トライアルの開始

Back 業界: 運輸

スカンジナビア航空では、大量の航空券の払い戻し申請を自動で処理

COVID-19 Challenge

航空券の払戻しサービスの大幅な増加

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の突然の流行が、スカンジナビア航空に多大な影響を及ぼしています。海外渡航の制限や旅客需要の低下により、航空会社はフライトの大量運休や、バウチャーの発行による航空券の払戻しを余儀なくされています。

コールセンターに問い合わせが殺到する中で求められていたのが、バウチャーの発行を迅速化する仕組みです。

ソリューション

スカンジナビア航空は、スタッフの負担を解消するため、バウチャーによる払戻し申請、キャンセル、予約の延長を大量に処理する 6 つのオートメーションと3台のロボットを24時間で配備しました。

コールセンターの担当者は、ロボットの支援により、業務量や未処理の払戻しについて詳細に把握し、顧客とより円滑にコミュニケーションできるようになりました。