トライアルの開始

2020年2月17日

UiPathメソドロジーを無料公開―戦略立案から開発・保守運用までスムーズなRPA導入を支援

17 2月 2020

UiPathメソドロジーを無料公開―戦略立案から開発・保守運用までスムーズなRPA導入を支援

RPAプロジェクトの効果的な進め方とは?

働き方改革や業務効率化の切り札になるテクノロジーとして注目されているRPAですが、導入後に十分な投資対効果(ROI)をあげ効率向上を実現するためには、プロジェクトの規模に関わらず、RPA導入における戦略立案段階から開発や運用のステージを念頭においてRPAジャーニーを進めることが重要です。「小さく入れて大きく育てる」スモールスタートで導入する場合においても、将来的な規模の拡大を想定したプロジェクト進行がRPAジャーニーの成功に繋がります。

 

一方で、新しいテクノロジーであるRPAのプロジェクトをどのように進め、どのようなアウトプットを出すことによってスムーズで効果的な導入が実現できるか、といったナレッジはこれまで体系化されたものがなく、「RPAプロジェクトを始めるにあたり何を準備していいかわからない」「どんな組織体制でRPAプロジェクトに臨めばいいかわからない」「一つの部署ではRPAが定着したが、なかなか会社内の他部署にRPAが展開できない」「運用のルールをどのように作るのがベストかわからない」といったお客様の声が多くありました。

 

UiPathは、このようなRPAユーザーの課題を解決しUiPath 導入をスムーズに実現していただくため、これまでお客様への導入支援やサポートで培ったノウハウをもとに、UiPath導入の標準フレーム・方法論のパッケージ「UiPathメソドロジー」を無料で公開します。

 

UiPathメソドロジーと導入ステージ

UiPathメソドロジーは、これまでUiPathのパートナー向けに提供していた「UiPath導入メソドロジー(プロフェッショナル開発)」に加え、新たに3つのメソドロジーを追加して、すべてのUiPathユーザーの皆様にご活用いただくために作られたものです。お客様のRPAプロジェクトの段階や状況により、必要なタスクやアウトプットがわかるだけでなく、サンプル・テンプレートを使用して成果物を作成することでプロジェクトの効率を上げることができます。100を超えるサンプル・テンプレートで、UiPath導入における全てのステージを強力にサポートします。

 

UiPathは、RPAジャーニーを「PoCステージ」「パイロットステージ」「強化ステージ」「制度化ステージ」の4つに分け、それぞれのステージで活用いただけるメソドロジーを下記のように位置づけています。

 

UiPathの導入ステージとUiPathメソドロジー

stage-and-methodology

 

UiPathメソドロジーをダウンロードいただくと、4つのメソドロジーのフォルダに分かれており、それぞれ、タスク定義・タスクフロー、ドキュメントテンプレート、ドキュメントサンプルが含まれています。

1) UiPath ビジネスメソドロジー

2) UiPath PoCメソドロジー

3) UiPath 導入メソドロジー(プロフェッショナル開発)

4) UiPath 導入メソドロジー(EUC)

また、ダウンロードいただくと、zipファイルの中にUiPathメソドロジーの概要の説明書が含まれています。

 

UiPathメソドロジーに含まれているコンテンツ

methodology-content

UiPathビジネスメソドロジー

UiPathの導入を決定し、プロジェクトのための戦略立案、組織化、ガバナンス構築、業務分析を行うためのメソドロジーです。PoCステージからパイロットステージにかけて、組織におけるRPA実装モデルの定義や、Center of Excellence(CoE)の構築、ガバナンスの検討などに活用いただけます。

UiPath PoCメソドロジー

概念実証(Proof of Concept)を実施し、早期のリスク対策や効果検証をはかるために、準備、検証、報告を行うためのメソドロジーです。PoCステージの後半からパイロットステージにかけて、PoCとして早期にリスク評価や実現可能性検証、効果測定を実施するケースに加えて、部分的に業務自動化の開発・運用を実施する際の要件定義や開発、テスト実施などを実施する際にもご活用いただけます。

UiPath導入メソドロジー

UiPath導入メソドロジーは、強化ステージ〜制度化ステージで、社内におけるRPAの他部署展開や規模拡大の進行、ベストプラクティスの組織内定着化をはかり、自動化を全社展開する際に活用いただけます。UiPath導入メソドロジーは、開発のスタイルに応じて、次の2つに分かれています。プロジェクトの開発スタイルに応じて、どちらかを選択するか、両方をもとにカスタマイズしてご利用いただくことも可能です。

UiPath導入メソドロジー(プロフェッショナル開発)

プロのRPA開発者がプロジェクトに参加し、UiPathのワークフローを開発するプロジェクトにおいてご利用いただけます。

UiPath導入メソドロジー(EUC

業務部門のユーザーがワークフローを内製するスタイルのプロジェクトにおいてご利用いただけます。

 

これら4つのメソドロジーは、プロジェクトの規模や環境・目的に応じて取捨選択し、カスタムしてご利用いただくことができるように作られています。最初からUiPathを大規模導入するケースでもご利用いただける網羅的な構成になっている一方で、スモールスタートでUiPathを導入する場合においても、最低限のタスクやドキュメントを取捨選択し、プロジェクトの規模拡大に応じて後からタスクやドキュメントを追加することができます。

 

UiPathメソドロジーのオンライントレーニングを実施予定

AdobeStock_295564932_trimmed

それぞれのUiPathメソドロジーを効果的に活用いただくためには、UiPathメソドロジーの全容を正しく理解し、その上でプロジェクトの規模や目的に合わせて取捨選択を行うことが大切です。UiPathメソドロジーを理解し、効果的にプロジェクトに活用いただくために、UiPathメソドロジーのオンライントレーニングを今年の春以降、Webinarにて公開する予定です。

 

これまでUiPathは、UiPathアカデミーにおいて「初学者向けコース」「テクニカルコース」「RPA推進者コース」のそれぞれでワークフローの開発からプロジェクト推進まで、RPAジャーニー全般におけるユーザーの支援を行ってきました。新たにWebinarにてUiPathメソドロジーのトレーニングを提供開始することで、ユーザーの皆様のより効果的なプロジェクト推進とRPAジャーニーの成功を支援します。

 

RPAジャーニーを成功させるために

プロジェクトの規模に関わらず、RPAジャーニーを始める前に、必要な準備やマイルストーンを理解しておくことが、プロジェクトの効率の向上に繋がります。後から規模を拡張することが容易なRPAの利点を活かすためにも、効率的・効果的なプロジェクト進行が必要不可欠です。

 

UiPathメソドロジーは下記から、今すぐ無料でダウンロードいただけます。RPAプロジェクトを戦略的に進め、RPAジャーニーを成功させましょう。

 

uipath_Methodology_ctabtn_1600_530


by Digital Marketing Japan

TOPICS: UiPath, RPA Journey, UiPath Methodology

Show sidebar