<img src="//trc.taboola.com/1222697/log/3/unip?en=page_view" width="0" height="0" style="display:none">

2019年9月10日

UiPath社、富山県南砺市にRPAソフトウェアを提供

10 9月 2019

UiPath社、富山県南砺市にRPAソフトウェアを提供

8町村の合併により誕生した南砺市が、市庁舎の統合を契機に業務改革を推進

RPA導入により、年間407時間の削減を見込む

 

東京発 2019年9月10日 - ロボティック・プロセス・オートメーション(Robotic Process Automation 以下「RPA」)ソフトウェアにおけるリーディングカンパニー、米UiPath(ユーアイパス)社の日本法人であるUiPath株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:長谷川康一、以下「UiPath社」)は、本日、富山県南砺市が、RPAソフトウェア「UiPath」を本格導入したことを発表しました。導入および活用支援は、株式会社インテック(本社:富山県富山市、代表取締役社長:北岡隆之、以下「インテック」)が担当しました。

 

2004年に8つの町村が合併して誕生した南砺市では、市内4カ所にある分庁舎を20207月までに1つに統合することが決まっています。同市は、職員の定型的な業務にかける時間を減らし、市民サービスレベルを維持した市庁舎統合を進めることを目的に、201812月にRPAプロジェクトを開始しました。その後、対象業務の選定とRPAの開発が3カ月で行われ、20194月に4つの対象業務で本番稼働が始まりました。

 

本番稼働開始から約2カ月後の20196月には、年間407時間の削減効果が見込まれるという検証結果が出ました。特に税金収納消込業務では、年間業務時間154時間が18.4時間に削減され、削減率は88%に上るという結果となりました。また、「毎日繰り返される業務を削減することで休暇を取得しやすくなる」「3年周期で行われる人事異動時に業務引継ぎの負担が減る」といった、働き方改革の面での効果も期待されています。

 

南砺市では、RPAでの業務自動化をきっかけにBPR(ビジネス・プロセス・リエンジニアリング=業務改革)を推進するとともに、自動化対象業務領域のさらなる拡大も検討しています。UiPath社は、インテックとともに、これを継続的に支援していきます。

 

こちらの事例の詳細は、下記をご参照ください。

https://www.uipath.com/ja/solutions/case-study/nanto-shi

以上

 

UiPath社について

UiPath社は、「オートメーションファースト」時代を牽引し、すべての人がロボットを持つことを推奨・支援しています。そのために、無料でオープンなトレーニングやコラボレーションを提供するとともに、AIや機械学習を通じてロボットが新しいスキルを学習することを可能にしています。デジタル時代に必要なスキルを100万人以上にもたらすという思いのもと、UiPath社のエンタープライズ向けロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)プラットフォームは、世界中の企業や政府組織における数多くの反復的で退屈なタスクの自動化を行い、生産性やカスタマーエクスペリエンス、ならびに従業員の業務に対する満足度の向上に貢献しています。

 

2019年には米キャリア情報サイトComparablyの企業ランキングにおいて、大企業が名を連ねる中、「Happiest Place to Work(幸福に働ける職場)」部門で6位、「Best Company Culture(優れた企業文化)」部門で11位にランクインしました。UiPath社は、世界的に見ても、急速な成長を遂げつつある最も評価の高いAIのエンタープライズ向けソフトウェア企業の1社です。

 

日本法人は20172月に設立されました。すでに金融機関、製造業、流通業や

自治体など、1,200社を超える様々なお客様でご利用頂いております。

 

より詳細な情報は同社のウェブサイトをご参照ください。(https://www.uipath.com/ja/

 

インテック社について

お客さまの経営戦略に沿った情報化戦略の立案からシステムの企画、開発、アウトソーシング、サービス提供、運用保守まで、IT分野において幅広く事業を展開しています。インテックは、創業以来55年にわたって培ってきた技術力をもとに、AIRPA等のデジタル技術の活用や、「モード2」と呼ばれる新たな価値創造型の開発にも積極的に挑戦しています。常にオープンな姿勢で、人、企業、社会を技術でつなぎ、自らも変革しながら「豊かなデジタル社会の一翼を担う」企業としてお客さまに新しい価値を提供してまいります。

 

本件にかかるお問い合わせ:

UiPath株式会社

上田、土方、井上 E-mail: pr.japan@uipath.com  電話番号: 03-5219-1346

 

共同ピーアール株式会社(UiPath株式会社 広報代行)

担当:児玉、古川、白武 E-mail: uipath-pr@kyodo-pr.co.jp 電話番号: 03-3571-5176


by PR Japan

TOPICS: Region: Japan, public sector, RPA Use Cases

Show sidebar