik環境をデータフローおよび自動化のメインセンターとして活用することで、一連のタスクへの可視性を一元化できるようになり、ガバナンスおよびコンプライアンスを維持しながら、タイムリーでインテリジェントな情報によって自動化の意思決定を促進できます。

 

両社のパートナーシップの詳細はQlik社のブログおよび UiPath Marketplaceの「Qlik」ページでご覧いただけます。

 

Qlik社について

Qlik社が描くビジョンは、すべての人がデータおよびアナリティクスを使用してより良い意思決定ができ、非常に困難な課題を解決できる、データリテラシーに富んだ世界です。プライベートSaaS企業であるQlik社は、データ、インサイト、アクションの間のギャップを解消するエンドツーエンドのリアルタイムのデータ統合およびデータアナリティクスクラウドソリューションを備えた、アクティブインテリジェンスプラットフォームを提供しています。データをアクティブインテリジェンスに変換することで、意思決定の質を向上し、収益および収益性の向上や顧客との関係性の最適化を実現することができます。Qlikは、世界100カ国以上、50,000社以上の顧客に向けて事業を行っています。

 

UiPath社について

UiPath社は、企業が自動化によって持てる力を最大限に発揮する「Fully Automated Enterprise™(完全に自動化したエンタープライズ)」の実現というミッションを掲げています。その実現のため、UiPath社は最先端のロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)ソリューションと一連の技術を組み合わせた、エンドツーエンドの自動化プラットフォームを提供しています。このプラットフォームにより、あらゆる企業・組織はデジタルビジネスオペレーションを急速に拡張することが可能になります。

 

日本法人は2017年2月に設立されました。すでに金融機関、製造業、流通業や自治体など幅広い業種、業態のお客様にご利用頂いております。

また、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)に関する国際規格『ISO 27001』の認証を取得しています。

より詳細な情報は同社のウェブサイトをご参照ください。

https://www.uipath.com/ja/

 

本件にかかるお問い合わせ:

UiPath株式会社

大谷 E-mail: pr.japan@uipath.com

 

共同ピーアール株式会社(UiPath株式会社 広報代行)

担当/電話:児玉(070-4303-7256)、竹村(080-8870-0347)

E-mail: uipath-pr@kyodo-pr.co.jp

 

© 2021 QlikTech International AB. All rights reserved. All company and/or product names may be trade names, trademarks and/or registered trademarks of the respective owners with which they are associated.

本書に記載されている情報は、予告なく変更されることがあります。さらに、ここに記載されている製品または機能の開発、リリース、およびタイミングは、Qlikの単独の裁量に委ねられており、購入の意思決定を行う際に頼るべきではなく、また、将来的に特定の製品や機能を提供することを表明、保証、または約束するものではありません。

 

UiPathはUiPath社の米国およびその他の国における商標です。また、すべての製品名および会社名は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。これらの名称、商標およびブランドの使用は、承認を意味するものではありません。


by PR Japan

TOPICS: partnership

Show sidebar