トライアルの開始

Back Industry: GENERAL

UiPathのロボットが新型コロナウイルス感染症(COVID-19)関連メールを監視して優先順位付け

COVID-19 Challenge

大量のメールの手動処理に時間がかかりすぎる

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックが続く中、病院や行政機関には、新型コロナウイルス感染の疑いに関するメールが大量に送られてきます。担当者はそれらのメールを読み、検討して、各症例の識別、断定、分類を行います。これは時間のかかる仕事で、重要な情報の伝達に遅れを生じさせる原因となっています。また、送信者もタイムリーに返信を受領できません。

ソリューション

UiPathのAttendedロボットで、感染の疑いがある個人から症状報告をメールで一元的に受け付けている受信箱を監視します。ロボットはメールから関連情報を抽出し、Excelファイルでレポートを生成します。

さらに、あらかじめ定義されたビジネスルールに基づいて情報にフラグを自動設定し、管理者にレポートを送信して、さらなる分析と対処につなげます。こうして、リスクの高い個人にすばやく連絡をとり、次に取るべき対応についての情報を提供できるようになります。