UiPath Robots

自動化プロセスの実行ツール

UiPath Robotsの違い

UiPath Robotsはお客様の利用用途に応じた製品となっています。UiPathは自動化作業において、人を介した業務プロセスの実行・スケジューリングによる完全業務自動化の双方を実現する、業界随一の汎用性を誇るRPAソリューションです。

vision.png
Attended Robots
Attended Robotsでは、人の確認が必要なビジネスにおいて、人とロボットが協同で作業するよう設計されています。ロボットは従業員のコンピューターに配備され、直接的な命令、あるいは特定のワークフローイベントにより、必要に応じて起動されます。ロボットは、人が連続作業中の場合は、ロボットはバックグラウンドで動作します。サービスデスク、ヘルプデスク、またコールセンターのアクティビティにおいて、高い生産性と処理時間の削減を実現します。
recognation.png
Unattended Robots
Unattended Robotsは、完全な自動化を実現することができます。あらゆるバックオフィス業務における、費用効果と性能効率を最大化する鍵を握ります。Unattended Robotsは、Orchestratorを使用して物理環境、あるいは仮想環境にデプロイされ、ロボット自身で機動し、バッチモードで効率的に動作します。スケジューリング、作業負荷管理、報告、監査、監視といった管理作業は、全て集中化され安全性が確保されたリモートアクセスで実行できます。
image-top.png

プロセス自動化の正確性

業界内で最高の精密性、正確性、そして確実性を発揮します。

これらを支える中核には、二つの革新的な技術があります。

vision.png
コンピュータビジョン

コンピュータビジョンは、SAP、Oracle、Citrix、またメインフレームの自動化においてリーダーシップを発揮します。ロボットは、私たち人間のように対象の関連性を「見る」ための「目」を持ちます。相互の関係性をとらえて画像要素を見つけ、画面上あるいは画面自体の変化に合わせて即座に人間のように対応します。これを実現できるロボットは、UiPath Robot以外にはありません。

recognation.png
インテリジェントな画像認識

当社の比類なきCitrix/仮想オートメーションは、コンピュータビジョングループにより開発されたOCR処理アルゴリズムに基づいています。これにより、コンピュータビジョンでは、仮想環境の画面の画像の位置を0.1秒以内で示すことを可能にしています。

基本データ

UiPath Robotの特徴

リリースノートはこちら

詳細を見る