トライアルの開始

Back 業界: ヘルスケア

クリーブランドクリニックで、ドライブスルー式の新型コロナウイルス検査を迅速化

COVID-19 Challenge

新型コロナウイルス検査の件数が急増

疾病管理センター(CDC)は、新型コロナウイルスの検査施設になることを希望する組織(ラボ、薬局、病院など)に認可を与えています。こうした施設の需要は非常に大きく、検査を希望する人々が後を絶ちません。新型コロナウイルス検査プロトコルでは、患者の登録のほか、テストキットの回収と報告のため、適切なラベル付けを求めています。ソーシャルディスタンス(社会的距離)の重要性が叫ばれる中、登録管理者は患者が登録済か否かをリモートで確認してから、必要に応じて患者を Epic EMR に登録しなければなりません。また登録管理者は、現場にある10台のリモートプリンターのうちの1台を使用して検査ラベルを印刷する必要もあります。こうした手動プロセスと、プリンターの配線ミスのようなアクシデントが相まって、待ち時間は平均6時間にも及んでいます。

ソリューション

米国最大規模の病院の1つ、クリーブランド クリニックは、Attendedロボットのセットアップとデプロイを48時間で完了させ、患者データを取得し、Citrix環境のEpic EMRに患者がすでに登録されているかどうかを確認してから、必要に応じて患者を登録し、ラベル作成に適したプリンターを正しく選択するまでの作業を代行させています。人の手では2、3分かかる作業を、UiPathのロボットは14~16 秒で実行できます。