2021年9月10日

UiPath社、カネカのワークカルチャー変革とDX推進をRPAで支援

2021年9月10日

UiPath社、カネカのワークカルチャー変革とDX推進をRPAで支援

~製造現場も活用できるUiPath StudioXの導入で、IT部門と現場の両軸でRPAを推進~

 

ロボティック・プロセス・オートメーション(Robotic Process Automation以下「RPA」)ソフトウェアにおけるリーディングカンパニー、米UiPath(ユーアイパス)社の日本法人であるUiPath株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:長谷川康一、以下「UiPath社」)は、本日、株式会社カネカ(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中稔、以下「カネカ」)のワークカルチャー変革とDX推進を、RPAプラットフォーム「UiPath」を通じて支援したことを発表しました。

 

ポリマー素材からライフサイエンス・食品と幅広い分野での製品供給を通じて、日本はもとより世界の人々の暮らしに様々な価値を提供するカネカでは、健康経営の実践を目指した「ワークカルチャーの変革」に着手しています。あわせて、新たな付加価値を産み出す環境づくりのため、デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進し抜本的な業務改革にも取り組んでおり、それらの一環としてUiPath社のRPAを導入しました。

 

数あるRPAの中からUiPathが採用された理由は、同社の基幹システムであるSAPシステムと連携させた複雑なワークフローを組んでも安定的に動くことや、事務処理の領域で広く利用しているMicrosoft Office等との親和性が高いことでした。さらに、今後RPAによる自動化を検討予定の各種プラットフォーム用のコンポーネント類が充実しているほか、「UiPath Orchestrator」によるロボット管理機能が優れていることも評価されました。

 

カネカでは、IT部門と現場部門がそれぞれ自走するハイブリッドな体制によるRPA活用を目指すなかで、20192月に導入済みの「UiPath Studio」に加えて、20205月には「UiPath StudioX」の利用も開始しました。現場部門において、プログラミング未経験者でも容易に利用可能なノーコードツールであるUiPath StudioXの活用はスムーズに進み、開発からエラー対応までを現場で完結する自発的な開発体制が実現できました。

 

現在までにカネカでは、先行導入していたUiPath Studioを社内およびグループ企業を含む25部門に適用、140のロボットが稼働し、121の業務をこなしています。114業務にRPAを適用していた2020年度末の段階で、年間2709時間の工数削減が実現されています。この結果、膨大な量の繰り返し作業に伴う精神的、身体的負担から従業員が解放され、各人が業務改善に向かう余力も生まれています。

 

UiPath StudioXに関しては、同社高砂工業所の6部門に導入され、現在までのロボット作成にかかわるエントリ数自体はおよそ60にのぼります。活用の場は、高砂工業所内のスタッフ部門から製造部門へと徐々に広がっています。同工業所内において現場担当者による自主的な展開が進んできている状況から、これを成功モデルとして他の事業所などにおいても同様の取り組みを進めていく予定です。

 

UiPath社は今後、RPAのより高度な活用においてもカネカをサポートしていきます。同社の多彩な事業領域に応じて適材適所で導入されてきた各種システム間のスピーディな連携ニーズに対し、RPAの果たせる役割は大きいと考えています。

さらに「UiPath Marketplace上では、カネカが利用するSAPSalesforceServiceNowといった各種基幹システムの自動化を手軽に実装可能なコンポーネント群が提供されており、それらの活用も支援していきます。

 

本事例の詳細は下記でも公開しています。

https://www.uipath.com/ja/solutions/case-study/kaneka

以上

 

UiPath社について

UiPath社は、企業が自動化によって持てる力を最大限に発揮する「Fully Automated Enterprise™(完全に自動化したエンタープライズ)」の実現というミッションを掲げています。その実現のため、UiPath社は最先端のロボティック・プロセス・オートメーションRPA)ソリューションと一連の技術を組み合わせた、エンドツーエンドの自動化プラットフォームを提供しています。このプラットフォームにより、あらゆる企業・組織はデジタルビジネスオペレーションを急速に拡張することが可能になります。

 

日本法人は20172月に設立されました。すでに金融機関、製造業、流通業や自治体など幅広い業種、業態のお客様にご利用頂いております。

また、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)に関する国際規格『ISO 27001』の認証を取得しています。

より詳細な情報は同社のウェブサイトをご参照ください。

https://www.uipath.com/ja/

 

本件にかかるお問い合わせ:

UiPath株式会社

大谷 E-mail: pr.japan@uipath.com

 

共同ピーアール株式会社(UiPath株式会社 広報代行)

担当/電話番号:児玉(070-4303-7256)、竹村(080-8870-0347

E-mail: uipath-pr@kyodo-pr.co.jp


by PR Japan

TOPICS: Manufacturing, Manufacturing industry, UiPath StudioX, DX

Show sidebar