Back 業界: 運輸

減便が続く中、自動化可能なプロセスを模索

COVID-19 Challenge

旅行業界への深刻な影響

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大により、世界的に海外渡航が制限され、人々は社会的交流や集まりを最小限にとどめ、自宅に留まるよう求められています。大手航空会社は、フライトの定員やフライト数を史上最低レベルにまで減らしていることから、収支に深刻な影響が出ています。そんな中、航空会社は世界の従業員の一部に対し福利厚生つきの無給休暇を実施するなど、思い切った対応に乗り出しています。

ソリューション

航空会社は、財務・会計、サプライチェーン、人事、ITオペレーション部門に有人 (ユーザーの操作を伴う)および無人 (ユーザーの操作を伴わない)の自動化を導入し、より少ない従業員数でプロセスの効率化を図りながら事業の継続性を確保しようとしています。自動化可能なプロセスとして特定されたものには、乗員のスケジュール管理、オペレーション管理、手荷物処理、予約、請求と決済、ネットワーク計画などがありました。