<img src="//trc.taboola.com/1222697/log/3/unip?en=page_view" width="0" height="0" style="display:none">

2019年9月26日

UiPath社、NTTデータ イントラマート社のIM-BPMとUiPathとの連携を実現

26 9月 2019

UiPath社、NTTデータ イントラマート社のIM-BPMとUiPathとの連携を実現

東京発 2019年9月26日 - ロボティック・プロセス・オートメーション(Robotic Process Automation 以下「RPA」)ソフトウェアにおけるリーディングカンパニー、米UiPath(ユーアイパス)社の日本法人であるUiPath株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:長谷川康一、以下「UiPath社」)は、このたび、株式会社NTTデータ イントラマート(東京都港区、代表取締役社長:中山義人 以下「イントラマート社」)と、同社が提供するBPMツール「IM-BPM*)」とRPAソフトウェア「UiPath」の連携を共同で実現しました。

 

本取り組みにおいて、IM-BPMUiPathを組み合わせ、業務プロセス全般を自動化することが可能になることで、ユーザーは以下のメリットを得られます。

 

  • (1)「UiPath Orchestrator」との連携が簡易設定で実現可能
  •  
  • IM-BPMのロジック作成ツール「IM-LogicDesigner」で業務ロジックを構築する際、UiPath OrchestratorAPIを記述する必要がなく、本部品における簡易設定でロボットを呼び出すことが可能になります。
  • (2)システム間の連携も可能
  •  
  • UiPathが得意とする複数システム間の連携ソリューションが簡単に構築することが可能です。本部品を活用することで、本来必要な複雑なスクリプトの作成が不要となり、UiPathUI操作などの機能を活用して、IM-BPMで業務プロセスの自動化を実現します。
  •  
  • (3)ROI測定/PDCAサイクルによる改善
  •  
  • IM-BPMの機能によって、業務プロセスのパフォーマンス測定が可能です。業務の自動化だけでなく、業務改善効果も期待できます。人とRPAの業務を最適化し、さらに自動化範囲を拡大することができます。
  •  

UiPath社では、国内ユーザーから寄せられる要望に応えるため、今回イントラマート社と共同でIM-BPMUiPathの連携を実現しました。なお、イントラマート社より提供される「RPA導入支援サービス」を利用することで、お客様における最適な環境をスムーズに構築することが可能になります。

 

本連携ソリューションは、UiPath社のマーケットプレイス「UiPath Go!」(https://go.uipath.com/ja)で公開しています。

 

株式会社NTTデータ イントラマート 代表取締役社長 中山 義人氏は、次のように述べています。

UiPath株式会社と共同でintra-martUiPathの連携が実現したことを心より歓迎いたします。今回の連携に関する取り組みを通じて、業務の開始から終了までに含まれる人しかできない作業やRPAが代行する作業、RPAの範囲外のシステム連携を連結させた業務全体の見える化と自動化がより一層促進されると考えております。お客様の業務生産性向上、開発コストの削減、そしてさらに多くのお客様のニーズに応えることができ、伸長するDX市場をさらに拡大することを期待しています」

 

IM-BPMとUiPathの連携ソリューションは、下記のイベントで展示およびデモを行います。

 

■Enterprise Web Solution 2019

intra-mart LiVE!-RPAのその先へ データとAIで働き方は変わる!-

【大阪】2019109日(水) ザ・リッツ・カールトン大阪

【東京】20191023日(水) ザ・プリンスパークタワー東京

https://www.intra-mart.jp/event-seminar/event/ews2019.html

 

■UiPath Forward Japan

2019年1030日(水) ザ・プリンスパークタワー東京

https://www.uipath.com/ja/events/uipath-forward-japan20191030

 

*IM-BPM

BPMとはBusiness Process Management(業務プロセス管理)の略であり、業務プロセスを中心に業務に関わる人、モノ(帳票等)、システムを可視化し、業務分析、改善を行っていく手法です。IM-BPMでは、業務プロセスを描画し、intra-mart上のワークフロー機能をはじめとする各機能郡や、RPAOCRAIIoT等の他システムと連携しつつ、タスク振り分けや進捗の管理が行えるツールです。IM-BPMはビジネスプロセス・モデリングの国際標準規格(ISO19510)であるBPMN 2.0Business ProcessModel & Notation)に準拠しております。

 

以上

 

NTTデータ イントラマート社について

株式会社NTTデータ イントラマートは、Web システム構築のための商用フレームワーク製品「intra-mart」の開発及び販売を中心に事業展開しております。1998 年より、当社が企画、開発した独自のシステム開発フレームワーク、業務コンポーネント群、アプリケーションシリーズは、20193月末現在6,800社を超える企業へ導入されており、200社以上のパートナーと共に、システム構築、コンサルティング、教育、運用支援に到るまでのトータルソリューションを提供しています。

より詳細な情報は同社のウェブサイトをご参照ください。(https://www.intra-mart.jp/

 

UiPath社について

UiPath社は、「オートメーションファースト」時代を牽引し、すべての人がロボットを持つことを推奨・支援しています。そのために、無料でオープンなトレーニングやコラボレーションを提供するとともに、AIや機械学習を通じてロボットが新しいスキルを学習することを可能にしています。デジタル時代に必要なスキルを100万人以上にもたらすという思いのもと、UiPath社のエンタープライズ向けロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)プラットフォームは、世界中の企業や政府組織における数多くの反復的で退屈なタスクの自動化を行い、生産性やカスタマーエクスペリエンス、ならびに従業員の業務に対する満足度の向上に貢献しています。

 

2019年には米キャリア情報サイトComparablyの企業ランキングにおいて、大企業が名を連ねる中、「Happiest Place to Work(幸福に働ける職場)」部門で6位、「Best Company Culture(優れた企業文化)」部門で11位にランクインしました。UiPath社は、世界的に見ても、急速な成長を遂げつつある最も評価の高いAIのエンタープライズ向けソフトウェア企業の1社です。

 

日本法人は20172月に設立されました。すでに金融機関、製造業、流通業や自治体など、1,200社を超える様々なお客様でご利用頂いております。

 

より詳細な情報は同社のウェブサイトをご参照ください。(https://www.uipath.com/ja/

 

本件にかかるお問い合わせ:

UiPath株式会社

上田、土方、井上 E-mail: pr.japan@uipath.com 電話番号: 03-5219-1346

 

共同ピーアール株式会社(UiPath株式会社 広報代行)

担当:児玉、古川、白武 E-mail: uipath-pr@kyodo-pr.co.jp 電話番号: 03-3571-5176

 

すべての製品名および会社名は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。これらの名称、商標およびブランドの使用は、承認を意味するものではありません。


by PR Japan

TOPICS: Region: Japan, UiPath Go!, RPA Use Cases

Show sidebar