2021年4月14日

プロキシ環境下でのUiPath (v2020.x版)

2021年4月14日

プロキシ環境下でのUiPath (v2020.x版)

はじめに

本記事では、Proxy環境下でUiPath製品をご利用いただく際に必要となる設定について、プロキシ認証の有無・デプロイメントタイプの組み合わせ4パターンについてご説明いたします。v2020.x からは proxy.config に設定が集約された影響で以前のバージョンとは対応が異なります。

※ 設定後に、プロセス・サービスの再起動が必要となることがございます。再起動の操作はWindowsのタスクマネージャー上から実行することを想定して記載しています。

 

パターン1.Proxy認証なし(Windows サービスモード)

 

1-1.オンラインアクティベーション

方法1

・以下の設定ファイルに追記

%ProgramFiles(x86)%\UiPath\Studio\proxy.config
---
<defaultProxy>
<proxy
proxyaddress="プロキシサーバ名:ポート番号"
bypassonlocal="true"
/>
</defaultProxy>


---

 

 

方法2

・Windows 既定のプロキシ設定(IE,Windows 10 など)を行う

 

1-2.◆Orchestratorとの接続

方法1

・以下の設定ファイルに追記

%ProgramFiles(x86)%\UiPath\Studio\proxy.config
---
<defaultProxy>
<proxy
proxyaddress="プロキシサーバ名:ポート番号“
bypassonlocal="true"
/>
</defaultProxy>


---

 

※設定後、サービス「UiRobotSvc」を再起動する必要があります。

 

1-3.Studioの「パッケージを管理」

方法1

・以下の設定ファイルに追記

%AppData%\NuGet\NuGet.config
---
<config>
<add key="http_proxy" value="プロキシサーバ名:ポート番号" />
</config>
---

※設定後、UiPath Studio を再起動する必要があります。

※proxy.config に設定しても効果はありません。

 

方法2

・Windows 既定のプロキシ設定(IE,Windows 10 など)を行う

 

1-4.Robot のプロセス実行

方法1

・以下の設定ファイルに追記

%ProgramFiles(x86)%\UiPath\Studio\proxy.config
---
<defaultProxy>
<proxy
proxyaddress="プロキシサーバ名:ポート番号“
bypassonlocal="true"
/>
</defaultProxy>
---

 

※ 設定後、サービス「UiRobotSvc」を再起動する必要があります。

※ RobotではNuGet.configの設定は不要です。

 

パターン2.Proxy認証あり(Windows サービスモード)

 

2-1.オンラインアクティベーション

方法1

・コマンドプロンプトより以下のコマンドを実行

>cd "c:\Program Files (x86)\UiPath\Studio“
>UiPath.LicenseTool.exe activate -l [ライセンスコード] -u [proxyサーバ名] -p [ポート] -s [ユーザ名] -w [パスワード]

※ proxy.config にパスワード情報を設定することはできません。

 

 

2-2.Orchestratorとの接続

現行のバージョンでは接続することができません。

 

2-3.Studioの「パッケージを管理」

方法1

・下記のガイドを参照し、プロキシサーバ側でアクティビティフィードへの通信を認証なしで許可

 

「ロボットが接続するサービス」
https://docs.uipath.com/installation-and-upgrade/lang-ja/docs/services-the-robot-connects-to

 

・Proxy認証なしの場合と同様に「Studioのパッケージ管理」の設定を行う
※過去のバージョンと異なり、NuGet.configでは対応できません。厳密にはNuGet.configにパスワード設定を行うことでStudioの「パッケージを管理」から「オフィシャル」などが参照可能となりますが、インストールには失敗します。

 

2-4.Robot のプロセス実行

方法1

・下記のガイドを参照し、プロキシサーバ側でアクティビティフィードへの通信を認証なしで許可

 

「ロボットが接続するサービス」
https://docs.uipath.com/installation-and-upgrade/lang-ja/docs/services-the-robot-connects-to

 

・Proxy認証なしの場合と同様に「Robotのプロセス実行」の設定を行う

 

パターン3.Proxy認証なし(User Mode)

 

3-1.オンラインアクティベーション

方法1

・以下の設定ファイルに追記

%ProgramFiles(x86)%\UiPath\Studio\proxy.config
---
<defaultProxy>
<proxy
proxyaddress="プロキシサーバ名:ポート番号"
bypassonlocal="true"
/>
</defaultProxy>
---

 

 

方法2

・Windows 既定のプロキシ設定(IE,Windows 10 など)を行う

 

3-2.Orchestratorとの接続

方法1

・以下の設定ファイルに追記

%ProgramFiles(x86)%\UiPath\Studio\proxy.config
---
<defaultProxy>
<proxy
proxyaddress="プロキシサーバ名:ポート番号“
bypassonlocal="true"
/>
</defaultProxy>
---

※設定後、「UiPath.Service.UserHost.exe」を再起動する必要があります。

 

方法2

・Windows 既定のプロキシ設定(IE,Windows 10 など)を行う

 

3-3.Studioの「パッケージを管理」

方法1

・以下の設定ファイルに追記

%AppData%\NuGet\NuGet.config
---
<config>
<add key="http_proxy" value="プロキシサーバ名:ポート番号" />
</config>
---

※設定後、UiPath Studioを再起動する必要があります。

※proxy.config に設定しても効果はありません。

 

方法2

・Windows 既定のプロキシ設定(IE,Windows 10 など)を行う

 

3-4.Robot のプロセス実行

方法1

・以下の設定ファイルに追記

%ProgramFiles(x86)%\UiPath\Studio\proxy.config
---
<defaultProxy>
<proxy
proxyaddress="プロキシサーバ名:ポート番号“
bypassonlocal="true"
/>
</defaultProxy>
---

※ 設定後、サービス「UiRobotSvc」を再起動する必要があります。

※Robot実行にはNuGet.configの設定は不要です。

 

方法2

・Windows 既定のプロキシ設定(IE,Windows 10 など)を行う

 

パターン4.Proxy認証あり(User Mode)

 

4-1.オンラインアクティベーション

方法1

・コマンドプロンプトより以下のコマンドを実行

>cd "c:\Program Files (x86)\UiPath\Studio“
>UiPath.LicenseTool.exe activate -l [ライセンスコード] -u [proxyサーバ名] -p [ポート] -s [ユーザ名] -w [パスワード]

※ proxy.config にパスワード情報を設定することはできません。

 

 

4-2.Orchestratorとの接続

方法1

・プロキシサーバ側でOrchestrator への通信を認証なしで許可

※Azure Marketplaceで構築したOCを利用する場合、Identity ServerのApp ServiceのURLもプロキシサーバー側のwhitelistに追加する必要があります。

 

・Proxy認証なしの場合と同様に「Orchestratorとの接続」の設定を行う

 

4-3.Studioの「パッケージを管理」

方法1

・下記のガイドを参照し、プロキシサーバ側でアクティビティフィードへの通信を認証なしで許可

 

「ロボットが接続するサービス」
https://docs.uipath.com/installation-and-upgrade/lang-ja/docs/services-the-robot-connects-to

 

・Proxy認証なしの場合と同様に「Studioのパッケージ管理」の設定を行う
※過去のバージョンと異なり、NuGet.configでは対応できません。厳密にはNuGet.configにパスワード設定を行うことでStudioの「パッケージを管理」から「オフィシャル」などが参照可能となりますが、インストールには失敗します。

 

4-4.Robot のプロセス実行

方法1

・下記のガイドを参照し、プロキシサーバ側でアクティビティフィードへの通信を認証なしで許可

 

「ロボットが接続するサービス」
https://docs.uipath.com/installation-and-upgrade/lang-ja/docs/services-the-robot-connects-to

 

・Proxy認証なしの場合と同様に「Robotのプロセス実行」の設定を行う
※過去のバージョンと異なり、NuGet.configでは対応できません。厳密にはNuGet.configにパスワード設定を行うことでStudioの「パッケージを管理」から「オフィシャル」などが参照可能となりますが、インストールには失敗します。

 

 

 


by Japan KB team

Show sidebar