トライアルの開始

Back 業界: ヘルスケア

医療人材採用の加速

COVID-19 Challenge

行政手続きにより、大量雇用プロセスが遅延

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による危機を背景に、ある行政機関が医療サービスのあらゆる分野において、積極的な人員拡充計画に乗り出しました。かつて医療サービスに従事したことがあり、職場復帰できそうな人々すべてに国から通知が送られ、2万4,000人以上がそれに応えました。

雇用するまでには、まず警察による全員の身元調査を行い、さらに各人物が過去に何らかの問題で免職された経験がないかどうかを確認する必要があります。これら2つの手続きを経てようやく次に進むことができますが、すべてが人の手で行われているため、見込みのある候補者を雇用するまでに大きな遅れが生じています。

ソリューション

ロボットを活用したソリューションにより、警察による身元調査と過去の雇用状況の確認といった2つの作業が迅速化されます。ロボットにより候補者の検証が容易になることで、人の手を介していた時の10分の1の時間で処理できるようになる見込みです。