2022年6月28日

UiPath社、足立区のオンライン申請受付時における業務効率向上をRPAで支援

2022年6月28日

UiPath社、足立区のオンライン申請受付時における業務効率向上をRPAで支援

エンタープライズ自動化ソフトウェアのリーディングカンパニー、米UiPath(ユーアイパス)社の日本法人であるUiPath株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:長谷川康一、以下「UiPath社」)は、本日、東京都足立区が、オンライン申請受付時における業務効率向上のため、自動化プラットフォーム「UiPath」を導入したことを発表しました。

 

足立区では、区民サービスの向上および新型コロナウイルス感染症の影響等をはじめとした社会情勢を踏まえ、行政手続きのオンライン化を進めています。今回新たに、株式会社内田洋行が受託・開発したオンライン申請システムを導入し、2022年度中に150を超える手続きについてオンライン化を予定しています。

 

これにより、区民からのオンライン申請件数の増加が見込まれ、庁内の既存業務システムへの入力負荷が増えると同時に、入力ミスの発生も懸念されることから、2020年より、この入力業務をRPAによって自動化することを検討開始し、20214月より具体的な製品選定をスタートしました。複数社のRPAの動作検証を行った結果、動作安定性が高く評価されたUiPathの導入を決定しました。足立区では、RPAの導入によって、オンライン申請受付後の区民へのタイムリーな対応を実現するとともに、自動化により創出した時間を有効活用し、区民サービスの品質向上に取り組んでいきます。

 

足立区では、20225月から、職員自身による内製にて、保育施設入所申請のオンライン申請における入力業務についてワークフロー作成・動作検証を開始しています。今後はUiPathを庁内の様々な業務に適用して自動化を推進し、全庁的な展開を図る予定です。

 

以上

 

UiPath社について

UiPath社は、企業が自動化によって持てる力を最大限に発揮する「Fully Automated Enterprise™(完全に自動化したエンタープライズ)」の実現というミッションを掲げています。その実現のため、UiPath社は最先端のロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)ソリューションと一連の技術を組み合わせた、エンドツーエンドの自動化プラットフォームを提供しています。このプラットフォームにより、あらゆる企業・組織はデジタルビジネスオペレーションを急速に拡張することが可能になります。

 

日本法人は20172月に設立されました。すでに金融機関、製造業、流通業や自治体など幅広い業種、業態のお客様にご利用頂いております。

また、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)に関する国際規格『ISO 27001』の認証を取得しています。

より詳細な情報は同社のウェブサイトをご参照ください。

https://www.uipath.com/ja/

 

本件にかかるお問い合わせ:

UiPath株式会社

大谷 E-mail:pr.japan@uipath.com

 

共同ピーアール株式会社(UiPath株式会社広報代行)

担当/電話:児玉(070-4303-7256)、竹村(080-8870-0347

E-mail: uipath-pr@kyodo-pr.co.jp

 

UiPathUiPath社の米国およびその他の国における商標です。また、すべての製品名および会社名は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。これらの名称、商標およびブランドの使用は、承認を意味するものではありません。


by PR Japan

TOPICS: RPA Platforms, public sector, customer story

Show sidebar