<img src="//trc.taboola.com/1222697/log/3/unip?en=page_view" width="0" height="0" style="display:none">

2019年9月2日

UiPath社、教育機関向けセミナーを開催

2 9月 2019

UiPath社、教育機関向けセミナーを開催

文部科学省高等教育局、文部科学省初等中等教育局の各課長による講演に加え、

早稲田大学および茨城県によるRPAユーザー事例講演を予定

 

東京発 2019年9月2日 - ロボティック・プロセス・オートメーション(Robotic Process Automation 以下「RPA」)ソフトウェアにおけるリーディングカンパニー、米UiPath(ユーアイパス)社の日本法人であるUiPath株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:長谷川康一、以下「UiPath社」)は、912日(木)に紀尾井カンファレンスにおいて、『教育改革の展望 「2040年に向けた高等教育のグランドデザイン答申」と「初等中等教育機関の働き方改革答申」 セミナー』(以下『教育改革の展望セミナー』)を開催します。

 

RPA(ロボットを活用した業務自動化)は、業務改善を検討する際に多く検討されるテクノロジーですが、学校での教育や校務の見直しにも活用が進んでいます。『教育改革の展望セミナー』は、2020年を前に教育に関わる多くの方々に有益な情報を提供するための教育機関およびその関係者に向けたセミナーで、教育の未来展望やRPA活用に関する現状や成功要因などを紹介します。

 

『教育改革の展望セミナー』は2部制の構成となっており、第1部では、文部科学省高等教育局から「2040年に向けた高等教育のグランドデザイン答申」を中心に今後期待される高等教育の在り方についての講演を予定しています。また、文部科学省初等中等教育局から、学校における働き方改革をテーマに教職員の業務見直しについての講演を予定しています。第2部では、RPAを活用して教育機関の様々な業務の自動化を実現している早稲田大学と茨城県が登壇し、それぞれの先進的な事例を紹介します。

 

開催概要

 

【イベント名称】      教育改革の展望 「2040年に向けた高等教育のグランドデザイン答申」と

                       「初等中等教育機関の働き方改革答申」 セミナー

【日時】              2019912日(木)13:3018:30(受付開始 13:00

【会場】              紀尾井カンファレンス(東京都千代田区紀尾井町1-4

                       (地図)http://conference.tgt-kioicho.jp/access/

【参加費】            無料

【対象者】            大学職員と教員、自治体職員と教員、教育事業関係者

【申し込み方法】    下記Webサイトより申し込み

                       https://www.event-site.info/uipath-0912seminar/

【プログラム】 ※プログラムは変更になる場合があります。

13:30-13:50      ご挨拶

UiPath株式会社 代表取締役CEO 長谷川 康一

 

13:50-15:30      第1部 文部科学省講演

「大学教育改革の展望-2040年に向けた高等教育のグランドデザイン答申-の解説」

文部科学省 高等教育局 高等教育企画課 課長 牛尾 則文 氏

文部科学省中央教育審議会 大学分科会 委員 益戸 正樹 氏

「学校における働き方改革について」

文部科学省 初等中等教育局財務課 課長 合田 哲雄 氏

文部科学省中央教育審議会 大学分科会 委員 益戸 正樹 氏

 

15:50-17:10      第2部 教育改革ユーザー講演

「早稲田大学におけるRPAを中心としたデジタルトランスフォーメーション」

早稲田大学 人事部 業務構造改革担当副部長

情報企画部 マネージャー(デジタルトランスフォーメーション推進担当) 神馬 豊彦 氏

株式会社早稲田大学アカデミックソリューション

IT推進部 シニアコンサルタント 櫻井 勝人 氏

 

RPAによる茨城県の働き方改革~学校事務の効率化による教員の負担軽減を目指して~」

茨城県総務部 行政経営課(改革推進担当)係長 佐藤 広明 氏

 

17:10-17:30      閉会のご挨拶

   UiPath株式会社  代表取締役CEO 長谷川 康一

   UiPath株式会社 クライアントソリューション本部 公共ソリューション部長 獅子井 耕司

 

  • 本イベントのご取材を希望される報道機関の方は、別途お送りする取材案内状に添付の出欠票でお申し込みください。なお、第1部の講演はご取材いただけません。何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

 

以上

 

UiPath社について

UiPath社は、「オートメーションファースト」時代を牽引し、すべての人がロボットを持つことを推奨・支援しています。そのために、無料でオープンなトレーニングやコラボレーションの場を提供するとともに、AIや機械学習を通じてロボットが新しいスキルを学習することを可能にしています。デジタル時代に必要なスキルを100万人以上にもたらすという思いのもと、UiPath社のエンタープライズ向けロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)プラットフォームは、世界中の企業や政府組織における数多くの反復的で退屈なタスクの自動化を行い、生産性やカスタマーエクスペリエンス、ならびに従業員の業務に対する満足度の向上に貢献しています。

 

2019年には米キャリア情報サイトComparablyの企業ランキングにおいて、大企業が名を連ねる中、「Happiest Place to Work(幸福に働ける職場)」部門で6位、「Best Company Culture(優れた企業文化)」部門で11位にランクインしました。UiPath社は、世界的に見ても、急速な成長を遂げつつある最も評価の高いAIのエンタープライズ向けソフトウェア企業のひとつです。

 

日本法人は20172月に設立されました。すでに金融機関、製造業、流通業や自治体など1,200社を超えるお客様でご利用頂いております。

 

より詳細な情報は同社のウェブサイトをご参照ください。(https://www.uipath.com/ja/

 

本件にかかるお問い合わせ:

UiPath株式会社

上田、土方、井上 E-mail: pr.japan@uipath.com 電話番号: 03-5219-1346

 

共同ピーアール株式会社(UiPath株式会社 広報代行)

担当:児玉、古川、白武 E-mail: uipath-pr@kyodo-pr.co.jp 電話番号: 03-3571-5176

 

すべての製品名および会社名は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。これらの名称、商標およびブランドの使用は、承認を意味するものではありません。


by PR Japan

TOPICS: Region: Japan, public sector, UiPath Academic Alliance, RPA Use Cases

Show sidebar