2021年1月7日

UiPath社、信州大学医学部附属病院のコロナ対策に係る業務の自動化を支援

2021年1月7日

UiPath社、信州大学医学部附属病院のコロナ対策に係る業務の自動化を支援

〜厚生労働省所管システム「HER-SYS」「G-MIS」の業務効率化を実現〜 

 

東京発202117 - ロボティック・プロセス・オートメーション(Robotic Process Automation 以下「RPA」)ソフトウェアにおけるリーディングカンパニー、米UiPath(ユーアイパス)社の日本法人であるUiPath株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:長谷川康一、以下「UiPath社」)は、本日、信州大学医学部附属病院において、厚生労働省が2020年5月から稼働を開始した「新型コロナウイルス感染者等情報把握・管理支援システム(以下HER-SYS)」に係る業務をRPAプラットフォーム「UiPath」で自動化したことを発表しました。

 

新型コロナウイルス感染拡大を受け、感染者の情報を迅速に把握することを目的に厚生労働省により2020年5月からHER-SYSが導入されました。9月頃からは各自治体で本格的に利用が広がり、現在は全国で1万を超える医療機関等の利用者で利用されています。HER-SYSの導入により、従来は各医療機関から保健所にファクス等で情報連携していた新型コロナウイルス感染者の発生届をシステムからデータ送信することが可能になりました。

 

一方で、電子カルテの近くにインターネット端末がないことや、入力作業を行う人員の不足などを理由に、今もなおファクスにより発生届を提出する医療機関が存在しています。さらには、発生届がファクスで提出された場合、システムへの入力は保健所が代行するため、保健所の負担も増えているケースがありました。

 

今回、信州大学医学部附属病院では、この電子カルテの情報を収集する作業、HER-SYSへ入力する作業、及び入力結果をPDFにして関係者にメールで送付する作業を自動化しました。入力作業は感染者の数に関わらず検査した患者の数だけ必要となるため、月次で数百件にものぼり、日次では入力者が2桁に達することもあります。今回の自動化では、手作業の場合は1件あたり3分以上かかっていた一連の処理をRPAの活用によってワンクリックで対応ができるようになりました。これは、長野県内における新型コロナウイルスの本格流行に備え、臨床検査技師による検査入力がボトルネックとならずPCR等検査そのものに対する人的リソースを有効活用できることや、医療従事者への負担軽減を図るものとなります。

 

また、信州大学医学部附属病院では、HER-SYSの他にも「新型コロナウイルス感染症医療機関等情報支援システム(以下G-MIS)」に係る入力業務もUiPathで自動化を実現しました。G-MISは、各病院の稼働状況、病床などの状況、マスクや防護服といった医療資材の確保状況などを一元的に把握することを目的とした、全国約8000の医療機関が利用する厚生労働省所管のシステムです。

 

今後UiPath社では、同様にHER-SYSやG-MISを利用する全国の医療機関向けにUiPathによる医療従事者への業務負荷軽減事例公開やソリューション開発を支援します。

 

以上

 

UiPath社について

UiPath社は、「A Robot for Every Person(すべての人にロボットを)」というビジョンを掲げ、すべての従業員が使い手・作り手となることで自動化の変革力を活用して、人々の無限の可能性を解放できるよう支援しています。UiPath社は、最先端のロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)ソリューションと一連の技術を組み合わせた、エンドツーエンドの自動化プラットフォームを提供する唯一の企業です。このプラットフォームにより、あらゆる組織がこれまでにない速さでデジタルビジネスオペレーションを拡張することを可能にします。

 

日本法人は2017年2月に設立されました。すでに金融機関、製造業、流通業や自治体など幅広い業種、業態のお客様にご利用頂いております。

また、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)に関する国際規格『ISO 27001』の認証を取得しています。

 

より詳細な情報は同社のウェブサイトをご参照ください。(https://www.uipath.com/ja/

 

本件にかかるお問い合わせ:

UiPath株式会社

米島、井上 E-mail: pr.japan@uipath.com

 

共同ピーアール株式会社(UiPath株式会社 広報代行)

担当:児玉、古川 E-mail: uipath-pr@kyodo-pr.co.jp 電話番号: 03-3571-5176

 

すべての製品名および会社名は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。これらの名称、商標およびブランドの使用は、承認を意味するものではありません。


by PR Japan

TOPICS: Solutions, RPA, RPA Use Cases

Show sidebar