トライアルの開始

Back 業界: ヘルスケア

人手不足の中、財務プロセスを再開

COVID-19 Challenge

人手不足により、請求処理と支払処理に遅延が発生

ある大規模歯科組織では、新型コロナウイルス感染症拡大(COVID-19)に伴う業務停止により、60%の職員を一時帰休させました。これにより、ミッションクリティカルな処理が手つかずのままになっています。この歯科組織の請求処理は手動で行われていましたが、今ではそれを実行する人がいません。その上、財務管理と収益サイクル管理が完全にストップしているので、キャッシュフローに影響が出ています。

ソリューション

この歯科組織は、請求処理と収益サイクル管理を継続させるため、オートメーションの活用を開始しようとしています。Attendedロボットを使った自動化により、スプレッドシートから請求の詳細を取得し、一般的な情報交換ポータルを介してステータスを確認できます。その後、スプレッドシート内でステータスが更新されたら、これをもとに入金状況を追跡したり、入金待ちの請求を金額に基づいて優先順位付けしたりできます。